スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドラフト結果 

予想外れすぎ\(^o^)/ワロタ ということで
個人的には堂林が取れなくてちょっと(´・ω・`)ショボーンって感じですが、全体的に見ればまぁ良いほうのドラフトだと思います。新聞とかネットとかの総評でも4位とか5位とかですから。


ドラ1強行指名した菊池は西武が交渉権獲得。
松坂、涌井ら高卒投手を育てていて、松井稼、松坂とポスティングでのメジャー移籍も容認してくれる球団であり、メジャー志望の彼にとってはベストな球団に縁があったなと思う。
唯一の気がかりといえば、球数ですね。1年目から涌井、岸並みの150球完投を連発させるのか(笑)?



ドラゴンズはハズレ1位で智弁和歌山の岡田俊哉投手を獲得。
智弁和歌山創部以来の逸材だ、と言う話は聞きますが、線も細い、とも言われているので、まずは去年の伊藤同様、しっかりとプロに慣れる過程と体作り、といったところでしょうかね。
智弁和歌山って強豪校なのにプロでいいイメージが全くといっていいほど無いのですが、総武依頼の逸材がそのジンクスを破れるか?

ちなみに、長峰以来の高卒左腕獲得だそうでw


2位には小川龍也。こちらも高卒左腕。
巨人の2位指名の鬼屋敷と比較することほどばかばかしい事はないので、その話は封印。

3位は115キロの中田亮二。立浪、井上と抜けた左打者の後釜として獲得。
見た目や体重からはパワーヒッターと思いがちですが、実はアベレージタイプで足もなかなか速いらしい。
これで賢ちゃんは『中田賢』か…。


残りの指名選手は以下の通り

外1  岡田俊哉  投 左左 智弁和歌山高
2  小川龍也  投 左左 千葉英和高
3  中田亮二  内 右左 明徳義塾高-亜大
4  松井佑介  外 右右 大商大堺-東農大
5  大島洋平  外 左左 享栄高-駒大-日本生命
6  諏訪部貴大 投 右右 中越高-Honda
7  松井雅人  捕 右左 桐生一高-上武大
8  吉田利一  捕 右左 広陵高-奈良産大
   ――
育  矢地健人  投 右右 高岡一高-高岡法科大
育  赤田龍一郎 捕 右左 静岡学園高校-愛知大 


育成1位の矢地はアッキーと同じ高岡一高の出身。大本営(中スポ(?))では『憧れの高橋聡文投手のいる中日に入れて嬉しい』と語ったそうです(゚∀゚)



スポンサーサイト
[ 2009/10/29 22:00 ] 09' シーズンオフ | TB(0) | CM(0)

ドラフト 

今日のドラフトについて一言。





菊池、いらない!

dfart.jpg



メジャー志望なんでしょ? 
菊池が活躍する間にはFAの短縮とかで現在の9年よりももっと短くなるでしょ。



即戦力じゃないんでしょ?
ドラゴンズが高卒ルーキーを1年目から1軍でバリバリ使うとは考えにくい。彼に立浪並みのオーラがあるのかと問われれば即答でNO


日本一の投手になりたいんでしょ?
日本一の投手=WBCで活躍する。ドラゴンズにいたらWBCは(ry



3分の1とかならまだしも、”ドラフト史上最多”9分の1の確率に特攻するのってなんかアホみたい。
それなら、他が一点に集中してる間に他所の逸材を一本釣りする方が賢いんじゃなかろか。

確かに、今年は菊池以外は小粒と言われているけど、例えば堂林翔太なんかは1巡レベルの打撃を持っているし、地元の中京大中京高校だし、甲子園優勝したし、顔も整ってて最近の指名スタイルに合ってるし(関係ないか?)。

あとは完全な雑談になるけど、ペアを揃えるのが好きなドラゴンズフロントからすると荒木貴裕(内野手・近大)なんかも欲しいんだろうし、
湯本五十六(投手・専大)、鬼屋敷正人(捕手・近大高専)の歴史の人っぽい選手達も魅力だし…。



脳内下書きとかを一切しないまま書いたのでバラバラな文になったけど、
今年もひとつ、細かすぎて伝わないモノマネの牧田さんのように「やめよ~よ」と落合監督が英断を下すのを待とうと思う。



去年もドラフトをズバリ当てた私が今年も調子に乗って予想。

■ドラフト2009
1位菊池→岡田
2位堂林
3位鬼屋敷(荒木)
4位荒木(松下)


cf.■去年の予想
1位 野本  2位 伊藤  3位 岩崎  4位 林/土屋

[ 2009/10/29 14:00 ] 09' シーズンオフ | TB(0) | CM(0)

楽しかった1年を振り返る 

CS2ndの4試合を1勝3敗(+1敗)でシーズンフィニッシュ。

初戦こそ勝利したものの2戦目は追いつく気配はあれども追い越せず。3戦目は方程式にほころびが生まれ、そして4戦目は完敗。

離脱した藤井もかえってきたし、吉見チェンの2枚看板もぶつけたし、あそこではやっぱり送るべきだったとかいう采配に関する不満もないし、
ただ単にチャンスで打てなかった、ピンチで踏ん張れなかったというだけのことで、負け方としては非常に清々しく、切り替えもしやすいものだったなと。

とにかく、今年の巨人は強かったと。ただそれだけ。お手上げです。



個人的に、今年はWBC強化試合とかオープン戦(中日とは関係ない)とか、トロフィーを観にマリンまで行ったりだとか、往復20時間で新潟にも行きました。
ヤクルトのファンクラブに入ったおかげで神宮に行く回数が一番多く、その神宮では山盛りフランクの美味さと外野自由でもブルペンと近い席に座れたり、つばくろうがいたり、そして何より神宮球場のザ・ボールパークという雰囲気で好きで好きで…
なかなか勝ち試合を観ることはできなかったけど(笑)、本当に楽しかった。
最寄り(バスで35分)のハマスタ(&vs横浜で勝率も高い)よりも神宮に行く回数が多かったことから、僕の神宮に対するハマリ度が分かってもらえるかと。あ、ハマスタではホームランボールも獲ったなぁ。



戻ってチームのこと。
また、来季の課題も見えた4試合でもありました。

ファンが考えてるほどドラゴンズのローテは厚くない。一、三塁のディフェンス力。ためてもなにもならない残塁数。試合開始から本気で攻撃しようよ(シーズン中)。岩瀬の後継をどうしようか(これもシーズン)。などなど…

それらの課題をキャンプではみっちりと鍛えてもらって”今年はなかった力”をつくり、”来年は逆転”してもらいたいなと思います。


  ■落合監督 試合後のコメント
  「結果は負けたが、まだ伸びしろはある。もう一回鍛え上げれば。(巨人との差は)何もない。ことしは力がなかった。
  来年は逆転する可能性が十分ある」



この言葉を信じて、また来季まで我慢。
[ 2009/10/27 14:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

シーズン終了 


日付が変わる前に、ただこれだけ言いたくて。


1年間ありがとう!楽しかったよ!






10,23 cs2ndGAME4 vsG 2-8 #3

10,23 cs2ndGAME4 vsG 2-8 #3

22年間お疲れ様でした。僕のヒーローはずっとあなたです。
[ 2009/10/24 23:55 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

王手 

10,22 cs2ndGAME3 vsG 5-4 #2
東京ドーム123456789  

Dragons

200000200 5

Giants

00000203x 6

D:吉見-H高橋-●浅尾

G:高橋尚-越智-H山口-○豊田-Sクルーン


valuable player:荒木 5-3



「短期決戦は形じゃなくて勝ったか負けたかだけ。」
とは落合監督が言った言葉(これと同じような旨)ですが、それならなぜあんなに天パッテる浅尾を変えないのか?と。

小笠原に小林、ラミレスに河原、亀井以降は岩瀬というのもありだったよなぁ…
そもそもアッキー続投でよかったよなぁ…

とかとかありますが、がしかし、一晩寝て起きていろいろしてるうちに、首脳陣がそう判断したんだからこちらとしてはそれに従うしかない。そしてその判断に難癖つけるのはナンセンスだな。と改めて感じています。

シーズン中から不可解な采配の連発でもう我慢できない!ていう状況ならこういう考えには至らない。
そもそもこの時期でもまだ野球のこといろいろ考えられるってなんて幸せなの(*´д`*)ということでスッキリ消化できました。



学校で、「今日負けるともう終わりだな」なんてことを友達としゃべって、そして負けてしまったわけですが、
これで終わりだなんてまったく思ってない。いや、これで終わってはいけないと思ってる。
立浪さんのラストゲームがインチキからくりドーム&胴上げだなんて、そんなのありえない。


絶対に、立浪さんをナゴヤに返す!
[ 2009/10/23 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

中4日チェン 

東京ドーム123456789  

Dragons

200000020 4

Giants

10131000x 6

D:●チェン-パヤノ-鈴木-ネルソン-小林

G:○オビスポ-H山口-越智-Sクルーン


valuable player:藤井 4-1 1HR 2RBI



ほぅ。中4日でチェンですか。
ここでチェンを温存すれば、残り試合の手札を見ればこちらが圧倒的に有利なのは明らかなんですけどね。

中5日でも割としんどそうにして、終盤のスタミナに課題があるチェンに中4日か…と思うのですが、現場がそう判断したんですから、これに関してあーだこーだ言うつもりはありません。

ということは、3戦目も中4日で吉見んかな?
試合外のことで吉見んに関する記事がありますが、それを払拭するくらいの爽快なピッチングを期待したいですな。


---------------------------

さてさてこの日の試合。

オビスポが6回途中を7四死球3安打なのに、2ランHRの2点だけの酷い攻撃。
和田さんの状況を考えない暴走。
チェンは3回途中88球9安打KO。
初戦で壊したはずのアドバンテージがまだ生きてた!(大道のアレと9回の森野の判定)

以上のようにトンでもなく酷い試合でも、
終盤に息を吹き返して詰め寄ったというのは、逆転されたらシュン…となるシーズン中のドラゴンズとは違って、短期決戦のモードになってるドラゴンズの戦い方が現れたのでよかったと思います。


あの大野さんをもってして「ありえないミス」とまで言わしめた越智の失投は、今後の試合で使うのをためらわせたはずだし、クルーンも暴投2つでやっぱり投げてみないと分からない感はプンプン出てるし、第1ステージのような超短期決戦ではない第2ステージでは、相手の作戦を制限させるというのも戦い方の一つです。


9回は『井端が出れば勝てる』というところだったんですが、初球を打ってライトフライ。ん~残念。
2-6から『井端が出れば勝てる』ところまでもって来た藤井のHRと、コバマサの気合のこもった投球は見事でした。

[ 2009/10/22 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

アドバンテージをぶっ壊せ! 

10,21 cs2ndGAME1 vsG 7-2 #30
東京ドーム123456789  

Dragons

501001000 7

Giants

010000100 2

D:○小笠原-山井-小林-河原-高橋-浅尾

G:●ゴンザレス-M中村-野間口-金刃-豊田


valuable player:野本 3-1 1HR 3RBI



♪1番井端が塁に出て~
♪2番荒木が送りバント~
♪3番森野がタイムリー~

鮮やかな燃えドラ攻撃で先制すると、ブランコの激走、和田さんのタイムリーのあと
♪6番野本がホ~ムランで一気呵成に5得点。
今季5試合、37イニングでたった6点しか取れなかったゴンザレス相手(中日戦防御率1.46)に、初回の1アウトだけで5点、3回にはブランコに待望の一発が出て合計6点を奪っちゃうんですから、短期決戦の勢いというのはわからないもんです。


先発の小笠原は5回で代えましたね。
いつもならここで待ってましたといわんばかりに「まったく信頼されてない小笠(笑)」などと煽るんですが、今日はやめておきましょう。ナイすピッチ小笠原、棒読みで(笑)
これで中4日で6戦目(=最終戦)先発ということでしょうか。

その後は点差はあったけど、小刻みに繋いで4イニングを5人で食いました。
病さんが2イニングをキッチリ抑えてくれて、計算が立つようになれば、終盤の継投がとってもとってもラクになるのですが、まぁ1イニングは抑えてくれるので良しとしましょうか。
コバマサはずっと気合のこもったマウンドを見せてくれますし、河原は冷静にプロフェッショナルなリリーフ。
アッキーは常にボール先行の苦しいピッチングで、アサタクは全試合登板しそうな感じです。


明日は朝倉か?中4日でチェンか?
朝倉+谷繁+東京ドームといえば、初回6失点のあの試合が思い出されますが、中4チェンを使うほど焦る立場でもないし、まぁ朝倉でいいでしょう。
エース朝倉、逆転エースになる最後のチャンス

[ 2009/10/21 23:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

CS2nd 

余韻に浸ってる暇はなく(といっても振り返れば残塁ばかりが思い出される^^;)、もう明日からはCS2nd。
レギュラシーズン~CS1stはメチャクチャ長いのに、1st~2ndはメチャクチャ短いというこの日程をつくったヤツって…(自主規制)




ヤクルトの思いも受け継いで、さぁ打倒讀賣へ。

2009y10m20d_173903050.jpg

ご覧のようにゴンオビvs小笠原朝倉ということになるとかなり不利になるけど、
天敵館山から21-0の荒木が決勝打打ったんだし、短期決戦になるとデータではない何かがモノをいう。


とにかく、初戦。
初戦取れればあっさりいけると思うし、初戦完敗ならあっさり負けるとも思う。

あとは荒木。おまえだけ。

[ 2009/10/20 18:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

終わらない2009 


ナゴヤドーム123456789

Swallows

100000021 4

Dragons

00203002x 7

S:●由規-松井-吉川-押本-五十嵐

D:○中田-河原-小林-山井-浅尾-岩瀬


valuable player:立浪 1-1 2RBI


5.jpg
それぞれが


30-.jpg
命を賭けて


27.jpg
強く


30.jpg
激しく


3.jpg
勇ましく


fan.jpg
思いを込めて


41.jpg
気合を入れて


8.jpg
繋いで


4.jpg
繋いで


win.jpg
得た重みのある1勝

まだ先がある。
夢半ばで去ったヤクルトのためにも、我々にはやらなきゃいけないことがまだ残ってる。


[ 2009/10/19 23:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(2)

第3戦 

負けたほうが即シーズン終了というプレッシャーのかかる大一番。

ドキドキしてるか?と聞かれれば、それほどしていないというが実情。ただ、去年はずっとソワソワソワソワしてたなぁ…(笑)
去年を経験してる分、観るほうも落ち着いて観戦できるし、首脳陣もそして何より選手達が落ち着いてプレーできるのは、ヤクルトにはない大きなアドバンテージだと思います。



20近い貯金のある中日、勝率5割を切るヤクルト。
昨日で逆王手勢いの付く中日に対し、ヤクルトはユウキ、高木をインフルエンザで欠く。

以上の理由から中日有利という空気になってるけど、
由規がいるし、五十嵐イムの強固な方程式は健在で
福地、浩康、宮本、青木、デントナ、ガイエルも出場できるので、
個人的には『今日の試合は勝てる!』とはまったく思ってないです。

むしろ、先発の選択肢が由規しかない現状、第2ステージを見据えずに”このゲーム”と向かってこられるほうが怖いわけで…こっちは中田、小笠原、朝倉、(川井、昌さん)といろいろ選択肢があって「巨人戦を見据えてこいつは温存で~」と余分なことを考えてしまうかもしれない分、今日の試合に賭ける意気込みに差が出てくることもあり…



注意すべきバッターは、青木、デントナ、ガイエルの4,5,6番はもちろんのこと、彼らとの勝負を避けてランナーのたまった状態で迎えるであろう7番鬼崎には気をつけなければいけません。
イチローばりのとは言い過ぎかもしれませんが、それに近いものを感じるレフト前への綺麗な流し打ち、柔軟なバットコントロールでどんなボールにも対応する粘り、かのガイエルとて簡単に敬遠すると痛い目にあうかもしれません。
また、中軸と勝負を避けるためには、中軸を迎える前にランナーがいないという状況にしなければいけません。
そのためには、ここまでは抑えている福地を引き続き封印しておくこと、田中浩康にチャンスメイクさせないこと、宮本の渋い右打ちをヒットにしないこと。


あれ?要するに全部じゃん。


[ 2009/10/19 16:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

センターライン 


ナゴヤドーム123456789

Swallows

020000000 2

Dragons

11000010x 3

S:●館山-李恵踐-H押本

D:○吉見-H浅尾-S岩瀬


valuable player:吉見 8IP 2K 2ER



センターライン。

ショートの井端は再三再四好プレーで盛り立て、
セカンド荒木は試合を決めるタイムリー、
キャッチャー谷繁は貴重なHRと的確なリード、
ピッチャー吉見は打たれても粘って粘って勝利をたぐり寄せ、
浅尾-岩瀬と繋いだバトンも完走。

今日はセンターラインだけで戦い、センターラインだけで勝った試合。



え?お前オススメのセンター・藤井は何もしてないじゃないか?って

   今日の藤井 左飛 一失 二ゴ 右飛

うむ、確かに何もしてない。
だけど、ヒーローインタビューで荒木は言いました。

アナ「バットの色がいつもと違ってたような気がしたのですが…」
荒木「調子のいい藤井のバットを借りて打ちました」


ここまでvs館山21-0の荒木がヒットを打てた裏には、藤井の活躍あり――


-------------------------

吉見ん、スバラシイ!!

負けたら終わり、なかなか球が乗ってこない、援護もくれない、けどエラーはくれる…という真っ暗なドームの中、
球数は100を超え、青木デントナガイエルという一番恐い打順を迎えて、しかもその青木にはカウント0-3になってしまって…
ホントにホントに苦しい状況の中、投じたストレートを青木にピッチャー返しされて…

「ヤバイ、抜けた」と思った。「井端、お願い」と思った。
しかし、その打球を吉見がキャッチ。
義経が見せた八艘飛びの如くジャンプして、ブランコに送球したその気迫に満ちた表情は、ほんとにカッコよかった。

逆に、荒木のタイムリーのときに見せた無邪気な表情は、今中さんにちょっと批判されるくらい弾けていた。
あーそういえば、去年も負けたら終わりの状況で先発して、あの時もベンチ前でキャッチボールしてる時に勝ち越し点が入ったんだっけとか、いろいろ思い出されて、勝つっていいよな…この時期にまだ応援できるなんて幸せだよな(受験生的には不幸か?)…とか
しみじみと感慨に浸っていました。



ま、この思いも全ては明日次第で壊れてしまうかもしれないんですけどね。
とにかくもう少し長く、1試合でも長く。
[ 2009/10/18 23:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

藤井だけが頼り 


ナゴヤドーム123456789

Swallows

000000300 3

Dragons

000110000 2

S:○石川-H押本-H五十嵐-S林昌勇

D:●チェン-浅尾-高橋


valuable player:藤井 4-3



藤井だけが頼り。
右に左にツーベース2本。あんたは天才か。
大舞台のCS、病み上がりであの活躍。あんたは神か。
難攻不落・林昌勇城からチャンスメイク。あんたは(ry

来年のユニは”3・立浪”か”4・藤井”のどっちかだな、とはずっと思ってるのですが、このままいけば藤井ユニ注文あるで。


短期決戦になるとじんまりとしてしまう陰気な選手が多いドラゴンズにおいて、藤井のようなお調子者はとても貴重。
これで藤井は大舞台でも活躍できる選手というのがわかっただけで、もう今年は満足。
来年の今の一面は『藤井決めた!5の3&サヨナラ打!』かな『ブランコ4番の仕事、藤井敬遠に燃えた!』かな?
中スポの編集部が来年どういった記事を書くのか、それしか頭にありません。
いや、これが明日の一面になればいいんですけどね…


9月、ほとんど藤井が観れなかった分、もう少し長く藤井のプレーを観させて。それだけ、お願い。

[ 2009/10/17 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

合流する藤井 

藤井、きょう1軍
中日・藤井が合流「もう不安はない」

「行くからにはチームの力になります。不安? そんな失礼なことは言っていられない。できる限りのプレーをします。
とにかく早く治すことしか考えなかった。『いつごろ』なんて考えなかった。
結果を残せるようにしっかり準備します。」
「もう不安はない。チームの力になれるようにしたい」

------------------------------

藤井が合流。
センターに安心できる選手がいて、下位打線に信頼できる打者がいるだけで戦い方がグンと楽になります。
前者に関しては、英智というカードがありますがそれだと打撃がみてられない。後者優先なら平田ですが、守備範囲に大きな差がある。
外野守備の安定と下位打線の強化、さらには数が少ない左打者、ヤクルトに強い、館山に強いという点まで、その全てをカバーする藤井はドラゴンズにとって欠かせないプレイヤーです。

藤井が7番に入ることで、いつもなら3人の自動アウトで即チェンジだったものが、藤井出塁率→谷繁送りバント→代打・立浪という攻撃もできるし、
6番なら、一発を恐れてブランコ和田さんに四球を与えた後のポイントゲッターとして機能することもできる。

シーズン序盤はチャンスに弱いのが目立ったけど、得点圏打率は.333まで戻してきたし、ナゴヤでも一発を打てるパンチ力もある。
走ればチーム2位の15盗塁。失敗は1度だけの成功率は驚異の.938。まったく機動力がない下位打線において、新たな攻撃オプションが増加します。

3,10 op #4


ライトに野本が入れば開幕時と一緒のメンバーでCSも戦うということになります。
開幕時の構想が10月まで続いてるなんて、なんと素晴らしいことなんでしょう。12球団を見渡してもドラゴンズしかありません。
[ 2009/10/16 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(2)

CS1st 

おこんばんわ。

CSまでの中途半端な”間”がとてもマヌケですね。
普通に試合を消化していたほうが不利になる(試合間隔が空く)というのはおかしなものです。
横浜戦が全部週末にあったり、ヤクルト戦は全部火水木だったり、次の週も同じマッチアップかというのも多々あったり、本当に今年の日程を作ったやつの頭は…(自主規制)




気になるデータを調べて見ました。
2009y10m16d_184309062.jpg

今季3試合で全敗を喫している石川に対しては、実は打ってるんです。
それ以上に打たれてるだけで…
デントナとかガイエルとかデントナとかガイエルとかにね


ピッチャーはアサタクとか岩瀬とかアサタクとか岩瀬とかがよく打たれてます。
その岩瀬は終盤全然登板せずで、アサタクは昨日のシート打撃で散々だった模様。
アッキー&すーさんのWストッパークル━━(゚∀゚)━━????




キーマンを一人上げるなら、間違いなく荒木。
彼の固め打ち能力がフルゲージで発揮された日には、CS~日シリを全勝で勝ち進めるとまじめに思ってます。
逆に、荒木が沈黙モードであるということは、すなわちCSで敗退することを意味します。

では何でそれを見極めるのか?
それはズバリ第1打席。


第1打席でヒットが出たら4-4と4-3でMVP。出なかったら2試合9-0で戦犯。
どん詰まりでライト戦ポトリでもバット折られての内野安打でも、畠山の不思議な動きの内野安打でも、何でもいいからヒットが欲しい。ただ、確率が…
[ 2009/10/15 18:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

タイトルカード 

2009y10m13d_175843530.jpg

タイトル確定。タイトルカード確定。+MVPと新人王があるけど、新たに加わるのはセの新人王のみ。それも該当者無しの可能性高し。


まずは館山&ヤクルト球団ありがとう。
こちらは最多勝と防御率を独占できるチャンスとて、調整登板という言い訳をしながらも吉見を中継ぎでつかって確実に勝ち星を稼ぐという姑息な手段に出て、しかも単独を狙った2度目の登板は審判のアレがあるとしても、失敗したことは事実であり、
ならば、「こっちも同じ方法で館山の単独にしてやろうか?ああん?」と昨日の最終戦に登板させてもよかったのに、ベンチ入りすらしない正々堂々っぷりを見せ付けられました。
まぁ、週末にCSが控えているなかで中3日で無理してタイトルのために投げるというのは、球団の目標を疑いかねるので、当然の動きなのかもしれませんが。

とりあえず、2010第1弾野球チップスで館山の最多勝カードが当たっても、交換要員として他人に提供しないことをちかいます。


当ブログの全力を捧げて支援してきた~アサタクホールド王獲得への道~ですが、シーズン終盤の岩瀬の体調不良(?)とアサタクの守護神修行により、終了。
最終戦でも数字を伸ばした山口が44HPで堂々のタイトル獲得。アサタク(37HP)は結局シュルツ(40HP)にも抜かれて3位でした。

当ブログ7割の力を注いで支援してきた~荒木盗塁王への道~は、終盤の欠場とヤクルトの残り試合数の多さで福地が走り抜けて2年連続のタイトル。

同じく、当ブログ2割の力を入れて支援してきた~森野の初タイトル・打点王への道~は、ブランコとの同打点で迎えた最終戦、森野がタイムリーで1点リードするも、続くブランコが2ランですぐ逆転という森野が泣きそうな展開で決着。


パ・リーグは野手タイトルを西武が独占。気持ち良いですね。
おかわり君は10数試合の欠場があったものの、両リーグ最多の48本、122打点で文句なしのタイトル。全試合に出ていれば…と気になります。
片岡は8月12個、9月14個と一気にスパートを駆けて2年連続。ただ、1番打者のくせに打率.260/出塁率.309というところを見ると、荒木2世襲名か。

ダルビッシュは意外にもこれが2回目、3回目の投手タイトル獲得。それも休んでて防御率が下がらずに獲得という結果。夏前に規定投球回に達してはいたのは素晴らしいことです。

ソフトバンクの攝津は投げ過ぎ。三瀬、久米、藤岡…また仲間が増えました。
奪三振率は11.59。ホントにすごいのに…もったいない…。
[ 2009/10/13 17:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

なにかが違う 

jingu last 105
jingu last 109
誰もいないグランド。
引き揚げる監督。
投げ込まれるメガホン。
デントナへのブーイング。

違う。今日はこんなんを観に来た訳じゃない。(ファン、選手を守った監督の行動はこれであってる)




jingu last 004
jingu last 122
jingu last 123
jingu last 124
本当は、お互い順位の決まったもの同士、『クライマックスがんばろーぜ!立浪さんお疲れ様!』というモードの試合になるはずだったのに…。


現地で観てると明らかにファールだったし、佐々木の説明はまったく答えになってないから、ブーイングはしたけど、
メガホン投げて試合の進行止めるのとか、何の関係のないデントナにもブーイングするとか…
立浪のラストゲームがこんなんになってしまって悔しい。悲しい。

[ 2009/10/12 00:00 ] 09' 観戦 | TB(0) | CM(0)

昨日の神宮@観戦レポ 

jingu S×T CS 003

ヤクルト vs 阪神 第24回戦 (ヤクルト 15勝 9敗 0分)/観客数:33218人

写真は試合開始すぐのときのものなので、内野席にチラホラ空席が見られますが、
僕がいた位置(=外野立ち見)はすごい人数でした。


CS進出が確定と思われた前半戦。
ところが、12カード連続負け越し、自慢のブルペン陣の崩壊、出れば怪我する主力選手…
得意としてた中日相手にも勝てず、後半戦はとにかく苦しんだ。苦しんだ、という一言ではまとめられないくらい。
しかも、この大事な時期に、他球団とは違って雨で中止になった分の試合のツケがまわって、8連戦を戦わないといけない。3日前2日前に開催された雨の中の横浜戦。最下位相手に取りこぼしなど許されないプレッシャーがあるわ、敗色濃厚の空気が漂うわ、雨で客は入ってないわ、色々なアゲインストな状況の下、それでも何とか勝った。

その試合内容がさらに苦しさを象徴するもので、エース以外の投手が懸命に投げて勝った試合だった。
「後は頼みます!館山さん、石川さん!」と想いが込められたバトンを、若手と、一時はクビになった投手から受け取った両エース。
ファンのため、バトンを繋いでくれたチームメイトのため、本来のピッチングパフォーマンスを見せ付けた両エースの力投は、唸りをあげる虎をも抑えこんだ。
スライダーのコントロールが~、軸足の支えが~とかそういう技術的なものではなく、「ここで勝たないとダメだ」という気持ちが勝ったのだと思う。



jingu S×T CS 005

「頑張れ頑張れ!岩田!」 「ファイトファイト!アッチソン!」
大阪から詰め掛けた阪神大応援団が送ったこのコール。
泣きそうになりながらも声を枯らす人が多くいて、ユニホームもメガホンも持ってない僕がこの場にいるのは失礼だと思った。
だけど、スタンド全体でのわっしょいチャンテをやられては、とても足を動かせる状況ではなかった。

満塁で金本。ボルテージはMAXになる。
泣いて声を出せないもの、喉が枯れて声が出ないもの。先導する応援団も、試合のほうに魅入っていた。

キャッチャーフライ。

歓声がため息に変わったのもつかの間、「次の回やー!」という図太い声が聞こえてきた。


8回1死3塁、9回の先頭が出塁。代打・桧山。
最後まで意地は見せたが、
jingu S×T CS 023
サイドからの158キロはそうは打てない。



jingu S×T CS 027
引き上げる真弓監督には拍手、今年の労をねぎらう大きな拍手が贈られました。

-------------------------------------------

jingu S×T CS 032
ヒロインで涙ぐむ青木。

jingu S×T CS 039 jingu S×T CS 038

jingu S×T CS 037 jingu S×T CS 036

相手に不足はない。倒すぞヤクルト!
館山なんて李炳圭が打ち崩すんだから(違



jingu S×T CS 009
これは7回の満塁のときだけど、この大事な試合の二遊間が鬼崎-野口(森岡)ってすごいことだよね。最初から最後までマスクを被ったのも、正捕手ではない川本と狩野。

彼ら若手達にとってはこの経験はとっても貴重なものだと思います。
[ 2009/10/10 11:00 ] 09' 観戦 | TB(0) | CM(0)

CS最終決戦 

jingu S×T CS 028


おめでとう!
1stはお手柔らかにお願いしますネ
[ 2009/10/09 23:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

お久しぶりです 

こんばんわ。お久しぶりです。


受験生のわたくし。
今月中旬~下旬に受験大学を決める大事な大事な模試があるということで、ここ最近(ドラゴンズの試合のない今週)は勉強のほうに重点を置いてきました。

さてさてその間に、楽天のCS進出決定、ハムの優勝、MLBはプレイオフ開幕などパ・リーグとMLBは大きな動きがありましたが、
セ・リーグはといいますと、依然3位が決まってない状況。

昨日の天王山でヤクルトが勝ち、今日もヤクルトが勝てば球団初のCS進出が決定します。

ヤクルトファンクラブ特典の5枚のチケットの内、まだ2枚しか使っていなく、11日はいくとしても、余らせてはもったいないということで今から神宮出撃してきます。

互いに絶対に負けられない戦い、いや、絶対に勝たなきゃいけない戦い。
個人的には、”阪神のほうがいい”と明言していますが、アツいアツい試合になればそれでいい。

ライト席⇔レフト席を自由に行き来できる神宮の特性を存分に生かして、”攻撃中のチームのほうで応援する”という高度なことに挑戦してみたいと思いますw

[ 2009/10/09 16:24 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

フェニックスメンバー 

10月6日(火)開幕 フェニックス・リーグ参加メンバーのお知らせ
10月6日(火)から始まるフェニックス・リーグの参加メンバーをお知らせします。
■ 投手 : 12 清水昭、18 伊藤、23 鈴木、28 岩田、35 高島、38 斉藤、47 菊地、49 ネルソン、50 佐藤亮、54 赤坂
■ 捕手 : 00 前田、22 田中、52 小田
■ 野手 : 1 堂上、25 新井、37 岩崎恭、40 西川、48 澤井、55 福田、57 デラロサ
■ 外野手 : 7 李、9 井上、32 中川、51 中村一、56 中村公、201 加藤、211 小林


不参加は中里、佐藤充、昌さん、久本、樋口、金剛、平井、小熊、朝倉、清水まさうみ。
長峰、山内、谷君はドミニカ修行。


中里、樋口、清水まさうみ(金剛)については整理リストなのだろう。
佐藤充と久本は怪我の状態がまだあまり良くないのだろう。
外野のあの人はCS~日シリの左の代打枠を井上と争うのだろう。


頑張れ井上!CSで待ってるぞ!
[ 2009/10/05 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

ありがとう甲子園 


甲子園123456789 

Dragons

0000000000

Tigers

00100021x5

D:●中田-小笠原-河原-高橋-山井

C:○岩田-アッチソン-久保


valuable player:none



よく打たれたブラゼルの後ろの桜井にインコースを投げたらどうなるか。
まったく打てない岩田に対して死んだフリでデータ収集。
気持ちよく立浪さんに拍手を贈ってもらうために、負けたほうが何かと都合がよかった試合。
ドラゴンズ側としてはこういう考え。

一方の阪神は、3位死守に向けて目の色変えて今季最後の甲子園で戦っています。
このテンション差で勝てというのがそもそもムリ。


賢ちゃんと小笠原は無事に調整終了。
1stが3戦目までもつれた場合、この2人のどちらかが先発するんでしょうね。
3番手の河原さんが滅多打ちを喰らってたけど、今さら打たれたところで別に…って感じ。彼ほどの投手になればCSに向けてキッチリ調整してくれるでしょうからね。
ただ、防御率が1.85と”普通に良い”数字になってしまったのは残念。1イニング無失点なら、夢の0点台に突入してました。(訂正1.06でした。この日の3失点がなく、3イニングを抑えれば0点台でした。)


野手のほうは、…まぁいいですわ(笑)
本日の主役は立浪、ということを念頭におきながらプレーしてましたね。
特に英智。いくら4-0でリードしてるといえど、無死12塁から繋がれて立浪を迎えるようでは、阪神側からしても、「空気読んで打たせることなんてでけへんで!」状態になるわけで。
そんな中で、(阪神からすると)最高のダブルプレーを打った英智は素晴らしい仕事をした!と。
そのおかげで立浪さんは勝負してもらえ、残念ながら結果は出なかったけど、野球人立浪和義の名を全国に知らしめた甲子園球場で悔いのない打席になったことをとてもよかったと思います。

ゲッツー打った英智もナイスだけど、0-1から0-4にした河原さんも実は大きな仕事をしたのでは?
だって一打同点のピンチで立浪を迎えたら普通は敬遠するでしょ?


最後に阪神ファンの皆様、
試合後に最終試合のセレモニーもあり、勝利の余韻に浸りたい中でも、祝福モードで大きな拍手と声援を送ってくださって本当にありがとうございます。
井上の時の分のお礼も加えて、ありがとうございます。

やはり、こちらとしては、好敵手=阪神とCS1stを戦って、大きくそびえる大巨人軍の要塞を共に倒したい、という希望がありますので、是非是非3位を死守してもらって去年のようなシビレル試合(吉見んと岩田の投げ合い、藤川vsブランコの力勝負)をしたいと思っております。
[ 2009/10/04 21:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

タイトルモード 

横浜スタジアム123456789  

Dragons

2001200016

Baystars

100002000 3

D:チェン-○吉見-S浅尾

B:●三浦-松家-高宮-真田-工藤


valuable player和田 3-2 1HR 1RBI FP



チェンごめん。
好投すれば無援護で勝ちが付かず、珍しく援護があったと思えば吉見んに奪われて…

防御率1.5で8勝とまりのピッチャーなんて見た事ないよ…
来年は20勝たせてあげるから、メジャー行かないで、おねがい。

吉見んはタイトルの賞金でチェンに焼肉奢ってやらなきゃいけないよね(´・ω・`)



タイトルといえば、森野、ブランコもそれぞれ1打点ずつ。荒木も盗塁を1つ記録しました。

打点
1 森野(中) 108
1 ブランコ(中) 108
3 小笠原(巨) 105

盗塁
1 福地(ヤ) 38
2 荒木(中) 37

勝利
1 吉見(中) 16
2 ゴンザレス(巨) 15
2 館山(ヤ) 15

防御率
1 チェン(中) 1.57
2 吉見(中) 1.98

セーブとHRは確定で、あといくつタイトルカードが生まれるのかな~?






どうやら明日もダブルスターター方式を取ることが濃厚。(賢ちゃんと小笠原)
阪神CS出場を全面支持する当ブログからすると、明日は負けてもいい試合。いや、負けてほしい試合。
阪神の先発は岩田らしいのでまず打てないでしょう。
森野とブランコに1打点ずつ、後は荒木に2つ盗塁させてもらえれば、10点でも20点でもあげます。どうぞ勝ってください。



[ 2009/10/03 23:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

残り3試合 

早いもので2009シーズンもあと3試合。
明日の横浜戦、明後日の阪神戦、そして中6日空いて11日(日)のヤクルト戦の3試合。

そしてそこから5日空いて17日(土)からクライマックスシリーズ第1ステージが始まります。
(もし第1ステージを勝ち進めば、中1日で第2ステージです)


この期に及んでエンドランだの、細かい継投だのをして勝ちにこだわる必要もなく、明日のランドルフの投げない横浜戦は、吉見んで確実にいただいて最多勝を取らせてあげさえすればいい訳で。
先発は多分番長かな?番長キラーの荒木がいないことはやや気がかりですが、最近調子のいいブランコはよく飛ぶハマスタで景気付けに一発打ってもらって、9月からずっと悪い井端は5本中3本を打ってるハマスタでまた打って気分良くなってもられば、それでいいかと。

ちなみに、野本と柳田は一軍登録抹消されずに富山のファーム選手権に出場するとのこと。
そしてこれがファーム選手権のスタメン。

中日ドラゴンズ
1 左  中川 裕貴 32
2 二  柳田 殖生 53
3 右  野本 圭 30
4 一  新井 良太 25
5 指  李 炳圭 7
6 遊  デ ラ ロサ 57
7 中  中村 一生 51
8 三  堂上 直倫 1
9 捕  小田 幸平 52
投  伊藤 準規 18

読売ジャイアンツ
1 中  橋本 到 94
2 遊  中井 大介 61
3 三  大田 泰示 55
4 右  田中 大二郎 66
5 一  李 承ヨプ 25
6 指  小田嶋 正邦 45
7 左  加治前 竜一 50
8 捕  加藤 健 40
9 二  藤村 大介 54
投  久保 裕也 11


李炳圭と李承がいるとか腹抱えて笑っちゃいそうなんですけど(苦笑)
キャッチャー小田?直倫が8番?とかいろいろ突っ込みどころはありますが、巨人の1軍を抑えこんだ伊藤準規が2軍も抑えこんでくれることを願って、親子で勝ち試合を見れるといいですな、というところです。

[ 2009/10/02 21:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。