スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中止の振り替えはいつ 

夏休み最終日の観戦は豪雨で中止。

ピチゃピチャ音のする靴下を履いて、雨でビチャビチャのリュックを背負って渋谷~横浜間の電車に揺られるという罰ゲームを過ごしたわけですが、
もう一度あの神宮球場の雰囲気と、山盛りフランクを味わいながら選手を見つめるという至福の時を過ごせるなら、それでもよかったのかな、と。

雨降ってCS追い風日程
それでしかも、こんな記事まであって、選手の調整がしやすいならそれに越したことはない、と。

もう一つ日程のきまってない試合としては、雨で流れた4月の甲子園がありますが、阪神はほぼ順調に日程を消化してるので、144試合目・今季最終戦が神宮になる可能性も大いにある訳です。


ということは、立浪様の公式戦最終打席のアレとやらを観られる可能性があるのなら、この中止は大万歳!
横浜在住&CS放送入れてない身としては、立浪様のセレモニーやら最終打席を、まさかの完全スルーという状況もあった中で、これはトンでもなく嬉しい誤算であります。


チームとしても、この中止で2週連続の週5試合ですから、小笠原を先発させなくて済む&お疲れ気味の岩瀬様にとって良い休養になったのでは?
スポンサーサイト
[ 2009/08/31 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

雨天中止 

神宮球場は素晴らしい球場。
スカイマーク(5年前くらい以来いってないからその時点の記憶で止まってる)についで2番目に良い球場で、スカイマークの劣化次第では1位に躍り出ます。

8,30 jingu 029

8,30 jingu 036
理由その1
選手がこんな近く、しかもほぼ目線と同じ高さで観ることが出来る

8,30 jingu 060

8,30 jingu 063
理由その2
右を向けばブルペンが間近

理由その3
メシがうまい。普段は球場内のご飯は高いのであまり手を出さないのですが、ここの山盛りフランクは必ず買う。
おにぎりとフランクの交互食い(゚∀゚)ウマ-



8,30 jingu 027 8,30 jingu 026
この姿のアッキー撮れる(*´д`*)ハァハァって思ってたけど、中止。



いつものヤツ。しばしお付き合いを。
8,30 jingu 043

8,30 jingu 044

8,30 jingu 050

8,30 jingu 052
アッキーかわいいよアッキー(*´д`*)
てか、この時点でもわりと肌寒かったんだけど、あんたアンダーシャツ一枚で大丈夫なの?

8,30 jingu 002 8,30 jingu 008
小笠原は回避で賢ちゃんデーは現地



8,30 jingu 015 8,30 jingu 019
立浪、ビョン、森野                    森野、荒木

8,30 jingu 082
なんかへんなんが来て、

8,30 jingu 084
なんとモリシゲに写真を撮らせやがりました。あーあ、あとでどうなっても知らないぞ。


8,30 jingu 067
とりあえずアサタクを取っとけば万人受けするという風潮

8,30 jingu 077
たまたま取れた本日のベストショット



8,30 jingu 012 8,30 jingu 013
以上、中止レポートでした。



[ 2009/08/30 22:00 ] 09' 観戦 | TB(0) | CM(2)

ついに出た秘密兵器 

8,29 vsS ○ 5-3 #29

神宮野球場12345678910 

Dragons

00030000025

Swallows

01001000103

D:小笠原-H河原-H浅尾-○岩瀬-S山井

S:由規-五十嵐-押本-●林


valuable player:ブランコ 5-2 1HR 1RBI




ついに出た秘密兵器。
この日登板したどの投手よりもすばらしいストレートを投げていたと思います。
去年無かったもので期待するなら山井、とまで言わしめた秘密兵器。子供が生まれて以来、なかなか結果が出せなかったけど、これを機に病さんが復活してくれるなら、岩瀬のセーブ失敗なんて痛くないよな、と。
   (勝ちを消された小笠原に関して言えば、こいつは存在が鼻くそみたいなもんだから消えてくれてハッピー。これで病さんがローテin小笠原が解雇なんてことになれば最高だね^^)



思えば、全ドラゴンズファンが涙した07年11月1日の日本シリーズ。病さんが作った試合を岩瀬が引き継いで日本一の栄冠を獲得したよな?
この日は岩瀬の勝ち星を病さんが守るというあの時とは逆の現象だったけど、あの借り(?)があるから岩瀬の後を病さんに任せたのかな? いやいや、そんな昔のこと今更ぶり返さないよな?と思いつつも、落合監督なら本気でそう思ってそうだし、そういう旨を伝えられたからこそ、病さんの鬼神のようなピッチングがあったのかな、と。

[ 2009/08/29 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

終戦 


チェン、川井、吉見んで負けたなら諦めもつきますね。
面白いように打たれ、面白いように抑えられ、投打に完敗。
これで高校3年間全て巨人の優勝という暗黒の青春時代です(笑)



ちなみにこの3連戦
.266 15-4 2得点 坂本
.429 14-6 3得点 松本
.786 14-11 6打点 ラミレス

.091 11-1 0得点 井端 
.167 12-2 0得点 荒木 
.100 10-1 3三振 李炳圭 
.000 10-0 4三振 谷繁  

まぁこれじゃ勝てんわな。


2005年が中村豊(ナゴドの延長戦)、2007年が脇谷(9/26のドームラン)、2008年が葛城(7/2甲子園のサヨナラ打)なら2009年はラミレスか…
[ 2009/08/27 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

完敗 


いろいろ言いたいことはあるけれど、僕らが感じてる悔しさなんかよりも選手達が感じてる悔しさのほうが何千倍も上だろうから、そういうことに関してはグダグダとは言わない。


ただ一つ言いたいことは、”意地見せろ”
このままホームの天王山で3タテ喰らってマジックが点灯させるなんてことはあってはならない。
[ 2009/08/26 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

初戦は負け 

8,25 vsG ● 2-4 #27 #21

ナゴヤドーム12345678910 

Giants

00010100024

Dragons

10100000004

G:ゴンザレス-○越智-Sクルーン

D:チェン-●浅尾


valuable player:none




チェン、何やってんだ…お前はその程度のピッチャーじゃないのに…


9回2失点では誰も責めない、6回以降のピッチングを見ると誰も責めない。責めない、けど


  お前のピッチングはそんなんじゃないだろ…



わかってても打てないストレートを持つ人間が、一番大事な時にそのことをわかってない。
古城に打たれたタイムリー、ラミレスに浴びた一発。打たれたのはどちらも気の抜いた変化球。
見てるほうとしては、逃げのピッチングにしか見えなかったし、もっというと楽に勝とうとするようにさえ見えました。

首位巨人との大事な3連戦の初戦をまかされて、打たれるのが恐かったのかもしれないけど、こんなことで恐がってるようなら、代々投手王国として栄えてきたドラゴンズという球団のエースは務まらないと思う。


アサタクも同じ。2死満塁の場面で谷繁の要求は外のボール球。それでも投じた2球目はど真ん中に吸い込まれていった。
失投になったのは何故か、たった1球のボールごときで押し出しを恐れたのか?この恐怖のピンチの場面から早くベンチに帰りたかったのか?

中継ぎエースというのは接戦、ピンチの連続でその恐さを楽しめるくらいの心臓の強さがないと務まらないと思う。アサタクのように打たれた姿が同情を誘うピッチャーなど、もってのほかだと思う。
だって、平井とか岡本とかはどうよ?こっちがムカつくくらいデカイ顔してたじゃん(笑)



3連勝したかった3連戦の初戦に負けたしまったのはとても痛いですが、どんなに嘆いてももうあの試合は戻ってこないわけですから、前を向いていくしかありません。2人のピッチャーも、打撃陣も。
この3連戦は勝ち越せばまだ優勝の芽はギリギリあると思ってます。僕は諦めの悪い男ですから。
[ 2009/08/25 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

今週のローテ 

 火曜:チェン(中6日) ゴンザレス(中6日)
 水曜:川井(中5日)  東野(中6日)
 木曜:吉見(中5日) グライシンガー(中5日)
 金曜:小笠原(中5日) 由規(中5日)
 土曜:中田(中5日)  石川(中5日)
 日曜:チェン(中4日) 館山(中4日)

朝倉の怪我が本当なら得意の地方球場(浜松)に回ってもらって。

ヤクルトが火曜館山→日曜も館山で来るのであればドラゴンズとしても、これ以上面白ようにやられてはいろいろ思っていることも負け犬の遠吠えになるので、日曜にチェンをぶつけると言う手も無くは無い。

しかしチェンは怪我や故障に対しての耐性はあまり持っていない選手で、仮に今週中4日で2連勝したとしても、それ以上に失うものの方が大きくなった、という可能性も十分あると思う。
かといってもちろん『チェン君は大事な子ですからね~』とかいう過保護になるのは馬鹿馬鹿しいので、余裕があるなら中4日で神宮突撃するべきだと思う。だけど、火曜日のゴンザレスとの投げ合いの行方が8回あたりまで続いた場合には、中4日の神宮は回避したほうがいいと思う。
ここでいう”余裕”とは序盤に試合が決まって6回70球で降板出来れば満点だけど、そうも簡単にはならないので、とにかく先制点をとってチェンに楽な状況で投げさせること。0-0で100球投げるのと、3-0で100球投げるのとでは疲れもだいぶ違うでしょう。


今日からのジャアンツ3連戦は、今後の展開を占う上で非常に重要な戦いになってくる。
現在の時点で巨人とのゲーム差は2.5差あるが、異様な引き分け数と負け数の差が7つあることを考慮すると実質の差はもっと開いてるように見える。
そして、巨人以外の相手に2勝1敗ペースを繰り返した所で差は一向に縮まらない。関東の2球団は巨人にはギブアップ状態で、シュルツがいなくなった広島はブラウンの100球制限で永川劇場の開演率がググンと高まるし、阪神は真由美ちゃんの采配を見てるとんんん?!と思う節がたくさんあるので…

もはや他力本願では状況は打開出来ない。


このまま逃がしていいのか?セリーグ三連覇なんてふざけたことを許してしまっていいのか?
高校3年間全てが巨人の優勝だったという暗黒の青春時代を過ごしていいのか?

現状、巨人を脅かすことの出来るチームはドラゴンズしかない。
「巨人を追いかけられるのはウチだけ」と当時は負け惜しみにも思われたかもしれないが、今はまさにその状態。
監督の理想通りに進んでいるシーズンなのだから負けるはずはない。


まずは初戦、チェンの鬼ピッチで勝つ。そしてそのときはキング誕生のお祭りでもある。
[ 2009/08/24 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

賢ちゃん完封 

8,23 vsB ○ 2-0  #20

ナゴヤドーム123456789 

Baystars

0000000000

Dragons

00010100x2

B:●グリン-木塚

D:○中田


valuable player:中田 9IP 0ER 12K




賢ちゃんが完封勝利というのも大きいが、中継ぎが休めたというのも大きな意味がある勝利。

来週は巨人との首位攻防戦&神宮でのヤクルト戦という勝負の日程が控えている身としては、ナゴヤドームでの横浜戦など、簡単に言ってしまえば勝って当たり前で来週に向けてどう調整をするか(小笠原を除く)、というレベルの戦いです。

まず初戦の吉見んを6回で代えたのは巨人の3つ目に中5日で投げるためでしょう。2戦目は小笠原がアホみたいな投球をしたために、アサタク、河原、岩瀬と勝ちパターン総出演。
そんな中で、この試合で賢ちゃんが1人で投げきってくれたのは非常に大きいです。


初回こそモタモタしたものの、それ以降はほぼ完璧な投球。特に6回からの5者連続三振なんかは『打てるものなら打ってみろ』と完全に見下してストレートを投げ込んでいて、惚れ惚れしました(*´д`*)
まぁ、飛車角落ちの横浜相手に完封したところで何?とは言われればそれまでなんですが、中盤以降は本当に安心してみていられる内容でした。
次週以降の先発ローテで吉見を週前半に持ってくるなら、やや層の薄くなる週後半を支えるのは賢ちゃんの仕事ってことになるのでしょう。


土曜日に醜態をさらした井端は最終打席でようやくヒット。
井端の1回裏の初球ショートゴロとか、或いは完全なストライクを見逃し三振とか、グリン攻略には出塁というのが大きな割合を占めることは井端には当然分かってるんだろうけど、それが出来ないのはもしかしてインフルで体がダルいのか?とか思ったけど、守備での動きを見た限りにおいては身体の問題では無いかと。

イチローだって2試合で1安打なんてことはあるし、内川は一時チャンスで異様に打てなかったし、鉄平も9打席連続三振という記録を持ってるし、要するに調子が悪かっただけかと。


中日2軍選手1人と球団職員2人が新型感染
ハムがインフルでとても笑えない状況になってる中、ドラゴンズにも感染者が発表されてかなり心配だけど、巨人ヤクルトという苦しい日程を乗り切るために、月曜日はキッチリと休養調整を行ってほしいなと思っています。

[ 2009/08/23 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

シナリオ通り 

1 (遊) 井端 0 0 0 0 .320 5
2 (二) 荒木 0 0 0 0 .280 2
3 (三) 森野 0 0 0 0 .280 17
4 (一) ブランコ 0 0 0 0 .280 33
5 (左) 和田 0 0 0 0 .307 24
6 (右) 李炳圭 0 0 0 0 .232 1
7 (中) 藤井 0 0 0 0 .313 10
8 (捕) 小田 0 0 0 0 .045 0
9 (投) 小笠原 0 0 0 0 .158 0


\(^o^)/オワタ
「球場に行った人の心中をお察しします」レベルのスタメン。ただえさえ小笠原が先発の試合なんて高いお金を払って観に行きたくないのに、受けるキャッチャー小田でビョンまでも(笑)


横浜ならこれでじゅうぶんと踏んだのか、
来週の巨人ヤクルトに向けて休養させるにはここしかないと考えたのか、

いずれにしてもこのメンツでどうやって勝とうとしてるのかがまったく分からないスタメン。


先発小笠原はまぁ予想できて、李炳圭も昨日の打撃を見るとスタメンなのは至って普通で(監督の目線で)、まぁここまでは想定内というところで、谷繁さんがちっぽけな脳みその小笠原をキッチリとリードし、藤井が出塁したあとの犠打等の仕事を果たしてくれれば別にどうと言う事は無いだろうが、8番捕手小田という名前には、ハッキリ言って何にも期待が持てない、イメージが持てない。



6時前にスタメンを見て、あまりにも失望したので、このエントリーを書き始めたところ、
小笠原がいつもどおり先頭にヒットを許して、小田がバント処理をもたついて、李炳圭がチャンスで二ゴロという…これ以上ないダメップリを披露してくれて…


ハハハサヨウナラ
[ 2009/08/22 18:30 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(2)

負けるときはこんなもん 


マツダスタジアム123456789 

Dragons

0000000000

Carp

00002002x4

D:●川井-ネルソン-小林

C:○齊藤-H横山-Hシュルツ-永川


valuable player:none




対広島の連勝は13でストップ。まぁ、負けるときはこんなもんでしょう。
ただ前日の朝倉vsルイスで勝ったんだから、一気に3つ勝って、今週6つ勝つであろう巨人にプレッシャーをかけるよう、こちらも6つ勝ちたかったのですが。


川井ちゃんの、『好投するも一発に泣いて負け投手』のパターンは、かの左投手を思い起こさせるのですが、7回は無失点に抑えるあたりは、そいつとは違うところです。
次は巨人戦でしょうから、前半戦の時のような投球内容&試合展開になることを期待します。

ネルソンはねぇ…。
先頭打者にストレートの四球がどうとか言うより、ここで点を取られたら試合が決まるという外野フライも許されないピンチで、失投が高く浮くのはなんなんだ?と…。
叩きつけてでも高めには投げないということは指導されているはずなのに、それが大事な場面で出来ないとなると、優勝争いでもう1試合も落とせないという状況になった場合、使い辛い部分はありますね。


ただ、ネルソン以上に使えない、頭が悪い外国人もいるので、ネルソンはまだかわいい方。
今日は齊藤しか予想できない中でスタメン、明日は吉見しか予想できない中で、どうなるか。
[ 2009/08/20 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

藤井覚醒 

8,19 vsC ○ 9-3 #14 #65

マツダスタジアム123456789 

Dragons

0300000609

Carp

0000003003

D:朝倉-河原-○高橋-浅尾-長峰

C:ルイス-H横山-●シュルツ-青木高-牧野


valuable player:藤井 5-3 1HR 4RBI 



実はルイス相手にはまだ負けないドラゴンズ。ルイスを苦手とする球団からは、ルイス攻略本売ってよ、という声が聞こえてきそうですが、その攻略法を簡単に言うと茶色監督の『はいはい、100球過ぎたねー、じゃあピッチャー青木!ピッチャー林!』の継投術(?)を利用するしかないと思います。
そのためには待球作戦をするわけですが、それをすると簡単に2-0になってしまうというリスクもあるので、結局は『きわどいボールには手を出さず、甘い球は一発で仕留める』という原点に戻るのかな、と。

ちなみに、この日の試合の打者別投球数を集計してみると、
井端  16球
荒木  21球
森野  10球
ブランコ 19球
和田  16球
李炳圭 15球
藤井  10球
小山  6球(2打席)
朝倉  6球(2打席)           
合計  119球

ルイスに対しては25人のバッターが打席に立ったので、単純に投球数を打者数で割ってみると、1打席あたり4.76球。
初回の荒木の11球や、9球で3三振を奪える李炳圭に対して2つの打席で6球も投げたりと、普段ならこんなには粘らない打者が多く投げさせたのが攻略につながったのだと思います。
一歩間違えれば、小山、朝倉の写真コンビのように全打席3球三振にもなるわけですから。


ルイスさえ降ろせば、シュルツに対してまったく苦手意識を持ってないドラゴンズ打線は、3イニングの内に1点くらい取れるわな、と。
そんでもって、ブランコと和田さんの併殺コースっぽい打球が両方ともヒットになった幸運もあれば、一気にビッグイニングになりますよね。
今まで、チャンスでは振り回すだけのバッティングしかしてなかった藤井は、李炳圭が無様な三振(=今までの自分のコピー)をネクストでみて、「ああしちゃいかんのだな」と思えるようになって来たかな?
そういう意味では、李炳圭の存在も必y…いや、なんでもない

その流れの中で、立浪様が誕生日を自ら祝うタイムリー。おめでとうございます。

[ 2009/08/19 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

チェンは無失点 

8,18 vsC ○ 4-2 #4

マツダスタジアム123456789 

Dragons

0101001014

Carp

0000000022

D:○チェン-河原-S岩瀬

C:●前田健-青木高-青木勇


valuable player:藤井 4-4 1RBI 2R



河原は2死から、岩瀬は2ストライクからと最後にちょっとバタバタしたのが悔やまれるところです。

チェンは良かったのか悪かったのか、はっきりとは分かりませんが、ヒットを打たれたの2イニングだけですし、小窪以外は抑え込んでいたので、良かった方としてみていいのかな。
6回にはピンチがありましたが、普通に考えれば無死1塁からゲッツーだったので問題はないかと。2アウトを取った時点で、どうせ打たれても自責にならないから、打たれたら打たれたで、森野が猛省するからそれはそれでいいのかなぁ、とも思ってました。

次の登板は巨人戦。相性の良いナゴヤドームでパーフェクトピッチを期待しましょう。


打線は先制、中押し、ダメ押しと教科書どおりの展開。
一発あり、タイムリーあり、送りバントありとまさに理想的な点の取り方で、それこそ9回のバタバタが無ければ、内容的に今季ベストゲームのベスト3には入る試合でしたが、まぁあの2点があっても、ベスト5にはランクされる試合だろうと思います。(じゃあ現時点のランク発表しろよといわれても、今から探す作業になるんですけど^^;)


明日は朝倉vsルイス。
ルイスはここ最近すごいペースで勝ち星をチャージしてきて、去年勝てなかった横浜相手にも勝ったということで、同じく去年勝てなかった中日相手にも今度は勝つぞと意気込んでくるわな、と。
対広島の連勝記録もそろそろ止まる時期かなぁ…と。

[ 2009/08/18 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

アッキー鬼ピッチ 

ナゴヤドーム12345678910

Swallows

0000010002 3

Dragons

0000000010 1

S:●ユウキ-松岡-五十嵐

D:○小笠原-H浅尾-S岩瀬


valuable player:浅尾 1IP 0ER 2K




例の2人に関して、いろいろと言いたいことはあるけれど、もうすぐいなくなる選手にあーだこーだ言っても、誰か得するのか。自分が損するだけでしょ。

ということで、この試合はキッパリと『アサタクがまたヤクルト打たれた。アサタクしっかりせんかい!』と励ましの声をかけてあげるのが一番かと。

人気面と野球面との両面でドラゴンズを背負っていく選手。この1敗で将来への見返りが存分に期待できる選手ですから、ここでの1敗がいい授業料となって生きてくれれば良いと思います。



さあさあ、そんなことよりわれらがアッキーの鬼ピッチの時間ですよ。
熱戦ハイライト

1:47あたりから~ 



そりでは≡≡≡ヘ(*--)ノ
[ 2009/08/16 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

打点王森野 


ナゴヤドーム123456789

Swallows

010000000 1

Dragons

51102210x 12

S:●村中-松井-バレット-押本

D:○吉見-長峰


valuable player:藤井 5-2 3RBI



一塁福地、外野飯原、青木、ガイエルにされれば、たとえデントナがいなくても、ドラゴンズが抱くこわさとしては、そん色ないものがあったのですが、一塁畠山というスタメンを見て、ホッ。そして先発を見るに、高田また捨て試合を作ってきたな、と。


こういう試合で大事なのは、先制したあと相手に追いつかれないようにすること。そういう意味では、藤井の2点目と3点目を生んだタイムリーはとても大きかったですね。満塁でまったくストライクが入らないピッチャー相手に、上から見下ろす立場に立って、高めの変化球だけを待って確実にヒットにしました。それを普通の打席でもしてくれればいいんですけどね。

吉見んのタイムリーは完全に試合を決めたタイムリー。
この回だけで3度目の満塁となった荒木のところでヤクルトに首位争いの引導を渡すタイムリーを打って貰いたかったのですが、心優しい荒木は捕邪飛。
その後も打って打って打ちまくって、16安打12得点の快勝。森野が2日間で9打点を荒稼ぎして一気にブランコを抜いて打点王に。4月5月を振り返ればありえない出来事ですが、それだけイバアラが出塁してた証拠でしょう。

投げては吉見んが、ゆる~い試合展開の中、集中力を切らさず無四球でまとめて12勝目。




明日は小笠原とユウキのリマッチですかね?

打線爆発の翌日、小笠原の援護運・相性・ちっとも学習しない脳みそ・反省の姿勢すらないふるまい…
いつもなら小笠原ごときには何にも期待しないのですが、明日ばかりはちょっとは気をこめて応援しようかな、と。ヤクルトからしてみれば、小笠原ごときに引導を渡されれば諦めもつくでしょ。
最近経験のないAクラスにずっといてしんどかったでしょ、楽にしてあげますよ。


[ 2009/08/14 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

振り払え打球は遥か彼方ブランコ 

8,13 vsT ○ 9-3 #42

京セラ123456789 

Dragons

0000006039

Tigers

2000000002

D:川井-○河原-高橋-浅尾-ネルソン

C:●久保-江草-ジェン


valuable player:井端 5-2 2RBI



昨日の試合からたまっていたイライラを振り払う4番の一撃。4番が打てばヤッパリ強い。


その号砲をゴングに、和田が続いて、藤井も良くバントを決めましたね。そして谷繁をなぜか敬遠気味で歩かせた後、代打・立浪様。
ブラゼルの面白守備で場内の雰囲気が微妙な感じになったところで、その隙を見逃さない井端の”決め打ち”タイムリー。谷繁のガラに合わぬ劇走で、一気に逆転。


ただ、河原を6回で降ろし、立浪も起用し、あと3イニングも残ってる割には激しい消耗で、ドラゴンズ的には手札がほぼ無くなった状態になっていました。
しかし、次の回打席が回ってくるからだとか、風船待ちのファンをこれ以上待たせられないとかいうしょーもない理由があったのか知りませんが、久保はまだ続投。

明らかに気力も体力も果ててしまっていて、敵のこっちですらかわいそうとも思える状態でも続投させる真由美ちゃんはアホなのか?と。信頼できる中継ぎがいないなら、エース級の活躍をしている久保を引っ張るのも分からなくはないが、阪神といえば12球団最高の中継ぎを抱えているチームであり、それが唯一の長所ではないのかと。

落合中日のライバルとして高め合ってきた岡田阪神なら、久保が一発を浴びたところで継投に入り、渡辺-アッチソン-藤川と繋いで簡単に勝っていただろうに…。
真由美ちゃんの采配は酷いとは聞いていたけど、これほどまで酷いとは…


と、まぁ、アチラさんのことはこれくらいにしといて、
この登板がとってもとっても大事だった川井ちゃんのピッチングは、前回滅多打ちの時と変わらないくらい悪くて…それでも6回途中2失点に抑えたことはいい材料だったと思います。
攻撃でも低レベルな阪神の策と、河原のプロのリリーフに助けられたんですけどね。相変わらずの強運で負けは付かなかったですから、これをいいことに、切り替えてもらってほしいです(そういう性格じゃ無さそうだけど)。



それにしても、こんなにも、相手から勝ちを譲ってもらう試合も珍しいよなぁ…(笑)
[ 2009/08/13 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(2)

確率 


京セラ123456789 

Dragons

0000001001

Tigers

00020040x6

D:●朝倉-小林-河原

C:○岩田


valuable player:none



1 (遊) 井端
2 (二) 荒木
3 (三) 森野
4 (一) ブランコ
5 (左) 和田
6 (右) 李炳圭
7 (中) 英智
8 (捕) 小山
9 (投) 朝倉

このオーダーでvs岩田。

4番と、6番以降が使えないこのオーダーで岩田相手に勝つには、相手捕手が狩野という事を突いて荒木に走ってもらう。その荒木は塁に出るために、ゲッツー崩れでも塁に残れるように井端には四球かシングルでお願いする。
よって、1死2塁(荒木)でバッター森野、あるいは2死12塁でバッター和田。
この場面で運良く打ち頃の失投が来て、なおかつその甘い球をファールにせず、かといって『あたりがよすぎてランナー3塁止まりでしたテヘ』という打球ではないヒットで、荒木を還すことができるのか?というのがこの試合、点を取る唯一の方法でした。


しかも、去年5試合戦って0勝3敗、CSでも8回無得点に抑えられた岩田相手に、この攻撃をせねばならず、
かつ、奇跡的に得た虎の子の1点を朝倉が完封(最低でも7回零封)しなければいけないという…


非常に確率の低い試合であった(笑) 

[´∀`]<しゃーない







エース朝倉はいつまで待ち続ければいいんですか?(´;ω;`)ブワッ
[ 2009/08/12 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

暴れない馬 

横浜スタジアム123456789  

Dragons

1100400017

Baystars

010000003 4

D:○中田-S岩瀬

B:●吉川-加藤武-加藤康-高崎-工藤


valuable player森野 5-5 2HR 5RBI



中田は暴れず、地面が暴れる。

ヒーローインタビューを遠慮するほど(結局、受けましたが)、もったいない9回の内容で記録上は8.2イニング4失点という結果ですが、実質8回1失点と見ていいかと。やはり一年ぶりの完投勝利への厚い壁がどこかにあったのかなぁと思います。

まったく暴れのない胃にやさしいピッチングに終始した賢ちゃんですが、それがニュータイプ賢ちゃんだということでしょうか。
それでも、横浜のバッターがストレートに振り遅れてファールするシーンが多くあったので、球の勢いは落ちてないということでしょうね。

反省としては、9回はもちろんのこと、石川に打たれたスーッと甘く入った初球でしょうね。
次は、ヤクルト戦。ここでも今日のようなピッチングをしてくれるとチーム勝敗はかなり安定するのですが…。



打撃陣は先制弾、中押し弾、ダメ押し弾と教科書のような戦い方。さらには足も絡めました。
ブランコが壊れている今、地味だけど、8番谷繁で点が取れるのは非常に大きいかと。

そしてそのブランコは、高いバウンドのサードゴロでの1点とバックスクリーン横へのHRとで2打点。これで気分良く一日の休みを過ごせるでしょうから、復調に向けてキッチリと打ち込みを行ってほしいです。

[ 2009/08/09 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

結果の分かってた試合 

横浜スタジアム123456789  

Dragons

21004100210

Baystars

100010100 3

D:○吉見-パヤノ-H浅尾-小林

B:●吉見-高崎-石井


valuable player森野 5-5 2HR 5RBI




吉見が勝つというのは最初から分かってたこと、もっというと青いほうの吉見が勝つことも試合前から決定的に明らかだったことでした。

ただ、結果が分かってる試合だったとしても、妙に締まりがない試合で、勝ったから良かったというもののブランコの壊れっぷりは半端ないものがあり、死球を喰らって退場して以来、別人になってしまっています(元に戻ったというほうが合ってるかw)。

しかもそれが、肘が悪いから打球にノビがないとかいうものではなく、低めの変化球に対して扇風機化しているから、余計に厄介。肘がわるいからあそこのボールを振ってしまう、ということもないでしょうし。
その原因となったのは紛れも無く館山であり、あの1球で今まで築き上げたブランコのバッティングがガラガラと崩れていってしまってます。

ただ、ここ2年ずっとやられてるとはいえ、今更館山だのヤクルトだのを責め立てるつもりは一切なく、来週の金曜に当たるであろうから、そのときまでに早く対策を立てろと思っています。
その館山、今日は気持ちよく被弾されてヘロヘロなピッチングをしてたけど、来週の中日戦にはキッチリしてくることはもう分かりきっていることであり、今日の登板はフェイク、調整登板、社会貢献と心して決して油断しないように。


ね、吉見ん。



打つほうでは、大敗の試合で2安打した英智がご褒美スタメン。2回目の和田さんとの勝負を避けたあとの打席では意地のヒットを打ち、9回には試合を決めるタイムリー。
5回の小池さんの2点タイムリーで和田さんとの岐阜商コンビハイタッチが印象的でした。


これで、GWの初戦で負けて以降、負け無しの9連勝ですか。すごい相性ですね。
明日は小笠原。そろそろ止まるね。(結果の分かってる試合その2)
[ 2009/08/07 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

一時停止 


ナゴヤドーム123456789 

Tigers

5300010009

Dragons

0000300202

T:○久保-渡辺

D:●川井-ネルソン-小林-高橋


valuable player:none




そろそろ止まる、そろそろ止まる、と思い続けて2ヵ月半。長らく続いてきた川井ちゃんの連勝がついに止まりました。
まさかこのままシーズン無敗で終われるなんて、本人も首脳陣も、ファンも誰も思ってないでしょうから、負けられない巨人・ヤクルト相手ではなく、取りこぼしの出来ない横浜・広島相手でもなく、阪神相手だった、というのはの良い方向に捉えましょう。

まぁ、とにかく、この次の登板が大事ということです。そういうこともあって谷繁を先に引っ込めてでも6回まで投げさせたんでしょうね。
まぁ、その6回にも点を取られたんですけど…^^;

ただ、次の登板(来週木曜)は京セラに移っての同じ相手とですから、今回の反省を生かしやすいというはラッキーですね。期待してます。


にしても、最近の傾向、勝つときは接戦、負けるときは大敗というのは、非常に分かりやすくて、非常に効率が良い。
勝ちパターンのブルペンを休ませることもできるし、主力野手を途中で下げることもできるし、自分の試したいことを自由にマウンドや打席で試せることができますからね。
接戦を落としても、0-21で負けても、1敗は1敗。上との差を縮めるのはやっぱり自分で頑張るしかない!と思い始めた矢先の、巨人の試合がない日の試合だっただけに、勝ちたかったのですが、以前にも言いましたが、”勝負はまだ先”ということで。


とは言いつつも、今日現地に行かれた方はホントに気の毒ですな。ま、次こそは勝つぞ!とまた今度も足を運んでください。
例えばそれが僕みたいに、東海地区に住んでない方で年に一度のナゴドだったのに…という方だったら…かける言葉もない、かな。


いやいやいやいや、僕に言わせれば『アッキーを生で観れるなんて、なんて贅沢なんだ(゚∀゚)ウラヤマ!』ですよ。ホントに。
あぁ早く、勝ちとアッキーが同時に見れるようになってほしいなぁ、顔晴れアッキー。


[ 2009/08/06 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

まだまだ 


ナゴヤドーム123456789 

Tigers

0010000001

Dragons

00103020x3

T:●岩田-アッチソン-江草

D:○朝倉-H浅尾-S岩瀬-


valuable player:井端 3-1 2RBI




■落合監督
「(朝倉について、理想はまだですか?)理想が高いだけにな。
ただそんな中でそう点が取れるピッチャーじゃない岩田からよく3点も取った。」


仰る通りでございます。

世間はどう思ってるかは知ったこっちゃないけど、僕は監督と同じで朝倉に対してはかなり大きな理想を持っています。憲伸が抜けたあとのエースの座は朝倉だ、とずっと言ってきましたから。
初回炎上しようが、スタミナ切れで7回にリードを吐き出そうが、理想はかわらず高く持ち続けていたので、だから今日の7回1失点のピッチングではまだ満足できないです。

朝倉+ナゴヤドームといえば、ホームランなぞ一本も打たれないのが普通で、まぁ村田とかガイエルとかのドラゴンキラーを装備したパワーヒッターならまだしも、鳥谷に打たれてるようじゃ、まだまだです。


ただ、天敵とは言わないまでも、難敵・岩田相手に投げ勝ったこと(岩田よりも長くマウンドにいたこと)は評価していいかと。
来週の水曜日も同じマッチアップであたるでしょうから、チェンのあと、朝倉で勝ってカード勝ち越しを早々と決める形にしたいですね。
[ 2009/08/05 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

チェン・ウェインがかっこよすぎる 

8,4 vsT ○ 7-0 #21 etc

ナゴヤドーム123456789 

Tigers

0000000000

Dragons

00003004x7

T:●安藤-筒井-ジェン

D:○チェン


valuable player:チェン 9IP 0ER 12K




いやー、チェン素晴らしいね。ホントに。

今年チェンはセ界NO.1左腕スターターになるとキャンプの頃からずっと言ってきた自分すごいでしょ?という自慢のことも書きたいんですが、セ界なんていうちっぽけな範囲に留めていたことが恥ずかしい。

マウンド上で力強く仁王立ちし、左手一本で立ち向かう相手を消し去り、絶対的な支配力で観衆の注目を一点に集め、圧倒的な権力で君臨する王様についてあれこれ言うのは申し訳ないくらい。
チェンの素晴らしさというのは評論を域を超えています。

このままいけば…ドラゴンズとか球界ナンバーワンとかそんなケチなレベルの話でも無い存在になることでしょう。

こんなにスゴイ投手が間近にいるんなら、少々無理しても現地に行くべきだと思う。毎週火曜はチェンの日。忘れずに。
[ 2009/08/04 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

勝った 


神宮野球場1234567891011 

Dragons

012000000035

Swallows

101001000003

D:中田-H河原-Hパヤノ-○浅尾-S岩瀬

S:由規-H松岡-H五十嵐-H林昌勇-H押本-●萩原-李恵踐


valuable player:荒木 5-1 3RBI



アサタクが苦心の投球から、2イニング目は夜叉ごとくピッチングをしているのをブルペンから指くわえてみてるだけのアッキーの存在意義って…

もつれることが多い神宮だけど、延長はややレア。7回8回に決勝打を打たれているってことですよね…。
この日は魔の7回8回、魔のバント処理、魔の外人コンビを何とか切り抜けることは出来ましたが、いろいろ苦労して、得たものは…"白星"といえばそうなんですが…。
ヤクルト特に神宮での苦手意識を払拭できたとは全く思えない試合で、むしろ勝ってもなお恐さが増したという変な試合。現地行こうかなと思ってたけど、行かなくて正解だった^^;


暴れていけない方向に暴れる暴れ馬・中田のピッチング。
チャンスで打てる雰囲気のかけらも無い谷繁。その谷繁に代打を出さない采配。何のために小田を上げたの?
最後にはオイシイとこを全部持っていった荒木は、それまでの打席が酷いものだったし。
その殊勲打のあとの四球&乱闘騒ぎ。
まぁ、勝ったから、良しとしましょうか。ね。


にしても、小池さんにアサタク、岩瀬様まで。
ここで褒めた選手、挙げた記録がことごとくまずいプレーをし、ことごとく止まりましたね。そろそろ川井ちゃんも止まる頃でしょうか(←3ヶ月くらい前から言われてる)。
長い連勝(記録)はそろそろ止まるだろう~っていうのは何度も言ってる僕の考え方ですが、それにしてもここで止まってしまうとは。

まぁ、ここで止まったので明日からは大丈夫でしょう。…ってこれは違う。
こういうのを止めてもらうのは横浜とか広島とかのお得意様相手にやってもらって、目下最天敵のヤクルト相手にはいつも通りのピッチングをしてほしいんですけども…。
[ 2009/08/02 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。