スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

冴える闘志は会心の一打を呼べ 


ナゴヤドーム123456789 

Giants

2202000006

Dragons

1000000012

G:○オビスポ-越智

D:●川井-伊藤-パヤノ-小林-河原-高橋


valuable player:立浪 4-3 1RBI




立浪さん引退用のエントリーは別に書くとして、この記事はあくまでも”この試合”のこと。

久々の登板の先発川井ちゃん。CSの登板権をかけてのマウンドでしたが、全くいいところなく2回4失点KO。
初回が悪くて、その裏に1点取ってもらって、2回は簡単にツーアウトを取って、さぁその裏は立さんからだ!というところから4連打で2失点ですからねぇ…最悪です。

2番手は伊藤準規。思わぬ登板機会に恵まれました(予定通り?)。
威力のあるストレートで谷、阿部を抑えこむナイスピッチングでした。

3番手のパヤノが打席に立ったということは不測の事態だったということでしょうね。
好リリーフのパヤノとコバマサはCS出場権獲得かな。好投続きのアッキーは終盤の大事な場面での起用になるでしょう。


打つほうではやっぱり立浪。
こういう試合で3安打しちゃうあたりがミスタードラゴンズと呼ばれ、たくさんのファンを魅了する所以でしょう。
本当にお疲れ様でした。あなたはわたしのヒーローです。

タイムリーの後は3者連続三振でずっと2塁に釘付けでしたが、それはそれでファンにずっと姿を見せることになったんだから良かったです。

あ、それと、最終打席を迎える前、異様な雰囲気の中キッチリ四球を選んだ平田も褒めてあげないとね。


スポンサーサイト
[ 2009/09/30 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

明日なんて来なければいいのに 

9,29 vsG ○ 4-1 #14

ナゴヤドーム123456789 

Giants

0000100001

Dragons

03100000x4

G:●グライシンガー-M中村-金刃

D:○朝倉-H山井-H高橋-S浅尾


valuable player:朝倉 6IP 1ER 2RBI



巨人を叩いて見事ナゴド最終カードを勝ち越し決定。

今日登録された朝倉が、2年ぶり4度目となる2ケタ勝利で10勝目。
同じ失敗(=立ち上がりに3失点くらいした後は抑える)を繰り返して一時抹消されてましたが、今日はその失敗を繰り返さず!
しかもエラーという鬼門があったのに乗り越えたのはさすがの修正力。
やはり、自分がエースと見込んだだけのことはあります。いよっ!エース!最高ッ!(この世でたった一人になろうとも、今年中は朝倉がエースと言い続ける、オレ)(しかし今年もあとわずか泣)


昨日も休養を与えられず、ややお疲れ気味(?)のラミちゃん。今日は1安打0打点、長打なしと元気なし。
ただのお疲れモードなのか?いやそれでもカモにしてるアッキーから簡単に三振するなんて、お疲れという理由では解決されないと思う。

ということは、どういうことか?
リードとかはよく分からん自分ですが、小山のリードが良かった(んだと思い)ます。
ラミレスは投手の研究よりも、捕手のリードのほうに重点をおいて研究するようで、ドラゴンズがここまで打たれているのは、谷繁のリードを読まれているからだと思います。
インコースを多く要求する谷繁とは違う風味のリードする小山=ラミレスを抑えられる小山は、CSで秘密兵器になる可能性が大いにあるのでは、とニヤニヤしています。


さて、明日は立浪様のセレモニー。
ゴンザレスに完封喰らうかも?という懸念はありますが、そこは『移動日を挟まず一気に胴上げさせてやった』借りを返してもらうということで(笑)一つよろしくお願いします。


あぁ、明日なんて来なければいいのに…


[ 2009/09/29 23:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

おもしろい!試合 

9,28 vsG ○10-1 #63

ナゴヤドーム123456789 

Giants

0000100001

Dragons

20202211x10

G:●東野-金刃-木村正-野間口-藤田

D:○中田-チェン-鈴木-河原-パヤノ


valuable player:ブランコ 4-1 1HR 2RBI



巨人打線(主力抜き)を5安打に抑え、打っては巨人戦今季初の2桁得点で快勝。


巨人からすれば、本拠の東京Dじゃないから連戦続きの主力を休ませるか…という感じで
中日からすれば、タイトル狙いと試合勘とCSへの調整を…という感じの、”親善試合”ようなゲーム。

3戦目には立浪様のセレモニーが控えているのでおそらくこのカードはお互いにお疲れさん的なねぎらいを込めた感じのゲームになるでしょうね。
だって2戦目のゴンザレスにチェンを当てようとしないんだもん。


この日現地に行った方は、家を出る頃は「首位攻防戦の緊張感もなく、立浪のセレモニーもなく、チェンが先発でもなく…なにこれ無駄金じゃん…チケット勝ったときのあのワクワク感を返せ!!」と思ったかもしれませんが、
堂上剛裕のヒットや野本の活躍、今季初出場の柳田や途中出場の岩崎など、たくさんの選手を見ることが出来て、消化試合にしてはとても面白いゲームを観れて良かったですね。まぁ、主役は出てこなかったですが…^^;

野手だけでなく、投手もたくさん登場。その中で最もサプライズだったのはチェン。
2戦目のゴンザレスにぶつけないためか、あるいは楽な展開で苦手なラミレスと対戦させるためか、はたまた今後の『5回だけ投げて勝ち星強奪作戦』のための予行練習か、意図は分かりませんが、
これも消化試合らしくて(゚∀゚)イイ。

これで完全に2戦目の先発が分からなくなったわけですが、おそらく向こうはゴンザレスで勝ちにくるでしょうから、こっちとしては今日のお礼として佐藤充とかを献上するだろうと。
まぁ2戦目は「負ける試合」で良いけど、そのかわり3戦目=立さんのセレモニーの試合は空気読んでくださいよ、ということで、一つよろしくお願いします。
[ 2009/09/28 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

近況 

この土日は文化祭でした。
テキストでしか試合を追えなかったのですが、阪神相手に1勝2敗。個人的にも、チームの興行的にも、これでおk。

西武は1勝2敗で完全に\(^o^)/オワタ  楽天おめでとう
まぁ帆足、岸、涌井で敗れたなら仕方ないか、それにしても短い応援期間でしたなw



そして今日は井上一樹の引退試合。一部のスポニューと、熱戦ハイライトでしか観れてないのですが、顔をクシャクシャにする大泣きは胸に響きました。

先頭に立ってチームを引っ張ったのが立浪なら、最後尾から鼓舞したのが井上。
先頭と最後尾の同時引退。しっかりと先頭をたてるように引退するところがまた彼らしい。
お疲れ様でした。
[ 2009/09/27 23:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

惚れてまうやろー 

おっさん達が大した目標もなく、こじんまりと陰気にプレーするドラゴンズ野球を見せられたあと、

若い選手達がクライマックスという大きな目標に向かって、ハツラツとイキイキとしたライオンズ野球を魅せられると、


惚れてまうやろッーー!!!




し か も 


9,25 seibu 059
9,25 seibu 054

9,25 seibu 063
9,25 seibu 062

内野自由で選手がこんな近くに見えて、
ちょっとお金出して指定席(フィールドビューシート:4000円)買えばヒーローの選手とハイタッチができる。(買ったチケットは内野指定A)


さらに、アウェイチームだと逆になるから、アッキーの目の前に座ることができる(゚∀゚)
アクセスは悪く、秋はとても寒いけど、これはとんでもない球場かもしれない…



惚れてまうやろッーー!!!
[ 2009/09/25 23:00 ] 09' 観戦 | TB(0) | CM(0)

今後の方針 

ただこのまま指をくわえて消化試合を眺める、というのはいかにもアホらしいので、
しっかりとしたビジョンを持ってみていこうかと。



まずドラゴンズ。
昨日までの巨人3連戦でまったく活躍しなかった人たち
-いくら不調でも、いくら気のないプレーをしても毎試合スタメンを張り若手の出場機会をむしり、その若手は来年がないかもしれないのに、自分らは5年契約という大きな後ろ盾を背にデカイ顔をする人たち-
が消化試合になっても何事もなかったかのようにケロッとした顔で「CSに向けて調整すればいいんでしょ?」と本気で試合に臨まないのならば、ハッキリと申そう、そんな試合、観る価値もない、と。

この1ヶ月まるで調子の上がらない井端であったり、
4月の頃に戻ったブランコであったり、李炳圭であったり、
彼らを起用していたのは、まだ優勝の可能性がほんの少しでもあるならベストメンバーで行くという姿勢だったのかもしれない。2軍で頑張ってる新井、柳田、田中を上げなかったのは、2軍が優勝争いをしてる大事な時期だったからかもしれない。

昨日でそれらの厄介な理由は解決しました。
もし、明日になっても井端/荒木/森野/ブラ/和田/井上/李炳圭/谷繁/小笠原とかのスタメンなら、発狂するかも…^^;


ニュースでは、巨人のマジックカウントダウンよりも盛り上がっている3位争い。
勝率5割に満たないチームらが、3試合に2勝する勝率のチームを差し置いてスポニューのトップを独占するこの状況にやや不満は感じますが、
アツい試合になることは間違いないので、一野球ファンとして最後まで楽しませてもらおうと思います。
応援するのは、迷いなく阪神。
能見、久保でアサーリCS1stで負けてしまう可能性も高いですが、それならそれで
『阪神さん、巨人をやっつけてください…お願いします...』と心から言える。去年、それを達成できなかった身から言うのは、少々上から目線ではあるけど、やっぱりセ・リーグは巨中神でしょ。


続いてパ・リーグ。
楽天と西武の3位争いかと思いきや、9月のKYロッテの影響もあり、1位2位がここにきて足踏みする情けなさで、楽天とSBとの差がなんと1ゲーム。
とは言いつつも、上3つの球団はあまり好きではないので、去年のチャンピオンチーム・西武ライオンズを応援します。
中日の試合がない日や、スタメンがアレな試合のときは、西武の試合のことでブログを書こうかなと、もしそれが続くなら、トップがも西武仕様の物に変えようかな、と考えております。


明日はここ4試合で2点しか取られてない&楽天キラーの帆足vsマークン。
どこぞのチームとは違った気合と気合のぶつかり合いの試合を観に行って来ます。




[ 2009/09/24 21:00 ] その他 | TB(0) | CM(0)

3連覇 

勝敗どうこうよりも、無気力なのが腹立たしい。

こんな戦いぶりじゃ、目の前で胴上げを見せられたところで、『悔しさ』なんて湧き上がってこないと思う。
他にもいろいろ、この手抜きスタイルについて言いたいことがあったけど、時間が空いたから忘れたw



巨人について。
やっぱり強いなー、と。
例えば、今日の7回裏、2死13塁。バッターは4番ラミレス。
『1点獲れば優勝にグッと近づく、しかもオレにはインコースなんて来ないだろう』→『ならば外の球をカチンとライト前で良いんでしょ?』という4番とは思えないバッティングで貴重なタイムリーをたたき出したラミレスに関しては、あんたはモンスターか?どこのラスボスか?と問いたくなるようなバッターでして。

逆に言えば、ラミレスを抑えることが出来れば巨人に勝てる、と。遅すぎるけど、それが分かってくれたかな。
(谷繁のレベルの高すぎるリードに投手陣が付いていてけないとも思いますが)

あとは、李承を早々と見切った原さん、亀井と谷を上手く起用している原さん、坂本でも気の無いプレーをしたらスパッと代える原さん。
一方で、野本でスタートしたものの結局は来年の無い李炳圭を起用し、ブランコがダメダメになり新井良太がどんなに頑張ってても「今年はブランコでいくと決めたから♪」という浅はかな根拠で入れ替えもせず、森野を固定し続けた結果生まれたものは莫大な数のエラーで…

優勝されたことについては「この状況が3週間続くと思うか。みくびるなよ」と語った監督ですが、
選手層がトンでもなく薄い今、主力がこの調子だと代わりがいないもんだから、この状況続いちゃうよ。


まぁ、こんなところでネチネチ書いてもどうしようもないのでここらで終わりにして、
とにかく巨人3連覇おめでとう!

惰性でずっとG+つけっ放しでビールかけまで見たけど、楽しそうでいいなぁ…と。
来年こそはウチが、と改めて思いました。まぁ、3年連続で思ってるんだけど^^;

ちなみにこれで高校3年間は全て巨人の優勝で埋まる\(^o^)/オワタ
さらば青春(笑)よ\(^o^)/オワタ


いつもなら、優勝が決まり、順位も決まる=シーズンフィニッシュだけど、
立浪様のカウントダウンとか、アサタクのホールド王とか、森野の打点王は…いいや
井上&李炳圭にサヨナラを言うとか、
アッキーのお試し守護神にテカテカするとか、
2軍を優勝に導いた精鋭たちがどんな活躍をするのか、とか例年よりもいろいろ楽しめる要素がありますから、切り替えていきましょうよ。

立さんがグランドに一礼して引き上げるシーンには感動しました(´;ω;`)ブワッ
[ 2009/09/23 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

天罰 

ちょうど新幹線でナゴヤのあたりを走っている時に試合が終わるとはなんと滑稽な。


胴上げを目の当たりにして、その悔しさをCSにぶつけてうんたらかんたら~なんてことは、個人的には「ナシ」

むしろ、ここ最近のチーム全体の野球を舐めてる感-やる気の無さ、雑さ、もしかして逆転優勝かも?!とチケットを買ったファンの意気込みを踏みにじるパフォーマンス-をみると、
目の前で胴上げさせられるという天罰が下ってもいいかと思います。



チェンだけはのぞみで帰っておk
谷繁以外の野手陣は今日歩いて帰りなさい。明日の試合は2軍で頑張ってる田中、新井、柳田らを使ったほうが数倍マシだわ!
[ 2009/09/22 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

大阪 

なんか全体的にやる気のない彼ら。目の前で胴上げもあると思います。

まぁ今日はこんな試合よりも大事なことがあったので、この試合がどうであれ関係ないのですが…(笑)


一つ言いたいことは、一塁ランナーの和田さんが還れば山口にホールドが付かないことをイビョンギュはわかってたのか?

まぁ配球も読めない下級民族の低脳朝鮮人には分かるはずもないだろうけど。


とりあえず、明日の目標は
・アサタクにホールドを付ける
・山口にホールドを付けさせない
・ゴンザレスに勝ち星を与えない



勝敗?知らんがなそんなん
[ 2009/09/21 23:13 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

失策王森野 


ナゴヤドーム123456789 

Baystars

0000202004

Dragons

0300000003

B:吉見-○高崎-H真田-高宮-H木塚-H工藤-S山口

D:●中田-鈴木-小林-河原


valuable player:none




最初で最後の横浜戦負け越し。まぁプロ野球ですから、1年ずっと勝ちっぱなしってのもおかしな話です。
今日はダルvs小松、ルイスvsジェンで後者が勝っちゃう日、そういう日です。


スー様は対右の切り札として試してみたんですが、森野が全てをぶち壊し。
次はイニングの頭からのピッチングを見てみたいです。
(と思ったけど、次からは巨人戦、小笠原、亀井、阿部と左打者が交互にいるからなぁ…)


ホントにホンットにわずかだけど優勝の可能性が残ってる2位のドラゴンズよりも、
最下位の横浜のほうが”勝ちたい!”っていう意思の伝わる采配を振るってきたのはどういうこと?

優勝を諦めてる自分が言うのもアレだけど、現場が諦めたらプロとして失格でしょ。
しかも初戦のランドルフには負け覚悟でネルソン、前田、中川を使って(そもそも試合を捨ててる時点でおかしいとは思うのですが)
確実に2勝1敗を狙ってるなと思わせるような手を打ってきただけに、今日の采配については非常に残念。


さて明日からマジック5となった巨人と戦うわけですが、3タテ喰らうと胴上げを目の当たりにしてしまいます。
今日の采配(=シーズンを投げた)だとその可能性も十分にあり、CSを考えて主力温存&データ隠ぺいのためスタメンもかなり絞るということありえます。

まぁ、自分は明日から去年亡くなったおじいちゃんの法事で大阪へ飛ぶので、試合は見れないのでどうでもいいといえばどうでもいい、のですが。

ずっと気にしてるタイトルは、森野の打点はなんかどうでもよくなってきたw
アサタクのホールドは、直接対決ということで試合展開によっては、アサタクだけが3つを稼いで並ぶことも可能。試合結果よりもそっちに注目すると思います。
[ 2009/09/20 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

2軍マジック1 


ナゴヤドーム123456789 

Baystars

0000000112

Dragons

10120010x5

B:●小林-桑原謙-工藤-木塚

D:○小笠原-パヤノ-H浅尾-S岩瀬


valuable player:田中大輔 1-1 2RBI



キッチリと勝てるときにキッチリ勝つことはとても大事なこと。
その勝てるときというの小笠原の先発の試合ということはまったく納得が出来ないですが…^^;



まぁそんな小笠原なんかに割くスペースも勿体無いので、最近アツい2軍のことを。

首位を走るドラゴンズは優勝マジック2。しかし残り試合は2試合。
マジック対象チームの阪神も残り2試合。
今日負けると、試合のなかった阪神にマジック2が点灯するというまさに劇アツな展開。

そんな試合の先発は長峰(笑)
一方の広島はソリアーノ(誰)

2軍では防御率1.85という成績の長峰ですが、案の定炎上して3回5失点。
その裏に長峰の代打・澤井から1番谷くん、2番柳田と3連打で1点を還し、3番野本が送って4番新井がタイムリーなどで2点差。3-5。
5回にはまたもタニギダコンビの連打でチャンスメイクすると
新井良太が2点タイムリースリーベース、5-5!

2番手の岩田は3イニングを0に抑える口頭を見せましたが、
7回から1イニングずつ登板した平井・金剛・中里が揃って1失点。
こいつらは緊張感のかけらもないわな。
なお、8回裏に西川の内野ゴロで1点を返して、9回裏に入った時点で6-8。

先頭柳田:センターフライ
3番野本:四球
4番新井:レフトエラー 1死23塁

ここで途中出場、今日落ちてしまった中川。
昨日の悪夢が蘇るかもしれない場面で、結果を恐れずフルスイング(多分)。
おそらく鋭い当たりではなかっただろうけど、結果は三塁内野安打で1点を返す。 1死12塁。

6番中村一:三振
7番堂上直倫:四球 2死満塁 7-8

バッターは小田に代わってマスクを被っていた小川の代打に田中大輔。
ずっと谷繁の後継者として期待されるも、トライアウトの小山に抜かれてしまった。昨日は前田が1軍スタメン&初ヒットを打っている。
2軍の優勝争いに正捕手として貢献してきたといえど、やはり悔しいはずだ。


その田中が振り抜いた打球はレフトを越えるサヨナラタイムリーツーベース!!!!


ブランコとの競争に完全敗北し1軍候補ですらない新井良太(4打点)
ずっと活躍してるもなかなかお呼びがかからない柳田(3安打2得点 打率は.329)
そして上記の通り小山に抜かれ、前田にも先を越された田中大輔(サヨナラ打)

関東に住んでる身からすると、今季全く名前を聞かなかった(苦笑)彼らが、
優勝のかかった大一番でこのような素晴らしい活躍をしてくれたことは、とても嬉しい。
早く優勝決めて1軍に来い!ハマスタ、神宮でお前らの姿が見たいぞ!



1軍は小笠原が勝ち投手。あっそ、おめでとう。
普通のスタミナと普通の信頼感があればプロ初完投も出来たのにね。もうチャンスはないよ(笑)

アサタクにホールド付けさせ隊名誉会長に、昇格即就任なさったパヤノ様は、
キッチリと御公務を遂行。ありがとうございます。

夜ご飯食べ終わって、なんとなく野球速報見たら丁度小笠原が2死満塁のチャンスで打席に立ってたんですが、
ここで『頼むから打ってくれ』って願ったドラゴンズファンはどれくらいいるのでしょうか。
この時のスコアは5-3。ここで一本出れば山口のホールドが付かないのです。
(今書いて気付いたんですが、小笠原が打ったら打点王森野が危ない。だけど森野よりアサタクのタイトルのほうが大切なのでしゃーない。)


ラミレスに一発を浴びますが、1点足りず。当然山口を打てるはずもなく40個目のホールドを献上。
う~ん、負けるのは知ってたけど、もうちょっと役に立つ負け方をしてほしかったな。
[ 2009/09/19 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

全国4000万の聡文ファン大歓喜 

#67 akifumi9

ナゴヤドーム123456789 

Baystars

1013000005

Dragons

0100000102

B:○ランドルフ-高崎-高宮-S山口

D:●ネルソン-鈴木-小林-高橋-河原


valuable player:高橋 3IP 0ER 4K



スタメン7番に中川、8番に前田。この2人がずっと試合に出続けたんだから、今日はそういう試合。
先発はネルソン。今日はそういう試合。

手駒を増やそうと考えての先発だったのかもしれませんが、先発としての役割を果たせず、4回途中で降板。こういうときこそ、ネルソンが長いイニングを埋めてくれるのですが、ブルペンは

鈴木 義広  久々の登板
浅尾 拓也  勝ち試合
チェン・ウェイン   先発
岩瀬 仁紀  勝ち試合
河原 純一  勝ち試合
山井 大介  この日投げなかったということは先発
高橋 聡文  
小林 正人  左のワンポイント
山本 昌   先発

というメンツ。
スー様とコバマサを使い終わったのは5回。残りの4回をどうするのか?というところでとりあえず聡文。

ところがこの聡文様、なんと3イニング!
球数もたった29球で4奪三振のパーフェクトピッチ!ウッチーもジョンソンも、2安打の金城もまったく寄せ付けず打ち取りましたことよ!オホホ!

そしてそのご褒美にプロ初打席まで(゚∀゚)
3球目の142キロの高めの甘いストレートをプロ初スイングすると、三遊間を破ってプロ初ヒット!

和田さんと前田しか打ててなかったランドルフからチーム3本目のヒット、すごい!
来年の左の代打は決まりだね(`・ω・´)

そんなアッキーの勇姿を見たい方はいち早くこちらへ
熱戦ハイライト
19日の15:00までなのでお見逃しなく!
[ 2009/09/18 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(2)

15勝、100打点 

9,17 vsC 4-1 #19 #31

マツダスタジアム123456789 

Dragons

0000400004

Carp

1000000001

D:○吉見-S浅尾-○河原-S岩瀬

C:●齊藤-林-篠田-青木勇-小松


valuable player:森野 5-2 2RBI



吉見んがハーラートップに立つ15勝目。
今回"も"立ち上がりが不安定でワイルドピッチから先制点を与え、毎回のようにヒットを打たれ、という苦しいピッチングでしたが、四球が初回の1つだけだったのは良い事。結局還ってきたのはそのランナーだけですから、吉見んの持ち味の粘りのピッチングが出来た証拠だと思います。

吉見んにタイトルを取らせるためにも(館山の負けを願うなんて汚いことはするつもりはないので)、中日相手に館山をぶつけてきた日には必ずや勝つ!と強い意識を持って戦って欲しいです。
ちなみに、防御率は1.79(チェン 1.51)、奪三振は141(ルイス 154)。この2つはちょっと厳しいかな。


打つほうでは森野が2打点で大台の100打点到達。HR22本という比較的少なめな本数で届いたということは”勝負強い”と言い切ってしまっていいようですね。
ドラゴンズで100打点を挙げたのは、西沢道夫、マーチン、大島康徳、落合博満、大豊泰昭、山崎武司、ゴメス、福留孝介、ウッズ。そうそうたるメンバーの中に名を連ねました。

■森野HR内訳
ソロ 10本 10打点
2ラン 8本 16打点
3ラン 4本 12打点
計   22本 38打点
[ 2009/09/17 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

朝倉 


マツダスタジアム123456789 

Dragons

0000000022

Carp

10103000x5

D:●朝倉-高橋-小林

C:○大竹-林-大島-青木勇-小松-S永川


valuable player:none



マツダスタジアムの9回、一発逆転の場面。バッター森野でピッチャー永川といえば交流戦明けの逆転2ランが思い出されます。(あの時も先発朝倉)

あの試合に勝ってから、交流戦で稼いだ戦いぶりが確固たるものとなり、やれ6連勝だ7連勝だ、と一気に3位争いから抜け出し、ウサギの尻尾も見えてきたかも?というところまで行きました。個人的にはあの試合が一つのターニングポイントであった、と常々思い返すことがあります。


さて、今日の試合。
永川の乱調で2点を返し、3点差。なおも2死満塁。そうあの日と同じホームランが出れば一気に逆転です。優勝するチームというのはこの時期に必ず劇的な逆転勝利というものがあり、もしこの試合をひっくり返して勝ったなら、この試合=劇的な勝利ということで、阪神様が巨人をヤツケタこともあり、優勝の芽もほんの少しは…

というところでしたが、二ゴロに打ち取られゲームセット。

野手陣は今季最後の広島でのカードということで、併殺集めに取り掛かったようですが、まぁこの試合展開じゃしゃーないわな、と。



朝倉。
来週の月火水は巨人との3連戦がある。ここで結果がどうなっても、巨人の優勝というものに揺らぎはないだろうけど、ファンとしてはCSで当たるからどうこうではなく、前回ホームで3タテを喰らった悔しさに対し少しでも意地を見せてほしいと思ってる次第でございます。
3試合のうち、チェンと吉見んが投げるのはほぼ決まりで、残りのもう1人の枠がまだ未確定で、丁度よく間隔は5日か6日空く、この状況でこの日の先発マウンドを任されたということは、結果が出ればそのまま巨人戦に先発してたと思う。
その状況を知ってか、知らずか、毎度毎度同じパターンで失点を繰り返す朝倉については、本当に情けない、と。ただそれだけ。
チーム全体を考えれば、心置きなく巨人戦の先発を外せるのでラッキーなのかもしれませんが、憲伸が抜けたときからずっと『エースは朝倉だ』といい続けてきた僕にとっては…

もう、言葉が出ない。



2軍でやり直せ!と言っても、ウエスタンももう残り2試合(マジック2)。
抹消されたら「今季はもうオワリ。お疲れサン」っていう監督のメッセージでしょうね。


明日からは吉見ん(ここまで広島)、昌さん、小笠原、賢ちゃん、(ここまで横浜)、病さん、チェン、吉見ん(巨人戦)のローテですかね。
[ 2009/09/16 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

タイトルモード 


マツダスタジアム12345678910 

Dragons

01020000025

Carp

00000030003

D:チェン-H浅尾-○河原-S岩瀬

C:ルイス-篠田-Hシュルツ-H横山-●永川


valuable player:浅尾 1.1IP 0ER 2k




打点王を争う森野が2打点 (ブランコ97 森野96+2 小笠原96)
最優秀中継ぎを狙うアサタクがホールド (山口37+1 アサタク35+1)
防御率のチェンが6回2自責点 (チェン1.51 吉見ん1.82)
史上初の4度目の40S、岩瀬様 (岩瀬39+1 永川30)
 
荒木の盗塁が決まっていれば、タイトルに関してはいう事なかったんですが、まぁこれだけ稼げれば十分でしょう。
盗塁王に関しては福地が1個決め、荒木33個、福地32個。赤星は離脱でリタイアか。


試合のほうは…
チェンがねぇ…という感じ。天谷にHRを打たれてショックを受けるのは分かりますが、いくら悔しがっても失った点はかえってこないので、さっさと切り替えるべきだと。石原の訳の分からない盗塁が無ければ防御率が跳ね上がり、負けがついていたかもしれません。


打線は最後のピッチャーを除く2番手以降に抑えられましたが、各球団が苦戦するルイス相手にまた負けず。
栗原のエラー、イレギュラーヒット、14球粘った森野のタイムリーなどルイスからすれば、なぜ点取られたのか分からないピッチング。しかも5回を投げ終えて100球を越したので茶色さんの采配によって、「はいお疲れさん」という、不完全燃焼でモヤモヤする一日だったかな、と。

2番手以降には律儀に抑えられる我が打線。
横山までピッチリと抑えられていたところで、燃料投下。永川だ。
ブランコのヒットに和田さんの変態HR。ごちそうさまです。

やっぱり継投って難しいよね、じゃ済まされない継投ミス。これを反面教師にしてよく考えて戦っていきましょう。
[ 2009/09/15 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

プロ野球チップス2009 第3弾 

チップス 09-3

プロ野球チップスの話。
前にも似たようなこと書いたけど、アレは第1弾。これは第3弾。ちなみに第2弾もキッチリ確保。狙い通り、昌さんのスペシャルカードが当たってホッ





そして今回のスペシャルカードのテーマはIRON ARM。直訳すると鉄腕。毎試合でも投げられる投手ということでしょうか。

リストはこちら

IA-01 星野智樹(西武)    IA-02 香月良太(オリックス)
IA-03 菊地和正(日本ハム) IA-04 伊藤義弘(ロッテ)
IA-05 小山伸一郎(楽天)  IA-06 攝津 正(ソフトバンク)
IA-07 山口鉄也(巨人)   IA-08 アッチソン(阪神)
IA-09 岩瀬仁紀(中日)   IA-10 シュルツ(広島)
IA-11 林 昌勇(ヤクルト)  IA-12 真田裕貴(横浜)

確かに岩瀬様といえば鉄腕という称号がピッタリだけど、そこはアサタクにしてほしかったな~ というわけでマジで中継ぎ部門でトップとって貰って10年の第1弾のタイトルカードで登場してもらわないとw(結局そこかよ

カードファイルの都合上、4枚カードが欲しいのですが、どれを狙いましょうか。
岩瀬様のは別途中日専用ファイルに入れるので除外して、攝津、アッチソン、シュルツ、イムかな?う~ん…微妙。
消去法で行くなら小山、真田、星野は消えて(このチームのファンはこんな選手がSPカードになってかわいそう(笑))、菊地と伊藤はよく知らないから消え。香月と山口とシュルツ、イムの中から2枚+攝津とアッチ尊になるかな。







S-25 片岡易之(西武)   S-37 越智大祐(巨人)
S-26 G.G.佐藤(西武)   S-38 山口鉄也(巨人)
S-27 大引啓次(オリ)   S-39 下柳 剛(阪神)
S-28 金子千尋(オリ)   S-40 赤星憲広(阪神)
S-29 高橋信二(日ハム)  S-41 立浪和義(中日)
S-30 金子 誠(日ハム)   S-42 井端弘和(中日)
S-31 サブロー(ロッテ)   S-43 緒方孝市(広島)
S-32 唐川侑己(ロッテ)  S-44 大竹 寛(広島)
S-33 草野大輔(楽天)   S-45 宮本慎也(ヤクルト)
S-34 鉄平(楽天)      S-46 館山昌平(ヤクルト)
S-35 松田宣浩(SB)    S-47 佐伯貴弘(横浜)
S-36 小久保裕紀(SB)   S-48 吉村裕基(横浜)

そしてスターカードがアツい。
大引に金子ちーちゃんに唐川、片岡。立浪様もいて宮本さんと男佐伯(゚∀゚)

いつもはノーマルレアを全種集めてサインパラレルは中日の2枚だけだけど、今回は大引と金子ちーちゃんのサインパラも欲しいなぁ。オリの選手だから単品で安く売ってると良いけどなぁ。





269 荒木雅博(中日)
270 岩瀬仁紀(中日)
271 朝倉健太(中日)
272 川井雄太(中日)
273 吉見一起(中日)
274 谷繁元信(中日)
275 森野将彦(中日)
276 浅尾拓也(中日)

レギュラーカードはこの8種。川井ちゃんは初登場でアサタクもレギュラーカードとして出るのは2007年第3弾以来2度目。2009年の第2弾の開幕投手カードとチェックリストで登場してるんですけどね。


毎年第1弾のスペシャルカードは前年のタイトルホルダーのスペシャルカードになります。
2008年は悲しいことにドラゴンズからはタイトルホルダーがでなかったので2009年の第1弾にはドラゴンズの選手は無し。
今年のタイトルでほぼ確定のものもいくつかあるけど、去年なかった分空いているファイルのスペースを埋めるだけ多くのタイトルカードを作って欲しいものです。
[ 2009/09/14 22:00 ] 野球カード | TB(0) | CM(0)

6右井上 7中英智 


ナゴヤドーム123456789

Swallows

010001000 2

Dragons

30002110x 7

S:●館山-木田-岡本

D:○中田-S山井


valuable player:和田 4-2 2RBI 



このタイトルは今週で終わりにします。


140球で中4日+ヤクルトのチーム状況というハンディキャップはあったものの、館山相手にかつことが出来たのは非常に大きかったかと。

その中で館山打つには左打者を用意すればいいとて、ずっと使っていた井上.034外野手がタイムリーを打ったことはいい収穫でしたね。元々それ要員で登録された李炳圭から、いろいろと苦労しましたね。
右サイドスローを打つには左打者が何とかすればよい。そんな当たり前のことがパーツが揃ってやっと出来たということでしょう。


しかも、下手に6回まで引っ張ってくれたもんだから、スタメン野手が一通りヒット打てたので、長年抱いていた館山に対してのイヤなイメージが少しは薄くなったかなと思うし、館山からしてもあれなんでこんなに打たれるんだ?と、今まで『見下ろし最高!』で支配していたドラゴンズの印象が…という感じでなんですかね。

にしても、ヤクルトからすれば館山を立てて絶対に負けられない試合だったはずなのに、福地、田中、デントナはスタメン外すわ、コントロールが定まらない賢ちゃん相手に淡白な攻撃をするわで、勝つ気あったのかい?と問いたくなるような試合でした。まぁ、ファンも同じことを思ってるんでしょうけどね。心中お察しします。

賢ちゃんは6回で降りて、残り3回は病さん。
来週は広横巨の9連戦なんですが、広横は今週と同じとして巨人戦のローテ(特に月曜日)はどうなるんでしょうかね。秘密兵器病さんか、それとも川井ちゃんを上げるのか、あるいは佐藤充という選択があるのか。

[ 2009/09/13 21:00 ] 09' シーズン | TB(1) | CM(0)

6右井上 7中英智 


ナゴヤドーム123456789

Swallows

010000020 2

Dragons

00120001x 4

S:●押本-松井-吉川

D:○小笠原-H河原-H浅尾-S岩瀬


valuable player:和田 4-1 1HR 2RBI FP



このチーム状況のヤクルトになんでこんなに手こずるのかという気もしますが、それが今年のドラゴンズの持つヤクルトアレルギーなんでしょうね。まぁ自分は(飲み物の)ヤクルト系のやつは好きで特にピルクルには一時期大ハマリしてましたがw


そんなことはどうでもよくて、気になるのはアサタク。
今日も簡単に2アウトをとって「はいはーい、あと1アウトでホールドポイントランキング1位の山口に1個差に迫るよー♪」

となったところで、青木にヒット、デントナに死球。

ここで、ひとたび打たれ始めると投球が小さくなり・腕が振れず・眼が泳ぐという悪い癖が出て

ガイエル、宮本に連続タイムリー。


何にも悪いところがなくマウンドでイキイキしてる時のアサタクはアウトローにズバズバと150キロ超えるストレートを投げ込み、その姿は顔でファンになった女子だけでなく男どももメロメロにするのですが、
悪い癖発動中のアサタクは、打たれて追いつかれるのが怖いのか、打たれて怒られるのが怖いのか、なにに怯えているのか分からないけど、とにかく逃げ回って弱気になって、打たれるというお決まりのパターン。

病さんがいい球を投げていて、あきふみは今が脂の乗った状態だし、スペシャリストの河原だっている。
アサタクがセットアップに戻って以降、自然と8回はアサタクということになってるけどこのままの状態が続くようであれば配置転換をしてもいいかと。
(けどそれをやると野球チップスのタイトルカードが出ないんだよね)←これが一番の問題


打つほうでは森野が3安打のチャンスメーカーで打率がいつのまにか.295。そのおかげでブランコが1打点を稼いで単独打点王に。
盗塁王を目指す荒木はスタメンを外れた福地(31)、途中交代の赤星(31)を尻目に1つ加えて33個。


明日は館山(前回160球で中4日しかも館山自身はウン年ぶりの中4日)を突撃させてくるのでしょうか。この条件+今のヤクルトのチーム状態なのにあっさり完敗を喫した日には…相当なヤクルトアレルギーですな(笑)


[ 2009/09/12 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

6右井上 7中英智 


甲子園123456789 

Dragons

1001001014

Tigers

0100100000

D:○吉見-H浅尾-S岩瀬

C:久保-金村-●アッチソン-筒井-桟原


valuable player:谷繁 3-3 1HR 1RBI



5年契約トリオが揃ってエラー。初回以外走者を出し、しかもほとんど得点圏まで進められた試合。
よく勝ちましたね。吉見んが味方に足を引っ張られながらも粘りのピッチングで館山に並ぶ14勝目。やっぱりタイトルがかかっている選手は強い。

8回も投げさせるのかな~と思ったけど、巨人が大差で勝っていて山口にホールドがつく展開ではないので、差を詰めるチャンスだ!ということでアサタクにスイッチ。せっかく”タイトルモード”の采配をしてくれたのに、あんなピッチング内容じゃあダメだわなぁ…
本当に”タイトルモード”に入るなら新井さんを取ったところで、ピッチャーを代えるというのもアリちゃアリなんですが、葛城・林に代打浅井・関本で岩瀬が赤星・平野と対戦しなければいけないですからね。
久々の登板で赤星平野のネバネバコンボを喰らうのはちょっと酷かと。


打線では、谷繁の一発が流れ的に大きかったですね。
英智の走塁も見事、井上は……守備の人か。
[ 2009/09/10 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

6右小池 7中英智 


甲子園123456789 

Dragons

0000000004

Tigers

4000000000

D:●朝倉-高橋-小林-ネルソン

C:○岩田


valuable player:none



ヤクルトとCS1stを戦うよりは、阪神と戦ったほうがやりやすいし、万一負けた場合でも阪神なら『打倒巨人は任せた』と送り出すことも出来ます。
だから、この試合は負けてもオーケー…




…いや、そんな事はまったくない(笑)




だけど、もう余程のことがない限り順位が上にも下にも行かないだろうから目標を失って、ただ消化してるだけ、になりつつあるのも事実。

防御率のチェン
勝ち星の吉見ん
セーブの岩瀬  (これはほぼ確定か)
ホールドのアサタク  (これは厳しいけど一番頑張ってほしい。野球チップスのタイトルカードの意味で)

本塁打でブランコ  (これもほぼ確定)
打点は森野とブランコ
盗塁の荒木  (福地、赤星と3人とも31個の大接戦)
打率の井端  (相当頑張らないとムリ)

彼ら以外は”なんとなく”プレーしてそうでなんか嫌だな~と。


タイトルとは無縁ですが、朝倉も久しぶりの2桁を狙うという意味では、モチベーションを保てる登板だったんですけどね。今回ダメでも次良ければ10勝という目標には届きますから…

[ 2009/09/09 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

6右井上 7中英智 

9,8 vsT ○ 7-0 #42 #21

甲子園123456789 

Dragons

0003001127

Tigers

0000000000

D:○チェン

C:●安藤-桟原-西村


valuable player:チェン 9IP 0ER SO




これぞ横綱野球、という試合展開でカード初戦を圧勝。
その要因は1,2番がチャンスメイクして、3,4番が還して、もう1点ほしいところで犠牲フライも打てて、先発が完封したこと…ってこれだけの要素が揃えば負けるはずないですよね。


その中で光ったのはやはりチェン。
ピンチらしいピンチは初回だけで、そのピンチを森野のファインプレイ(?)に助けられたのは大きかったですね。この日も2つほど危なっかしい送球があった森野ですが、捕球に関しては一定のレベルなのかなぁ、と。朝倉の時もしっかり頼みますよ。
2回に矢野にヒットを打たれた以降の3-9回は全て三者凡退。5回までで9個もの三振を奪ってただけに、そっちのほうも注目してたんですが、思ったほど伸びず、10奪三振で終わりました。
8回にカウント0-2となったところで谷繁がマウンドに行ったのが『気を抜くなよ』ということなんでしょう。


打つほうではブランコ。
久し振りに『ものすごい打球』のホームランと右方向を意識する打撃が戻ってきましたね。やっぱりデラロサ効果はすごい!

さて、藤井の抜けた外野&下位打線ですが、この日は井上と英智。
センターは英智でいいんじゃないかな。センターの守備で好プレーを魅せてくれたし、何より落ち着いていた。スタメンライトと違って。藤井のいない外野はオレが埋めるという姿勢と責任感が伝わってくるパフォーマンスを魅せてくれました。
藤井離脱の時点では、英智に関して『とりあえず甲子園とマツダとナゴヤはセンター英智』と思っていたけど、このままの状態なら藤井が戻るまでセンターでいいと思います。

ライト争い。
小池さんが途中出場でHR打ったけど、それ以上に9回の2死3塁からのぶん回し三振は残念だったなぁ。
[ 2009/09/08 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

藤井抹消 

プロ野球の公示(7日)

セ・リーグ
【出場選手登録抹消】
▽阪神 ブラゼル内野手
▽中日 藤井淳志外野手
▽広島 井生崇光外野手
▽ヤクルト 由規投手

パ・リーグ
【出場選手登録抹消】
▽オリックス 大久保勝信投手

[共同通信社]




外野手が6人いて(もっと言うとライトが4人いて)、誰かしら1人は落ちるだろうと思っていたら落ちたのは藤井。
昨日の守備で左肋骨を折ったようです。

藤井がいない日の下位打線(=9月5日の新潟)は、見るも無惨な成績で2安打完封負け。
守備面においては、英智を据えるだけで一応守備力はそのままキープできますが、英智と藤井が右中間を守ってこその”鉄壁の守備”=ドラゴンズであるので、英智オンリーでは竹原/サブロー/大松の外野と変わらないよな、と。


このまま今季出場無しとなれば、438打席 401打数120安打 .2992 でフィニッシュ。
規定打席の446にあと8打席足りず、3割まであと8毛足りないというなんとも悲しい終わり方になってしまいます。

ちなみに、残り弾
井上   .000 18-0
李炳圭 .186 86-16
英智   .214 70-15
小池   .241 145-35

さぁどうする?!?!
[ 2009/09/07 16:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

まるで自分を避けるかのように 

HARD OFF ECO123456789  

Dragons

2100001138

Baystars

004000000 4

D:中田-山井-○小林-S浅尾

B:グリン-●真田-木塚-加藤康


valuable player小林 1IP 0ER



まるで僕を避けるかのように、今日は打線が爆発。安打13本、チャンテ連発の楽しそうな試合でした(´・ω・`)

逆転されたあとの4,5回の淡白な攻撃、早すぎる切り札代打・立浪など、相変わらず苦しい打撃でしたが、トップから始まる7回で1,2番が理想的なチャンスメイク。ヤッパリドラゴンズの攻撃を支えているのはアライバコンビです。

2番手で病さんが登板したので川井ちゃんのところは朝倉を回すんですかね。んで来週の金曜はヤクルトに対して苦手意識がまだない充、昌さん、病さんの3択かな。
7回裏の1イニングをコバマサに任せるのは正直不安で、案の定先頭出塁でいやなムードになったんですが、よく抑えましたね。


やっとこれで長いトンネルを抜けて9月初勝利。
ただ、長いトンネルを抜けると…先頭は遥か彼方を走っていました…
[ 2009/09/06 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

新潟は寒かった 

HARD OFF ECO 001
ECOスタ新潟
想像と違わぬ綺麗な球場

HARD OFF ECO 017
スコアボードだってこんなに大きくて綺麗
そして何より自然と一体化して青空しか見えないのがいい



HARD OFF ECO 002  HARD OFF ECO 013
アサタクと賢ちゃん
球場に入ったのは5時ごろだったので、ブルペン陣の練習は終わっていました

HARD OFF ECO 022
はじめまして病さん! 頑張ってください



HARD OFF ECO 033 HARD OFF ECO 032
この日の主人公・立浪様

HARD OFF ECO 028 HARD OFF ECO 023
若手への指導も忘れません、って井上かいw


HARD OFF ECO 045

HARD OFF ECO 044
デラブラ
ブランコの世話役頼みますよ>デラロサ


HARD OFF ECO 049
外野のほうへ移動しましてー  (誰か一人写ってない気がするけどまぁいいや)

HARD OFF ECO 053

HARD OFF ECO 054

HARD OFF ECO 048
一生ドアップ

HARD OFF ECO 052
ぼっちの荒木
この試合の前の2試合を欠場したこともあり、この日は長袖で、外野へのノックでも中継は岩崎に行かせて自分はベースのところにいました。




HARD OFF ECO 099

HARD OFF ECO 093 HARD OFF ECO 098
一番盛り上がったところ(スタンドが)
なぜか知らんが井端が消えてる




HARD OFF ECO 064 HARD OFF ECO 071
HARD OFF ECO 074 HARD OFF ECO 087
一番盛り上がったところ(自分が)
あまりにも凄過ぎてブレまくってしまった151キロ

HARD OFF ECO 082
HARD OFF ECO 086
小山と組むとこんな風になるんだなぁ
谷繁がストレートしか要求しないのが分かった気がする




HARD OFF ECO 110
ナイトシーン

HARD OFF ECO 111
新潟~新宿のムーンライトえちごは11:30発。
試合が終わって駅に着いたのは9:30。

こういうときに限って好投して早く試合終わらせる小笠原シネ
[ 2009/09/05 22:00 ] 09' 観戦 | TB(0) | CM(0)

HARD OFF ECO スタジアム新潟 

今日は試合ナシ。

いつもなら連敗後は早く試合やって勝ちたい!とウズウズしてましたが、チームがこんな状況だけに
今日の休みは良いリフレッシュになるからいい休みかな、と。新潟でおいしい米を食べてね。

hard off eco


さて、なぜわざわざ写真までうpして書いてるかといいますと、


遠征するからです。



ここ横浜を朝7時ごろから出て16時ごろに新潟について、帰りは日曜日の朝6時ごろ。しかも日曜日は9時から模試があり、来週の月曜日からは学校の期末テストという…(笑)
この大事な時期にアホみたいな旅をするもんですわ、えぇ…


しかもチーム状態がどん底で、小笠原が先発の可能性もあるという…

一日かけて新潟行ったのに、先発が小笠原だった日にはもう…そのまま引き返してやろうかと。
チーム状態がどん底というのについては、運が悪かった、としか言いようがありません。
思えば、去年の広島(8月13日)~ナゴヤ(8月16日)遠征も、広島の試合中から始まった連続無得点記録が、大阪滞在中ずっと続き、ナゴヤでもまだその記録が続くという、とんでもない暗黒っぷりを記録のですが…


まぁグチグチ言っておりますが、以前阪神×広島がやっていたのを見ても、写真を見ても、”綺麗な球場”だというのは分かっているので、それを楽しみに行ってきます。



え~と、相手はどこだっけ?普段は観れない阪神か広島だといいな(ぇ

[ 2009/09/04 21:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

強敵木曜日 


ナゴヤドーム123456789

Carp

000620000 8

Dragons

000000100 3

C:○大竹

D:●吉見-ネルソン-小林正


valuable player:none



まさに今がどん底ですね。
こういうときこそ、藤井、野本、平田らの若手が『俺がチームを救う活躍をしたぜ!』って思えるような活躍をすれば大きな自信になるですんが、実際は真逆でしたね。なかなかうまくいかないもんです。

ただ、ここで彼らを批判してしまっては『じゃあビョンを上げる』ということになってしまうので、そこはグッと我慢しましょう。
彼ら(藤井、野本、平田ら)はヤツら(李炳圭、小田)と違ってまだ若いんだし、この失敗を糧にして将来大きくなる可能性もあるわけですから。


ハイライトを見ると、倉の打球が抜けて行ったあとの吉見んのあの顔。ここで写ってる写真とは大違いだ。

ちなみに、3つ目の記事。見切れてるけど、一番最初の写真のアッキーの右のほうにはネットに張り付いてカメラを構えている自分がいます(※1)。で、もりしげこーちがぱちりしているところをよこからぱちりしたのがまえかいたあれです(※2)。

8,30 jingu 082 8,30 jingu 084
※1                               ※2


つばくろうは、「もりしげこーちにしてきしたのはあっき~」っていってるけど、よしみんだったようなきがします。
あっき~はじゅんれぎゅらーならもっとしゃしんあっぷしてー
[ 2009/09/03 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

あってはならない 


浜松球場123456789

Carp

000020220 6

Dragons

001002000 3

C:今井-林-H青木勇-○小松-H横山-S永川

D:●チェン-浅尾-ネルソン


valuable player:none



途中で寝落ちしたからかもしれないけど、なんだかぬるい空気の試合でした。


ルイス相手ならまだしも、今井と小松とかいう無名の投手に対し、防御率トップのチェンで負けるというあってはならない試合。しかも、以前ブランコにサヨナラ弾を打たれた林を、ピンチの場面でリリーフに使うというぶらうん采配も炸裂したのに…

お人よしの平田りんがご丁寧にピーゴロ併殺。
広島の『負けたいんや野球』よりもはるかにたちの悪い『お人よし』心で負けてしまったのね、という試合。


さて、チェン。
前回、チャンスで追加点が取れずに終えた回の次の回のマウンドでみせた、気の抜いた投球。それのリプレイを見てるかのような廣瀬への初球。
下位だから楽勝だろ、1点あれば勝ったな、完投のためにここは温存しようって考えたのか?もしそうなら…谷繁&モリシゲと5時間くらい三者面談の刑。もちろん日本語分からない振りするのは禁止で。


2戦目は川井ちゃんとルイスでしょうかね?
ルイス相手に一度も負けてないとはいえ、怖い相手には変わりはないし、最近勝ててない川井ちゃんがまた勝てない可能性も大いにます。逆にルイス相手に投げ勝つことが出来れば、ここからまた5連勝くらいしそうな気もするんですけどね。

(追記)賢ちゃんかも知れません、ということを付け加えておきます。

[ 2009/09/01 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。