スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

代表監督 


プレミア12 Game7
韓国 000 000 004 4
日本 000 300 000 3


個人的に小久保裕紀という人間は大嫌いなんだけど、
せっかく代表専任監督を常設化したんだから今回の愚行で解任するのは違うと思う。
小久保の采配には何一つ同意できないし大嫌いだけど。

ブルペンには牧田がいて、今大会被安打0の山崎を温存したのは理解不能だけど、
せっかく代表専任監督を常設化したんだから今回の愚行で解任するのは違うと思う。
小久保の采配には何一つ同意できないし大嫌いだけど。


回跨ぎで2度失敗してる則本を跨がせたのは大間違いだけど、
せっかく代表専任監督を常設化したんだから今回の愚行で解任するのは違うと思う。
小久保の采配には何一つ同意できないし大嫌いだけど。


グループリーグから溜まっていた結果オーライのツケが一気に爆発した格好だけど、
せっかく代表専任監督を常設化したんだから今回の愚行で解任するのは違うと思う。
小久保の采配には何一つ同意できないし大嫌いだけど。


「データ無視の本能で野球する」とキチガイな発言をしてたけど、
せっかく代表専任監督を常設化したんだから今回の愚行で解任するのは違うと思う。
酷保の采配には何一つ同意できないし大嫌いだけど。


結局パリーグの選手しか知らないのかこいつはとは思うけど
せっかく代表専任監督を常設化したんだから今回の愚行で解任するのは違うと思う。
酷保の采配には何一つ同意できないし大嫌いだけど。

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2015/11/19 23:00 ] 15' プレミア12 | TB(0) | CM(0)

優位なのはどっち 

プレミア12 Game5
ベ 100 200 002 5
日 010 100 022x 6x

1位での突破が決まってて負けてもいいチームと、
決勝Tいくために負けちゃいけないチーム、どっちが優位か。

このゲームの真理はこれだけでした。
だから終盤になってランナーが一人出れば
好投の先発を継いだリリーフピッチャーには異常なプレッシャーがかかってきます。


マイナーリーガー中心とはいえ、代表に選ばれてくる選手たちですから
足の速さであったり、肩の強さ、遠くに飛ばすパワー、球の速さ
といった単なるツールの部分ではどの国も拮抗していると思います。
差が出るとしたらやはりメンタルの部分で、やはりこの点はトップリーグでプレーしてないと培われないものです。

普通に考えて国を背負ってプレーしてるのにわざと打たれよう、わざと乱調になろうなんて考えてるひとはいないわけで。
それでも終盤になって、勝ちが見えてきてしまうと投げ急いだり、本来の力が出せないのは
踏んできた場数の重みの違いなんでしょう。


延長タイブレークの練習が出来なかったのが唯一の不安材料ではありますが、
筒香中田で取った点を則本山崎増井澤村で守り切って9回で勝負付ければいい話ですね。
残念ながら、大野の出番は無い方が日本国民にとっては好ましい展開になりそうです。


冒頭の話に戻りますが、
実況のテンションが日本が後者みたいになってるのがどうも気に食いにませんでした。
この大会はテレ朝とTBSが放映権持ってますが、テレ朝に比べてTBSはリプレイの流し方がへたくそでイラつきます。
次にどのVTRが流れるか、カンペ出てないのかな。

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2015/11/15 23:00 ] 15' プレミア12 | TB(0) | CM(0)

先発投手の顔と名前は忘れた 

プレミア12 Game4
日 000 104 500 10
ア 011 000 000 2

先発投手の顔と名前は忘れましたが、2番手以降の則本山崎増井澤村で
主導権を握ってからはゲームを支配しました。

この4人がそのまま決勝ラウンドでも勝ちパターンとして起用されていくことになるでしょう。
8点もの点差があったので、西大野のお荷物お調子者敗戦処理コンビや、
ここまで出番のなかった今宮でイニングを消化する手もありましたが
石橋を叩きすぎて割るくらいの慎重さで増井澤村を投入しました。


終わってみれば勝ち越し3ランにダメ押しグラスラとお祭り騒ぎだわっしょいわっしょいの展開でしたが、
やはり動くストレートを主体とする投手には打線は沈黙しました。
ホームベース近くに立つ山田と筒香こそは動くストレートに対してうまく立ち振る舞うことは出来ていたものの、
そのほかの打者はとらえきれず平凡なゴロを連発するばかり。
この辺りは前回WBCからの課題はまだ解決とはいってないようで
日本球界全体として考えていかなければいけない問題かと思います。

ただ、これは逆に返すと、動くストレート主体の投手は日本で通用するとも受け止めることが出来ます。
外国人発掘に関しての調査ポイントは右投げで、長身で、動くストレートが主体、
ひとまずはこの3点を抑えていれば何とかなるでしょう。
ドラゴンズでいえばネイラーがまさにこの特徴を持っています。
来年はローテの柱として計算したいのですが、どうも守護神転向だの、
あまり良くない情報も目に入ってきています。

話は脱線しましたが、4連勝で無事に1位でのグループリーグ突破が決定。
よっしゃ!よりもホッとした。というのが日本代表の正直な声かもしれません。


ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

[ 2015/11/14 23:00 ] 15' プレミア12 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。