スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ピンクリボンデー 

ヤフードーム123456789  

Dragons

000210100 4

Hawks

120100001x 5x

D:川井-中里-小林-H浅尾-●高橋

H:杉内-H攝津-○ファルケンボーグ


valuable player:浅尾 1IP 2SO



ピンクリボンデー。だからどうしたということもなくサヨナラ負け。
べーすがピンク色でした。だからどうしたとい(ry


アサタクが久しぶりに登板しましたね。登板間隔があいていたので、ちょうど今日先発するかなとちょっとは思ってたんですが、中継ぎで登板しました。小久保、多村、長谷川に対して完璧なピッチングで、わずか8球で三者凡退。最速は151キロで三振も2つ奪いました。
これで、アサタク登板試合3試合連続でサヨナラ負けだなぁ…。


久しぶりといえば、中里が数百日ぶりの登板。登録されて即の登板でした。
イニング跨ぎとなった6回の先頭に、あっさり四球を与えるあたりは相変わらずの課題ですが、問題のストレートのノビに関していえば、良かったほうだと思います。小久保がファールした球とか、森本への決め球のアウトローストレートとか。


登録といえば井上もそう。代打であっさり中飛でしたが、ファルケンボーグ相手に三振を喫しなかったのは彼だけですから、よく頑張ったというところでしょうか(ねーよ
2軍で.114の井上。このタイミングで上がってきたのは、地元九州でのラストゲームだからでしょうか。


先発の川井ちゃんは、負けは消してくれるけど、勝ちは付かない典型的なピッチング。球数も多かったし、バッティングセンターのように打ち込まれてました。
それでも防御率はまだ2.76だし、ここまで6試合で負けは無し。ここでもう一踏ん張りして小笠原の名前を忘れさせてほしいですね。



打線に関しては、1ヶ月前ならズルズル0-9で負けてたであろう試合(4・29、1-7)を、一度は追いつけただけ復調してきた、と捉えましょう。来月にはこういう試合をひっくり返せてるといいですね。(ターゲット:6・28vsC)
スポンサーサイト
[ 2009/05/31 22:00 ] 09' 交流戦 | TB(0) | CM(4)

吉見んとチェン ~第4話~ 

5,30 vsH ● 5-9 #21
ヤフードーム123456789  

Dragons

000100000 1

Hawks

000000011 2x

D:チェン-●長峰-河原-高橋-平井

H:大隣-水田-○佐藤-H攝津-Hファルケンボーグ-馬原


valuable player:平田 2-1 2BB




ドラゴンズが誇る2枚看板、吉見んとチェンの交流戦。
涌井・岸がなんだ。和田・杉内がなんだ。吉見ん・チェンのほうが左右のバランスがいいし、タイプも違うから見栄えが良い。この交流戦の活躍で一気に全国区へ、と考えてる次第でございます。


さて、そのチェン。
今季初めて、”悪いチェン”をみました。まずスピードが出ない。元々チェンは球速で勝負する投手ではないので、常時150以上が出るということはないのですが、今日は最速で143キロ。さすがにこれは遅い。
初回から、100キロを割るカーブを使ってストレートを速く見せようとしていましたが、そのカーブでストライクが取れない悪循環。それでも2回までは上手いこと切り抜けましたが、3回に入るとストレートの球速の力のなさが顕著にあらわれ、自らのミスも絡んで、最後はストレートを中堅奥まで運ばれて2失点。

この場面で、内外野は1点もやりたくない前進守備を敷きました。前進守備を敷くことは悪くないと思うのですが、序盤で、バッターが本多で、外野までも前進守備させるということは、ベンチが『うちは1点でも取られたら勝てません』って言ってる様なもんじゃん。

4回、1点2点どころか3点も取られ、ベンチから言わせると『もう勝てましぇーん』状態の中、チェンは自らマウンドを降りていきました。
だってベンチが勝てないって言ってるんだもん。しかも自分の調子も悪いんだから、降りたくなる気持ちもわかります。防御率も悪化せずに済みますしね。


普段はチェンに勝ちをつけないクソ打線、今日はチェンの負けを消してやりました。
[ 2009/05/30 21:00 ] 09' 交流戦 | TB(0) | CM(2)

アッキー誕生日おめでとうキタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!!! 

【祝】誕生日*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!!!

5,02 Hamasuta 014-
わーい

5,02 Hamasuta 123-   5,02 Hamasuta 122-


今ごろ福岡でブルペン仲間にチョッカイ出されてんのかな?



岩瀬、平井、河原、コバマサ、長峰、アサタク、山内

ん~~…アサタクと山内と3人でひっそりパーティーかな。

5,02 Hamasuta 045-

あ、でも意外とコバマサとも仲良いんだよね。
あきのぶと齊藤とはいっつも話してるけど、2人とも2軍調整中。逆にアサタクと話してるところはあんまり見たことないなぁ…。


夜は朝倉と藤井がセッティングした合コンに行ってるかも。
一緒に飲んだねーちゃんに自慢の食べっぷりを疲労したあと、シメで屋台のとんこつのラーメン巡りしてそう(ヽ´ω`)


5,04 Hamasuta 071

ネルソンもコンパしたいらしい (2軍です)



そして球団からの誕生日プレゼントがこれ→


山口 24試合 防御率1.00
江草 23試合 防御率1.59
高橋 19試合 防御率4.50←
横山 20試合 防御率1.47
五十嵐20試合 防御率1.46
山口 18試合 防御率2.42

(ノд`@)アター
(ヽ´ω`)オルスタデレネ
[ 2009/05/29 23:00 ] その他 | TB(0) | CM(2)

よしみんとチェン ~第3話~ 

5,28 vsE ○ 2x-1 #19

ナゴヤドーム12345678910 

Eagles

00000000101

Dragons

0100000001x2x

E:永井-有銘-小山-●青山

D:吉見-高橋-H平井-岩瀬-○長峰


valuable player:吉見 7.2IP 0ER




ドラゴンズが誇る2枚看板、吉見んとチェンが交流戦デビュー。
涌井・岸がなんだ。和田・杉内がなんだ。吉見ん・チェンのほうが左右のバランスがいいし、タイプも違うから見栄えが良い。この交流戦の活躍で一気に全国区へ、と考えてる次第でございます。

さて、その吉見ん。
立ち上がり、いきなり小坂と草野にストレートを立て続けに打たれ、連打を許します。すると谷繁は、山崎武と鉄平には変化球中心のリードに切り替え、いずれもフォークで打ち取りました。リードのこととかはよく分からないんですが、ここらへんはさすが谷繁といったところでしょうか。
2回は森野がしょうもないエラー(今季11個目でリーグトップ。いい加減にしなさい)。しかし、下位に降りていく打順だったので、問題なく0点に抑えました。

立ち上がりにやや手こずったこの日でしたが、それ以降はいつも通り。適度に三振を奪い、特に山崎武に対しては3打席連続で三振を奪い、計6奪三振。そういうタイプではないですが、65奪三振はリーグトップです。

味方の援護に左右される最多勝は無理だとして、最多奪三振は自分の力(と谷繁のリードも)で獲れるタイトルですから、野手陣のいじめに耐えたご褒美として獲って貰いたいですね。



また、この日はバッターボックスでも奮闘。
谷繁敬遠のあとの第1打席。ファールファール、またファールで喰らいついて11球。この打席は見逃し三振に倒れましたが、次の打席ではセンター前ヒット。
3打席目は2死3塁。もうここでしか点が取れないと思ったでしょう。結果はピッチャーゴロでしたが、試合を通じて、最も気合がこもっていたのは打者・吉見んとはどういうことか。



吉見、フォークさえた7イニング2/3 3安打0封
■吉見
「何でも1番はいいことですけど、ボクは三振を取るピッチャーじゃないので。そこだけは勘違いしないようにしたい。自分の持ち味はゴロアウトを取ること。」
「オフもマシンを打ったり、春のキャンプでも練習しました。去年は『絶対アカンわ』と思って打席に立ってたんですけど、今年はいい打者、たくさん安打を打っている打者のマネをしようと思ってやってるんです。ステップを踏んだり…」

-----------------

おぉ…泣ける。ごめんよ吉見ん。
[ 2009/05/28 22:00 ] 09' 交流戦 | TB(1) | CM(0)

借金 


ナゴヤドーム123456789 

Eagles

0101000103

Dragons

0001001002

E:○田中-川井-グウィン-H有銘-H小山-S青山

D:小笠原-●高橋-小林-河原


valuable player:none




しょせん、小笠原(笑) 李炳圭(誰) と言ったところでしょう。全国4000万のアンチ李炳圭大歓喜!

マッチアップを見る限り、勝つことは難しいとは思ってました。もっと大差の試合になると思ってました。
ところがところが、試合になっただけ良かったじゃないか。


決勝打はのりさん。元所属の選手にやられるのが本当に好きだよな。
塁を埋めるという選択肢もあるなかで、今年はここまでことごとく勝負してるわけですが、坂本に逆転2ラン打たれた試合は、『これからずっと戦う相手にシーズン序盤から逃げるような手(=負けを認める手)は打ちたくない』というプライドが勝負させたんでしょうが、楽天とは多くて4試合。

坂本を敬遠すれば、勝ち越しのランナーになる&中軸に繋がっていく。ここはのりさんを敬遠しても、勝ち越しのランナーは2塁にいる&下位に降りていく。
結果論だけど、敬遠のほうがよかったと思う。



■セ・リーグ三振ランキング
1 ブランコ(中) 45
2 吉村(横) 40
3 藤井(中) 39
3 デントナ(ヤ) 39
5 小笠原(巨) 34

ちょっとあなた。一人場違いの選手がいるじゃないの。


■某選手打席別成績
左打席 .303 (119-36)
右打席 .244 (41-10)

左打席だけに専念したらどうなの。

[ 2009/05/27 22:00 ] 09' 交流戦 | TB(1) | CM(2)

野球動画紹介1 



ネタがない日はYOUTUBEに限る。
星野ジャパンの砦という部分を除けば、良動画。
[ 2009/05/26 22:00 ] その他 | TB(0) | CM(0)

アッキー復帰で5割復帰 

5,25 vsF ○ 10-4 #4 #2 #6 etc

ナゴヤドーム123456789 

Fighters

0020000024

Dragons

01000170x10

F:●糸数-建山-江尻-宮本

D:○朝倉-H高橋-小林-平井-山内


valuable player:高橋 0.2IP 0ER



 
~ 本日 (5月25日)の出場選手登録異動公示 ~

出場選手登録
 中日ドラゴンズ         投  手   26   山内 壮馬
 中日ドラゴンズ         投  手   67   高橋 聡文
 中日ドラゴンズ         内野手   25   新井 良太
 中日ドラゴンズ         外野手   7   李 炳圭

出場選手登録抹消
 中日ドラゴンズ         投  手   0   金剛 弘樹
 中日ドラゴンズ         投  手   49   M.ネルソン
 中日ドラゴンズ         捕  手   52   小田 幸平
 中日ドラゴンズ         内野手   36   谷 哲也


(変なんと一緒に)アッキー復帰キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

落とされた試合の内容を考えると、まさか最短の今日復帰するとは思ってなかったし、5月29日、アッキーの誕生日に登録してくれたら監督も粋な人だなぁなんて考えてたら、なんと最短で復帰!
監督もアッキーが好きで好きで堪らないんでしょうネ。ムフフ。


数えるのもイヤになるくらい経験した『あと1つ勝てば5割復帰』の試合をエース朝倉が、悪いなりにも6回を2失点にまとめました。
チャンスで併殺の荒木が、守備で挽回しました。
復帰のあきふみが、前とは見違える投球でピンチの芽を摘み取りました。
同じく1軍戻ってきた変なやつに触発されて、藤井が猛打賞を記録しました。
相手のミスに乗じ、打って打って打ちまくりました。
大差が付いてもコバマサは自分の仕事を全うしました。



5割復帰。
しかし、次の試合がとても大事。マークンだかまさおだが知らないが、こっちは吉見んで勝つ!マークンに投げかって、一気に全国区へ!チャンスだ、吉見ん!










え?あさって小笠原?
まーた借金1か('A`)
[ 2009/05/25 22:00 ] 09' 交流戦 | TB(0) | CM(0)

カベ 

5,24 vsF ○ 1-0 #17

ナゴヤドーム123456789 

Fighters

0000000000

Dragons

00010000x1

F:●武田勝-江尻-菊地

D:○川井-H河原-S岩瀬


valuable player:川井 7IP 0ER




ナゴヤドームに帰って来ての交流戦。

”浪人生”河原のデビュー日となりましたが、川井ちゃんがよく投げたな、というのがこのゲームが全て。
投球スタイルや人気、風貌、フォームさらには援護が少ないというところまで小笠原と似たり寄ったりな彼ですが、少ない援護点でも必死に耐え忍ぶことができる点が、小笠原とは決定的に違うところ、かつ、3つも勝てる理由。
ライナーゲッツーや和田さんの2つのファインプレイもあり、虎の子の1点を守りきったというのはスバラシイ。
約1ヶ月で小笠原は越しましたね。夏場に苦しい時期が来るでしょう、その壁も乗り越えて欲しいです。



大宮でボディブローのように効く2HRを放ったかと思えば、この試合は試合を決めるHR。
ブランコにもだんだん4番の風格が漂ってきましたね。打率もいつのまにか.312まで上がってきました。
さて、ブランコにも夏場以降、相手も研究してきて不振に陥る時期が来るでしょう。そんな不振の時期でも、自暴自棄にならず、監督の教えを守り、ボール球は振らないとか犠牲フライで打点はキッチリ稼ぐとかして不振の時期を乗り切って欲しいですね。これも一つの壁です。


8回は河原が登板。彼の経験に期待したということでしょう。
昨日のアサタクと同じく2塁打を打たれましたが、2死から。これぞ経験って感じがします。

経験と言えば、アサタクも、出て来ては打たれる、今のような状態は経験にないでしょうね。
これも壁。わりと早いうちにやってきました。



さてさて、チームはこれで何度目かの『借金1』。ここ最近、5割復帰まであと一歩のところで戻されてます。これも一種の壁かな。

その壁を壊すのは、エース。朝倉頼んだぞ。



[ 2009/05/24 22:00 ] 09' 交流戦 | TB(1) | CM(2)

よしみんとチェン ~第2話~ 

千葉マリン123456789  

Dragons

000100000 1

Marines

000000011 2x

D:チェン-浅尾-●平井-小林

M:渡辺俊-○シコースキー


valuable player:チェン 7IP 0ER




ドラゴンズが誇る2枚看板、吉見んとチェンがついに交流戦デビュー。
涌井・岸がなんだ。和田・杉内がなんだ。吉見ん・チェンのほうが左右のバランスがいいし、タイプも違うから見栄えが良い。この交流戦の活躍で一気に全国区へ、と考えてる次第でございます。


さて、そのチェン。
初回、西岡にヒットを打たれ、その西岡の足を気にし過ぎるあまり、連続四球から満塁のピンチを迎えますが、里崎三振、ベニーサードゴロでチェンジ。いずれも変化球でした。
2、3回は三者凡退抑えましたが、それ以降は1,2塁・1,2塁・2,3塁とピンチの連続。それでも、先頭打者はキッチリと斬っていたので、幾分ラクな状況。
中盤はストレートを決め球に打者を手玉にとっていきました。小山とのコンビネーションも今日もバッチリ、和田さんの拙い守備は、藤井のダイビングキャッチが補ってくれました。

7回にも、サブローの打球を井端がファインプレイ(普通です?)でダブルプレー。
合わないマウンドに苦しめられながらも、審判の安定しないコースにも苦しみながらも、7回を零封。序盤球数が多めでどうなるかな、と思いましたが、終わってみれば7回114球。上手いことまとめました。
防御率も1.50からさらに良くなり、1.33となりました。

[ 2009/05/23 22:00 ] 09' 交流戦 | TB(0) | CM(0)

よしみんとチェン ~第1話~ 

5,22 vsM ○ 4-1 #19
千葉マリン123456789  

Dragons

002000011 4

Marines

000000100 1

D:○吉見-H平井-S岩瀬

M:●大嶺-伊藤-橋本健


valuable player:森野 5-2 1HR 2RBI




ドラゴンズが誇る2枚看板、吉見んとチェンがついに交流戦デビュー。
涌井・岸がなんだ。和田・杉内がなんだ。吉見ん・チェンのほうが左右のバランスがいいし、タイプも違うから見栄えが良い。この交流戦の活躍で一気に全国区へ、と考えてる次第でございます。


さて、その吉見ん。
千葉マリンの強風の影響か、コントロールが定まらず、球数がかさみ、三者凡退が一度だけと苦しいピッチングが続きましたが、味方の記録に残らないミスにもめげず、ギリギリのところで抑えるのはスバラシイ。
出来れば7回は代えてやりたかったんでしょうが、あの場面を継げるピッチャーはいません。金剛、河原、長峰…このあたりは何のために1軍にいるんでしょうかw


打線は地味ぃに今季初の先発全員安打で、吉見んを(必要最低限の)援護。
大嶺が立ち直ったとはいえ、吉見んが苦しんでる中盤で何もしてあげないのは、見慣れた光景だけど、さすがにかわいそう。そういう意味では、森野は失投を逃さずによく打ったし、逆に、アレがなければ…と思うと…。


吉見んが降板した8回、9回に追加点が入ったのは、ただの偶然じゃないと、真剣に思う。
[ 2009/05/22 22:00 ] 09' 交流戦 | TB(0) | CM(0)

valuable player まとめ 4 

その試合で一番価値のある活躍をした選手を表彰している”valuable player”の項。

その項目の集計をしましょう、というコーナー(。ノ'ω')ノ その4


5・12 vs.東京○ 岩瀬仁紀 1IP 2SO
5・13 vs.東京● none
5・14 vs.東京● 森野将彦 5-2 2RBI
5・15 vs.横浜○ 吉見一起 10IP 0ER
5・16 vs.横浜○ チェン 9IP 1ER
5・17 vs.横浜○ 浅尾拓也 2IP 0ER

期間 6試合 4勝2敗
全  38試合 18勝20敗

ここまで全まとめ  全38試合
4度 吉見一起 チェン・ウェイン
3度 和田一浩 森野将彦
2度 藤井淳志 荒木雅博 ネルソン 朝倉健太 井端弘和 浅尾拓也
1度 野本圭 山井大介 小池正晃 立浪和義 小山桂司 岩瀬仁紀
none 6度




防御率0.77 7試合 3勝1敗 大竹
防御率1.65 7試合 3勝2敗 吉見
防御率1.50 7試合 2勝2敗 チェン
防御率4.79 9試合 5勝3敗 グライシンガー

グライシンガーが異常なのか、大竹吉見チェンが異常なのか…
[ 2009/05/21 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

7番DHデラロサ 

5,20 vsL ● 1-2x #2 #4
西武ドーム12345678910  

Dragons

0100000000 1

Lions

0001000001x 2x

D:小笠原-●浅尾

L:石井一-○野上


valuable player:ブランコ 4-2 1HR 1RBI



西武ドーム。
GW以来の関東ということで、現地突撃のドラファンも多くいると聞きましたが、僕はおうちで観戦。ソファーに寝っころがりながらヤフ動で観るのが一番快適です。


一発病、そして無援護。
小笠原の特長がフルに発揮され、試合は延長へ。
10回にアサタクが2死から3連打を浴びてサヨナラ負け。引っ張りに引っ張った3イニング目でした。

奇しくも西武も2番手の野上を同じく3イニングも引っ張ってましたが、ブルペンの状況はお互い一緒。このような継投になるのは当然でしょう。


とにかく打てない。バントも出来やしない。5割復帰は霧の中。


アサタクが打たれたのは、他の中継ぎが信頼されてないから。
荒木のスクイズ失敗は、森野の状態が悪すぎるから。と批判の矛先が失敗した選手に向かないのはどういうことなんでしょうか。
[ 2009/05/20 22:00 ] 09' 交流戦 | TB(0) | CM(2)

6番DHデラロサ 

県営大宮123456789  

Dragons

000101041 7

Lions

011100110 5

D:○朝倉-H浅尾-S岩瀬

L:岸-H星野-●大沼-小野寺


valuable player:ブランコ 4-3 2HR 2RBI




良く勝ったな。良く勝てたな。というのが感想。

同じ打者に同じ様に打たれる、エラー絡みで点を取られる、一発厳禁の所で一発を浴びる。点の取られ方としては最悪。
ですが、点を取られたイニングは全て最小失点で食い止めましたし、試合を分ける山場であったであろう6回のピンチを、大崎のボーンヘッドもありましたが、0点に抑えたのがいわゆる”試合を作った”ってやつなんでしょう。
長年ローテとして働いている経験が成せる業ですね。明日の小笠原はこれが出来ないからダメなんです。


打つ方では散々森野が足を引っ張って、普通ならそのままズルズルいく展開しか見えなかったのですが、ブランコの2発がボディーブローのようにじわじわと効きましたね。暴投も甘く入ったら打たれるという心理が働いたのではないでしょうか。
これでパ・リーグが恐れてくれれば(゚∀゚)ニヤニヤ


しかし西武との試合は、『序盤完敗モードだけど逆転しちゃう』試合が毎年一度はありますね。
一昨年は6月8日。初回に3点を失うも、乱打戦に持ち込み1点差の9回岩瀬で逃げ切りと思いきや、中島にまさかの逆転2ラン。しかしそのウラに英智のサヨナラタイムリー。
去年は5月31日、打撃妨害やら一発やらで順調に失点を重ねたあと、ボカチカの緩慢守備で荒木が1塁から一気にホームインして逆転した試合。
そして今年は5月19日、と。

[ 2009/05/19 22:00 ] 09' 交流戦 | TB(0) | CM(0)

流れが交わる戦い 

2009logo_80.gif

今年もやってきました、流れが交わる戦いが。

ドラゴンズは右手に吉見んという槍を持ち、左手にチェンという盾を持ち、セットアッパーアサタクという鎧を装備して、5年目を迎えた交流戦に挑みます。

1カード2試合というゆとりのある日程なので、8勝クラスの先発をそろえているチームより、17勝クラスを1人、あるいは12勝クラスを2人そろえているチームのほうが絶対的に有利。

ダルがいるハム、岩隈・田中マークの楽天、杉内・和田のソフトバンク、あたりは優位に進めそうですし、セ・リーグでいえば石川・館山のヤクルト、ルイス・大竹の広島、当たりも面白そうですね。

ドラゴンズとしてはこの交流戦を機に、吉見・チェンの2枚看板がパ・リーグのエース相手に投げ勝ってくれれば、交流戦全体の成績はどうでもいいと言い切れるのですけど。(だってこの2人が勝てば自然と上位に来るでしょ)


課題としては、やはり打線です。3タテで交流戦に入るという形だけを見ればいい形かもしれませんが、相手が横浜じゃなければどうなっていたか、考えるだけ恐ろしい。

パ・リーグの主催試合ではDHを使えますが、ドラゴンズほどDHの使い方が下手な球団は珍しい。(ウッズは下手なのに、リズムが生まれないからとやたら守りたがってた)
今年は和田さんがDHになることが多くなりそうですが、個人的に、和田さんのレフトの守備にはそれなりの評価をつけています。送球が正確なので、補殺でチームを救うというシーンが良くありました。捕手の経験が生きているのでしょうね。

ならばブランコか? じゃあ空いた一塁には誰が入る? 良太?いやこれだったらそのまま良太をDHにしたほうがマシ。小池さんは1Bとしては弱すぎる。う~ん…。


何年か前、4番DHでスタメン出場した中村ハムは一瞬で抹消でされました^q^



嫌なイメージしかない交流戦ですが、実は負け越したのは初年度の1度だけ。こういえばちょっとは前向きになれるか?な
[ 2009/05/18 22:00 ] 09' 交流戦 | TB(0) | CM(0)

セットアッパーアサタク 


ナゴヤドーム123456789 

Baystars

0000000011

Dragons

01000120x4

B:小林-工藤-藤江-真田

D:○川井-H浅尾-平井-S岩瀬


valuable player:浅尾 2IP 0ER




1安打ピッチングをしていた投手に代打を送るという博打を打った試合。
その代打は凡退しましたが、結果的に試合には勝利で開幕以来の3連勝を飾ったので、博打が成功したといえるでしょう。

一番大きな要因は、やはりセットアップのアサタクです。川井ちゃんの好投も見逃せませんが、我が球団のアイドルを前にしては歯が立ちません^^;  (無援護といい、光を浴びないところといい小笠原にそっくり)

さてさて、そのアサタク。最近の先発での不調が信じられないような、すばらしいピッチング。
ほんの少し不安がありましたが、スピードボールと決め球の変化球が一つあれば、セットアップとしてかなり有効なコマンドになります。そこに谷繁のリードも加わって、去年のアサタクが現れました。

アサタクのセットアップ転向(期間限定?)個人的には大賛成。
ですが、去年の吉見んのことがあるだけにあまりムチャな使い方はしないで、というのが全竜党の総意でしょう。アッキーに齊藤にすーさんに祐ちゃん、早く帰ってこーい( ゚д゚)




[ 2009/05/17 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

連夜 

5,16 vsYB ○ 2x-1 #1994 #42

ナゴヤドーム12345678910 

Baystars

00001000000

Dragons

0000100001x2x

B:グリン-H木塚-H工藤-●山口

D:チェン-○岩瀬


valuable player:チェン 9IP 1ER




チェンvsグリンの無援護に定評のある両先発の投げ合いは、その評価に違わぬ試合内容で連夜の延長戦へ。

10回ウラに、ブランコに来日初のサヨナラタイムリーが飛び出し、連夜のサヨナラ勝ち。
同じ10回に試合を決めてくれたので、スコアボードの作成が昨日からのコピペで楽でした。
同じく、全く点が入る気がしない展開だったので、数字を書き換えるのが少しで済んだので楽でした(苦笑


点が取れるとしたら、6回の大チャンスのところ。無死23塁から、野本・藤井が連続三振。
グリンがピンチになって勢いのあるストレートをビシバシ投げ込んできた、ということもありますが、バットに当てさえすれば何かが起きたシチュエーションだっただけに、もったいない。
いや、もどかしいと言ったほうがあってるかな。連続内野ゴロならこういう気持ちにならなかったでしょうから。

開幕直後なら、野本がルーキーらしからぬ落ち着きで簡単に外野フライを打ったでしょう、ノリノリの藤井がタイムリーをかっ飛ばしたでしょう。
しかし、今はそれが出来ない。これが打線の現状です。

まぁ、”いい経験をした”ということで良いんじゃないでしょうか。昨年まではああいう場面で若手選手が打席に立つなんてことはほとんど無かったですから。
いろいろなシーンで場数を踏ませないと選手は育ちません。



チェンは言うことナシでしょ。ジョンソンに一発を打たれましたが、それ以外は完璧。
すばらしいスピンのストレートが糸を引くようにアウトローへコントロールされて、チェンジアップなどの変化球を使っていかにタイミングを外すか、という試みを多く行なっていたのはいい傾向ですね。
吉見んには谷繁だけど、チェンには小山でこれからも戦うのでしょうか。

あとは勝ち星。

グライシンガー 防御率4.26 5勝
チェン    防御率1.50 2勝

こりゃないぜ
[ 2009/05/16 23:00 ] 09' シーズン | TB(1) | CM(2)

いい日でした 

5,15 vsYB ○ 1x-0 #6 #5 #44

ナゴヤドーム12345678910 

Baystars

00000000000

Dragons

0000000001x1x

B:三浦-H木塚-●石井-真田

D:○吉見


valuable player:吉見 10IP 0ER



「いい日になりました」とはサヨナラタイムリーの井端がヒーローインタビューで言った言葉。
観てる自分も、年に一度の記念日をこういう形で勝てて「いい日になりました」。ありがとうございます。


ですが、やはり今日の試合は吉見んのスーパーピッチに尽きるでしょう。こちらもヒロインでは「低目を意識してゴロを打たせた」と言っていましたが、結果的には三振の山。3者連続を含む自己最多の13奪三振を記録しました。
相手の三浦があの出来で、今の打線を考えれば到底点など取ってくれるわけもない中、いくら状態が良かったとはいえ、一点も与えなかったことはすばらしいです。二塁にすらランナーが進んでません。



試合を決めた10回のウラ。もちろん、『もうちょっとすんなりと決めてくれよ』と言うのが本心ですが、代打で送りバントを決めた中村ハムがいい働きをしましたね。
どうせバントをさせるなら同じ打席で同じ守備位置で、自分と同じ誕生日の小池さんを使ってくれよと心の底でひそかに思ってますが…^^;

小池さん本人も意気込んでたでしょうが、出番は無くともダッシュ要員で楽しそうで何よりです。(写真)
[ 2009/05/15 23:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

押し出し 


ナゴヤドーム123456789

Swallows

000300401 8

Dragons

040000100 5

S:高市-鎌田-○松岡-木田-H押本-H五十嵐-S林

D:●小笠原-齊藤-高橋-平井-ネルソン


valuable player:森野将彦 5-2 2RBI





























[ 2009/05/14 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

谷繁復帰 


ナゴヤドーム123456789

Swallows

030002020 7

Dragons

000001000 1

S:○石川-五十嵐-木田

D:●浅尾-高橋-齊藤-菊地


valuable player:none




谷繁が久々のスタメン復帰。
昨日小山が活躍しての今日のスタメンですから、小山がダメだから仕方なく谷繁を使ったという状況ではないので、谷繁の体調は万全とみていいと思います。そうでない場合の可能性があるなら、それはここ最近小山とのペアで結果が出てなかったので、開幕のバッテリーに戻してみた、というところでしょうか。


それでも今日のアサタクはその谷繁でも操縦不能になるほど、悪かったようで。キャッチャーが自信を持ってサインを出せる変化球がパームだけでは、やっぱり長いイニングは難しいですよね。

ちょうど来週から交流戦で、先発投手を1枚減らすことが出来て、しかも軟弱な右のセットアップを補えますが…
将来のことを考えて今年先発に転向させたなら、将来のことを考えると、ここで中継ぎに配置転換するのは有り得ないです。



谷繁復帰と思いきや、取って代わるように井端が負傷交代。
一番欠けてはいけない選手が次々と離脱していきます…。
[ 2009/05/13 23:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

岐阜・長良川 

5,12 vsS ○ 6-3 #13

岐阜・長良川123456789

Swallows

000210000 3

Dragons

02300001x 6

S:●一場-李-松岡-押本-丸山

D:○朝倉-H平井-S岩瀬


valuable player:岩瀬 1IP 2SO



年に一度の地方巡業at岐阜編
岐阜長良川球場は本塁打が出るとバックスクリーン前に設けられた「オーロラ噴水」が水しぶきを上げる、という演出が行われています。

小山のプロ初弾、ブランコの特大弾、和田さんの地元凱旋弾、と3本の水しぶきが、小雨降る中舞い上がりました。
得点は全てHRによるものでしたが、小山のHRは和田さんの暴走を助け、ブランコは超特大&3ラン、和田さんのHRは、朝倉のバント失敗(ゲッツー)から試合の行方がやや不安定になった中、引導を渡す効果的なダメ押し弾。
それぞれが意味のあるHRでした。


先発の朝倉、彼らしいゴロを打たせるピッチング、要所で併殺を奪えるピッチングで3勝目。地方球場では10勝2敗のキラーぶりです。
注文をつけるとしたら、上記のバント失敗のあとのピッチングでしょうか。
川本のHRは完全に余計です。6回は藤井のレーザービームに助けられましたね。


9回は岩瀬が問題なく締めて、通算200セーブ達成。
小雨の岐阜で、1万を割る観客の中達成するのがなんとも岩瀬らしいです。



岐阜県出身の選手
11877_s.jpg
#14 朝倉  勝利投手
11558_s.jpg
#5 和田   2安打、ダメ押し弾
11772_s.jpg
#24 英智   出場なし


[ 2009/05/12 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

valuable player まとめ 3 

その試合で一番価値のある活躍をした選手を表彰している”valuable player”の項。

その項目の集計をしましょう、というコーナー(。ノ'ω')ノ その3

4・21 vs.阪神○ 和田一浩 4-1 2RBI
4・22 vs.阪神○ 和田一浩 3-2 2RBI
4・23 vs.阪神● 吉見一起 8IP 1ER
4・24 vs.巨人○ 山井大介 7IP 1ER
4・25 vs.巨人● 和田一浩 3-1 1HR 2RBI
4・26 vs.巨人○ 藤井淳志 4-3 1RBI 3R

4・28 vs.東京● none
4・29 vs.東京● none
4・30 vs.東京● 吉見一起 8IP 1ER

5・02 vs.横浜● none
5・03 vs.横浜○ チェン 9IP 0ER
5・04 vs.横浜○ 井端弘和 4-2 1HR 1RBI
5・05 vs.広島● 朝倉健太 8IP 2ER
5・06 vs.広島○ 小池正晃 1-0 2BB
5・07 vs.広島○ 立浪和義 1-1 1RBI
5・08 vs.巨人● 小山桂司 3-2 3RBI
5・09 vs.巨人● 荒木雅博 5-3 2ST
5・10 vs.巨人● 森野将彦 5-4

期間 18試合 8勝10敗
全  32試合 14勝18敗

ここまで全まとめ  全32試合
3度 吉見一起 チェン・ウェイン 和田一浩
2度 藤井淳志 森野将彦 荒木雅博 ネルソン 朝倉健太 井端弘和 
1度 浅尾拓也 野本圭 山井大介 小池正晃 立浪和義 小山桂司
none 5度

[ 2009/05/11 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

壮絶、死闘、総力戦 

東京ドーム123456789  

Dragons

112000120 7

Giants

10023002x 8

D:川井-小林-小笠原-高橋-●齊藤-

G:東野-野間口-古川-西村-山口-HM中村-○越智


valuable player:森野 5-4



この試合…壮絶、死闘、総力戦。




なんて思ってるのは向こうだけで、こちらとしてはあの場面で岩瀬が出てこない限り、総力戦でも何でもありません。そういう意味では、巨人は開幕から毎試合総力戦ですよね(笑)



単純にボックススコアを見るだけで、森野の4安打、野本の3安打、ブランコ3打点、立様の勝負強さが収穫になりますし、
齊藤への高い勉強代、小笠原の久しぶりの登板、谷繁の長いイニングの出場は中期的なプランで収穫です。


シーズンの独走といい、交流戦前までの対中日の対戦成績といい、完全に去年の阪神と同じルートを辿ってる件(゚∀゚)ニヤニヤ
[ 2009/05/10 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

チャンスで打てない 

5,9 vsG ○ 1-3 #21
東京ドーム123456789  

Dragons

000000010 1

Giants

020001000 3

D:●チェン

G:○ゴンザレス-山口-S越智


valuable player:荒木 5-3 2ST





最高の形でナゴヤから東京に乗り込んできたのに、なぜ昨日のグライシンガーと今日のゴンザレスから点を取れないんかなぁ…。


ずーっと頑張ってる先発投手陣がいつか爆発して内部紛争、空中分解しそうで恐いです><


7回の攻撃でチェンをそのまま打席に立たせたのは、この先を見据えてといえば聞こえは良いんでしょうが、実際は立様に次ぐ代打がいない、信頼できる中継ぎがいないということです。

荒木が3安打の固め打ち。明日からはアライバに戻るのかな?  といっても彼は4試合1猛打賞で打率を保つ人だから、今日売ったからといって明日も期待できるというわけではありません。


まぁ、結局つまるところ、森野がチャンスで打てるかどうか、にかかってるんですけど。


これでGW9連戦は4勝4敗に。
明日こそ勝って勝ち越したいですが、明日も川井ちゃん見殺しかな…( ´ω`)
[ 2009/05/09 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

秋まで待とう 

東京ドーム123456789  

Dragons

000202000 4

Giants

30212002x 10

D:●山井-ネルソン-菊地-小林-平井-高橋

G:○グライシンガー-西村-M中村-豊田


valuable player:小山 3-2 3RBI




同じ球場で同じチームと対戦するのが2度目になったので、スコアボードのテンプレを前記事からコピペするだけで作れるようになったことだけが収穫。








2死からのチャンスでタイムリーを打てる小山(゚∀゚)カコイイ
[ 2009/05/08 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

立様サヨナラ打キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!! 

5,7 vsC ○ 4x-3 #3 #27 etc

ナゴヤドーム123456789

Carp

000101010 3

Dragons

000200011x 4x

C:前田健-シュルツ-●梅津

D:吉見-○齊藤


valuable player:立浪 1-1 1RBI




立様3年ぶりのサヨナラ打キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

愛弟子野本の会心の打撃に応える師匠。さすがです。 (年なのか打球はやや失速しt…ゴホンゴホン



チーム状態-どん底-で始まったGW9連戦も、6試合終わって4勝2敗。
しかも両カードとも、1勝1敗から接戦をモノにしての勝ち星。

これで乗っていけないはずがありません。
明日から対戦する讀賣もすごい試合をしてましたが、目覚めてない讀賣を倒しても何の面白みもありません。





小田がいない今、誰が先陣を切って立様のサヨナラビシバシをやるのかだけが唯一の不安材料でしたが、谷繁がいましたね。
捕手層、厚いです(笑)
[ 2009/05/07 23:00 ] 09' シーズン | TB(1) | CM(2)

いろんなことでいろいろ止まる 

5,6 vsC ○ 4-2 #41

ナゴヤドーム123456789

Carp

000011000 2

Dragons

00300001x 4

C:●齊藤-梅津-横山

D:○浅尾-S岩瀬


valuable player:小池 1-0 2BB




・スタメンを変更
・アサタクの激走&変なヘッスラ
・NHKの異常なドアラプッシュ
・内野5人
・小池さん流レーザービーム
・岩瀬様3人締め

などなどいろんなことがあって、

・ナゴヤドーム連敗
・vs広島連敗
・vs広島連続イニング無得点

などなどいろいろ止まりました。



最大のトピックはスタメン変更でしょう。
この日は左腕の齊藤が先発予想ということで1番井端、2番小池…8番荒木というオーダーを組みました。3人とも今季初の打順で、荒木に限っては6年ぶり(?)の8番スタメン。
結果的には、井端は先制タイムリー、小池さんは2四球&送りバント&レーザー、荒木は2本の2塁打というかたちで”当たり”ました。

右投手の時はどうするのか?という疑問も、このままの打順でいいと思います。いじっても、1番藤井、2番井端かな。

居心地が良さそうなので、当面、荒木は8番に固定して戦うこととなりそうですから、7番小山の打撃にかかる期待がより大きくなります。
8番荒木が1死からでも出塁→投手で送って、一番頼りになる藤井を迎えるパターンが出来れば最高なんですけど^^;



投げてはアサタクが苦しみながらも8回を2失点。
悪いなりに抑える、という事が出来てたと思いますが、8回のピンチで初球から逆球を投げてしまったのは猛省。小池さんには何度もお礼を言いましょう。

9回には岩瀬様が登板。
谷繁とのペアで全く不安を感じさせない内容と結果でした。


[ 2009/05/06 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

苦難 こどもの日 

5,5 vsC ● 0-2 #14

ナゴヤドーム123456789

Carp

110000000 2

Dragons

000000000 0

C:○大竹-Hシュルツ-S永川

D:●朝倉-平井-菊地


valuable player:朝倉 8IP 2ER




朝倉、お前は悪くない。

大竹に打たれたこと以外は大して反省もしなくていい。
野手陣に怒りをぶちまけてもいい。

だけど、勝ちが付かないからって自分の投球を見失わないでくれ。いや、見失わないでください。




泣くな朝倉。
めげるな朝倉。
腐るな朝倉。

[ 2009/05/05 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

ハマスタ観戦記 -井端のホームランボール- 

横浜スタジアム1234567891011  

Dragons

00000010003 4

Baystars

00010000001 2

D:川井-○齊藤-高橋-S平井

B:小林-H山口-●石井-真田


valuable player:井端 4-2 1HR 1RBI



5,04 Hamasuta 020
#19 吉見 ビシュ!!!

5,04 Hamasuta 010
#49 ネルソン ングゥ!!!

5,04 Hamasuta 013
#14 朝倉 ウォオオォ!!!

5,04 Hamasuta 019
#38 齊藤 トリャーーー!!!

5,04 Hamasuta 022
#67 アッキー ふわ~~ん


5,04 Hamasuta 035  5,04 Hamasuta 048
びちゃー                        べしゃー



5,04 Hamasuta 053 5,04 Hamasuta 054

5,04 Hamasuta 055 5,04 Hamasuta 056
エラーしたので罰のポール間走。いいダイエットですね^q^


5,04 Hamasuta 058
グビグビグビ

5,04 Hamasuta 059
ペエェーーッ (きちゃない


5,04 Hamasuta 087
5,04 Hamasuta 089
5,04 Hamasuta 090
5,04 Hamasuta 091
5,04 Hamasuta 092
ぽかぽか陽気の屋外球場で下が芝生だから、ごろんとしたくなる気持ちも分かるけど、
それを大勢のファンが見てる前でやるかw?

まぁ、アッキーのそういう姿に期待して、練習も楽しみに観に行ってるんだけど。


で、アッキー英語喋れんの?
5,04 Hamasuta 071

5,04 Hamasuta 104
どうやら口の作りが悪くて上手く発音できないらしい(違



5,04 Hamasuta 107
ゴミ係りアサタク


------------------------------


で、試合のほうは、井端が同点HRを打った後、いろいろあって勝利。

そのホームランボールを取りました(゚∀゚)

5,04 Hamasuta 150

5,04 Hamasuta 152


5,04 Hamasuta 118
HR打った後の井端


5,04 Hamasuta 155
副賞のハトサブレ
[ 2009/05/04 23:00 ] 09' 観戦 | TB(1) | CM(8)

セ界NO.1左腕スターター 

5,3 vsYB ○ 2-0 #21 #65
横浜スタジアム123456789  

Dragons

000200000 2

Baystars

000000000 0

D:○チェン

B:●グリン-真田-工藤


valuable playerチェン 9IP 0ER




チェンのウルトラピッチキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

ストレートのノビ、キレ、スピン、コントロール、スピード。全てにおいて完璧、最強。
今季ローテに定着した能見や篠田なんぞとは比較の対象にはならないし、去年の最優秀防御率の石川も、サムライジャパンの内海も、全く歯が立たない。
右バッターをずらっと並べチェン対策をしてきても、アウトローにストレートを投げ込めば打たれる気は全くしない。
ストレートを狙おうと意気込めば、緩いカーブで目線を変え、スタミナが切れてきそうな終盤に攻勢に出ても、113球目のストレートでバットを折る。


セ界NO.1左腕スターター、ここにあり。
[ 2009/05/03 22:00 ] 09' シーズン | TB(1) | CM(2)

底を見た 

5,02 Hamasuta 085
横浜スタジアム123456789  

Dragons

000010000 1

Baystars

11030100x 6

D:●山井-ネルソン-齊藤-菊地

B:○三浦-高崎


valuable player:none




こんな試合でよくもまぁ、入場料を払わせようとするわ。
入場料はもちろん、交通費と時間も返せ、って感じ。


以前、打てる捕手は好きだからポロポロされても別に構わない、なんて書きましたが、いざ現地観戦の試合でそれをやられるとやっぱり萎えるなぁ…。う~ん。

小山もそうだけど、みんな苦しい。打てないし、守れないし、抑えられない。

応援してるファンは苦しいけど、その苦しさなんてプレーしてる選手のそれと比べたら屁でもないでしょう。ここを耐え抜けば、後々いいことが起こるはず。
嬉しさなんて、苦しさを乗り越えてこそやってくるもの。
ひたすら我慢するしかないですね。








前の席の子連れのおっちゃんが「まじめやれやー」とか「なにやってんだよ」とか他にもここには書けないような野次の範疇を超越した暴言を発してましたが、こういうのが一番良くない。てめーのもどかしさと選手のもどかしさを一緒にするな。バカ。
周りのファンの和は乱すし、何より隣に座ってる子供(小3くらい?)が泣きそうな顔でかわいそうだった。こういう大人にはなりたくないね。


写真はまた後ほど更新します。ほとんどアッキーとネルソンしか撮ってないけど(笑)
[ 2009/05/02 22:00 ] 09' 観戦 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。