スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

川上のカットボール、昌さんのスクリュー、 

150926 横浜スタジアム
横3x-2中
若松、H又吉、●浅尾

そして若松のチェンジアップ。
新三大ドラゴンズの投手王国が誇る後世に伝えるべき変化球。

ただ来年も見られるのは若松のチェンジアップのみ。

10勝目をかけたマウンドに上がった若松は
得意のチェンジアップを武器にマウンドで無双状態。
チェンジアップが決まるからストレートが130キロ台中盤でも差し込まれる
差し込まれるからストレートに意識が残ってチェンジアップにタイミングが合わない。
好循環がとどまることを知らず気付けば7回を終えて3安打。

ちょっと見ない間にすっかり右のエースになっていました。
チェンジアップにしろ、ストレートにしろ、低めにコントロール出来て
いつでもストライクを計算できるのが9も10も勝つ投手なんでしょうね。

8回に連打を浴びて1死13塁としたところで降板。

去年のハマスタ最終戦も、最多勝狙った山井が終盤ピンチ残して又吉にスイッチしたよなぁ
成功したけどやっぱり山井自身の力で抑えてほしかったなぁ

なんて思い起こしてたらブルペンカーに乗せられて又吉が登場。
継投には賛否ありますが、個人的にはあの回だけは投げ切らせてほしかったですね。
抑えたらもちろん大きな経験値になるし、打たれたとしてもこの失敗体験は若松を一回りも二回りも成長させるでしょう。


2番手は又吉。
つまるところ、後藤を三振に取れないのが今年の又吉の惨状を物語っているのだと思います。
でもなんだかんだでホールドはリーグ2位(1位と2個差)
去年獲ってないだけに獲ってほしい気もありますが、この順位に甘んじてるのは少なからず又吉の
責任もあるので、タイトル獲ることで許されたみたいな雰囲気になるのはいかんともしがたいですのでね。
まぁそれ以上に使い方が悪すぎたんですけど。。。

9回は浅尾。
そもそも守護神が定まってない状況で9回の1点リードを守れると考えてるのが甘いですよね。
後ろのメンツ見たらバルディリスは最悪あるかせでもおkの場面では
あるんですが、サヨナラのランナーにもなりますからねぇ。
谷繁がマスク被ってたらどんなリードしてたんだろう…ってのはもう御法度。

IMGP5591.jpg

IMGP5564.jpg

横浜の応援団が横浜時代の応援歌を3種類演奏したり、ライトスタンドから花束が贈られたり
引退試合としては最高に幸せだったでしょう。
27年間お疲れ様でした。

~今週のおたより~
北海道より帰ってきました。
遅めのシルバーウィークを満喫してます。
やっぱり野球っていいですね。


ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2015/09/26 23:00 ] 15' 観戦 | TB(0) | CM(0)

コーチの仕事は選手を守ること 

150620 東京ドーム
巨5-1中
●バルデス、田島、西川

この2試合で長野に11打数で9度も出塁を許し、6度生還されてます。
1番打者にこれだけ仕事をされちゃあやっぱり勝つのも難しくなっちゃいますよね。
ヒットを打たれるのは仕方ないにしろ、先日の初回の四球であったり、
この試合では5回のエラー出塁であったり、自ら塁を与えてるようじゃあさらに分も悪くなります。

スタメンをザーッとみて、怖いのは正直言って亀井だけなのに、
その亀井に2本のタイムリーを浴びて試合の主導権を握られたのがなんとも悔しい所。
逆に言えば、
亀井でしか点が取れない打順できっちり亀井で点取れるのがこの戦力ながらも首位にいる一つの要因だし、
亀井でしか点取られないのに亀井のところで点取られるあたりが中日の弱さだったりするわけです。


又吉がなかなか使いにくい中で、福谷に対する信頼も欠けてきつつある中で、
じゃあ誰を中心にブルペンを回していくか?という状況の中で
(数字の上では)最も良かった田島に頼ってみたら案の定炎上。

やっぱり又吉福谷しかいないんだな、で投げさせてみると安定感を欠く内容→
替わりどうしようか→田島使ってみるか→炎上→やっぱり又吉ふく(ry
何回この悪循環を見たことやら…

悪い時の田島は、ストレートが高めに浮くというより、変化球をひっかけて低めに叩き付けるのが目につきます。
キャッチャーへの信頼のなさ。リードを信用できないし、構えに安心感を感じられないから、
もっと低めに投げようとして、地面にたたきつけてしまう。そんなところではないでしょうか。

キャッチャーに信頼が出来ないから、ベンチを見る。
するとデニーが「四球は絶対出すな」という眼で睨みつけてくる。
これだと選手の逃げ場がありません。追い詰められてしまいます。
本来の力なんて、出せるはずがありません。

コーチの仕事は選手を守ること、です。


IMGP3880.jpg


IMGP3876.jpg

福ちゃん、試合壊れてるの中で2ストから山口の低めのフォーク見逃して
「おっ集中してるなぁ〜」って思ってたら次の球を右中間中段にズドン!
価値のある一打でした◎


ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2015/06/20 23:00 ] 15' 観戦 | TB(0) | CM(2)

大野雄大の超イケメンスーパーエースへの一里塚  

150619 東京ドーム
巨5-8中
大野、祖父江、○又吉、S福谷

先発が大野だったってことを覚えてる人は少ないでしょうが、大野先発日のタイトルは絶対これで固定。
立ち上がりは制球定まらず先制点を与えますが、
4回の無死3塁や、6回追いついてもらった後のピンチを抑えきったのはお見事でしたね。
綺麗な卍が決まって最高に気持ちよかったです。

誰もがここでお役御免と思いましたが、先頭の雅が出たためにバントとして打席へ。
結果的に、このバントも失敗、その裏の無駄な続投で案の定失点と完全に負けパターンに入り、
7回終了時での脳内下書きでは
『「バントさせるからそのままでええか」で続投させた谷繁と、
ちょっと早いくらいでも切り札鈴木で際どいバントで三塁もぎ取った原との勝負勘の違いやろなぁ』
ってところまで出来上がってました。

8回裏3走立岡牽制死
9回表實松パスボール
9回表巨人前進守備敷かずでルナまんまと最低の最低限
9回表勝ち越し後和田が二塁に行ってから代走荒木
9回裏又吉続投
9回裏レフト荒木
9回裏長野の右飛平田捕れず二塁打
9回裏亀井のゴロ亀澤捕れずセーフ
9回裏高橋由の中飛で亀井謎の飛び出しでゲッツー
10回表藤井の三ゴロ村田捕れず
10回表亀澤のバント戸根緩慢でセーフ
10回表リリーフ宮国初球被弾
10回裏二死満塁まで拡げる福谷研究室 



それなのになんでこんなにも荒れに荒れた試合になったんでしょうか。

7回までと、それ以降、完全に2試合分堪能した感じ(そのうえ勝ちにまでなって)で楽しませてもらった、と言えば
聞こえはいいんでしょうが、こんな試合に喜んでるようじゃあレベルが低すぎてお話にならないわけで。

IMGP3729.jpg

IMGP3753.jpg

IMGP3822.jpg

IMGP3861.jpg

でもやっぱり現地でこの試合観ちゃうとどんな感情よりも
「野球最高!現地最高!エル!ルナ!平田!」
「サヨナラ対策の超前進守備で「えっこんな前でて良いの?」て後ろばっかり気にする荒木かわいい!」
ってのがまさっちゃうんですよね。

これ以上の言葉をもっと上手に届けたいけど、どうしようもなく溢れ出す
思いを伝えるにはやっぱりドラゴンズ最高!しか出てこない。

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2015/06/19 23:00 ] 15' 観戦 | TB(0) | CM(0)

03.12 オープン戦 vs花粉@ハマスタ 

お久しぶりです。

14年シーズンを振り返るシリーズの続編やるやるとか言って結局放置でしたね。
キャンプは4泊5日行ってきました。
写真をスマホに移して暇な時間に見てニヤニヤするだけで満足でうpするまで至ってません。


さてさてドラゴンズのオープン戦関東遠征は昨日のマリンと今日のハマスタの2試合だけ。
マリンは遠いのでパスした以上ハマスタには行かねば!と。

でも寝坊して投手村はスルー。


IMGP2948.jpg
先発はバルデス。
とにかくコントロールが抜群。
立ち上がりの初回先頭打者を2球を追い込んだのをみて
「こいつはやれそう」って自信が確信に変わった感じ?
右の吉見ん、左のバルデスと言っては言い過ぎかもしれませんが、十分匹敵するものは持ってます。

味方のエラーが2つありましたが、そんなものに動じず、
むしろそこから余計に緻密さが上がるピッチング。
ホームラン2本で2点は取られましたが、
バルのは2ボールから置きに行ったところを、筒香のは初球スッと入ってしまった所を見逃されず、
といった格好なのでシーズンになれば修正してくるでしょうね。
捕手の問題も3割くらいはアリ。


キャンプで見たときはリーバスの方が使えそう?な印象でしたが、
バルデスの方が当たりで間違いないでしょう。
ローテ入りも確定なようで、あとは神宮でどれだけのピッチングが出来るか、という所。

IMGP3077.jpg

2番手は岩田。
結果としては3回2失点。THEまぁまぁ。
出てきていきなり3ボールにして四球出すところとかはローテに入れない典型って感じで、
それでもそのイニングはピンチになりながらも抑えるところは他の落ちていった二軍投手とは違うぞって感じで
まさしく1.5軍のピッチャーって感じ。
随所随所に気の強そうな仕草は出てましたし、
アウト取った後ボール回しで返ってきたボールを拒否して新しいボールを貰うところとかがまさにそれで
彼らしさはちょっとずつ戻ってきてるのかな、と。
魔球は投げず。

四球で満塁にしたあとの初球をルーキーに狙い打たれて2失点。
ちょっとこれは恥ずかしいんじゃないかな。
四球の後の初球を狙うのは大セオリーでしかも一打逆転の場面でアピールしたいルーキーが打席となれば
ガンガン来るのは目に見えてます。
満塁だからボール先行にしたくないのは分かる。
でもそこでボール球振らすとか、うまくファール打たせるとかが出来るようにならないと
1.5軍は脱却できないんだろうし、レギュラー捕手としてシーズン戦うのは厳しいんじゃないのかな。


IMGP3216.jpg
3番手は浜田。
今日一軍合流。
無かったはずの9回に登板。
心の準備が~とか言ってられない立場でヒットこそ許すものの最後はゲッツーで三人締め。
低めに集まってて最速145キロ。


IMGP2873.jpg

殊勲打は大島。
代表から合流即1番スタメンで疲労も感じさせない3安打+右に左に安心感のある守備。
一人格が違うという印象。
まぁ東京から横浜の合流だからむしろ千葉→横浜の本隊より移動ラク。

IMGP3151.jpg

同点打は亀澤。
カメ色の緑に合わせたバッティンググローブとレガースとリストバンドだけでなく
持ち前の打撃でも目立ちました。
0ストライク2ボールのバッティングカウントから一振りでミスショットせずの土壇場での同点タイムリー。
溝脇藤澤三ツ俣堂上あたりはまとめてぶち抜いて頭3つ4つ出てる感。
 (石川はまだ未知数、谷はまだあきらめてない、遠藤もこのくくりに入れたげて…)
こんな選手が育成止まりなんだからSBの選手層すごいよなぁと

IMGP3104.jpg
二遊間の頂点に君臨はやっぱりエルナンデス。
細い攻めから手繰り寄せたワンチャンスをものにして試合の流れを変えるタイムリーはお見事の一言。
勝ち越し機を周平に残しとくあたりも盛り上げ所を分かってる感じ。

IMGP2860.jpg
で、周平。
(一時の)勝ち越し点を挙げて、公式戦なら8,9回を又吉福谷で6k締めで勝ちなんだけど、
あの打撃じゃあヒーローに呼ばれませんよね。
欲を言えば0-3から振ってほしかった。


井領
IMGP3159.jpg
IMGP3160.jpg
IMGP3161.jpg
IMGP3162.jpg
ナイスラン


石川
IMGP2871.jpg

石川がしっかりしないと遠藤が安心して外野コンバートできないんだ
石川がしっかりしないと荒木が安心して引退できないんだ


筒香

IMGP2946.jpg
IMGP2991.jpg
8ウラ、ランナー一人置いて、1点ビハインド、ホームランが出れば…
球場全体をそういう雰囲気に出来る日本人選手ってリーグで筒香だけなんじゃないのかな。


一塁ベースに3人の横浜高校出身者
IMGP3059.jpg








フォーマットやスタイルも含めて模索中。
今シーズンもよろしくお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2015/03/12 20:00 ] 15' 観戦 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。