スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最終調整 キャンプ24日目  

2,27 camp1
二塁ベースカバーの動きを見る(後方左から)中日の荒木、森野、落合監督=北谷

い、岩崎…




中日キャンプ打ち上げ 最後の調整
岩瀬
「全球種とクイックモーションを試すことができたので良かった。
今年は体力づくりやフォームの修正など、やりたいことができたキャンプだった。」

野本
「練習時間が長いと覚悟していたが、夢中だったので短く感じた。
まだ完成したと言えないが、プロの切れのある球に少しずつ対応できるようになったのを感じる。
あとは実戦で結果を出したい。」

川相コーチ
「井端がこんな状態だと影響はある。」

落合監督
「彼らにはもう一回り大きな選手になってもらわないと。」
チームが変わるんだから。」

-------------------------

キャンプは(一応)打ち上げ。お疲れ様でした。
目立った怪我人は井端くらいで、最重要課題の憲伸・ウッズの穴埋めに関しても、賢ちゃん、吉見ん、アサタクらが高い意識をもって練習してくれましたし、ブランコに関しても打撃だけなく守備にもいい意識を持っていると聞きます。
練習試合は4戦全勝で、堂上兄弟、藤井、岩崎といった若手が猛アピール。
点数をつけるとしたらこのキャンプは、高い評価を得られるのではないかと思います。




落合監督完走、オレ流ノック4500振
落合監督
「今年はバットを振らざるを得ないでしょう。ターゲットは決まっている。荒木、井端、森野。この3人にはもうひと回り大きな選手になってもらわないといけない。
まだ1カ月もあるんだぞ。心配するな。何をあわてているんだ。これからだれがケガして、だれが戻ってくるかわからない。時間は十分にあるよ。」

-------------------

左肩の影響で、打撃練習は中止させられたことのある荒木ですが、落合ノックは完走。
順調に行けば、3月7日の日ハム(ナゴド)で遊撃デビューだそうです。

ちなみに、このノックはまだ続くそう。監督もノックをしたくてしたくてたまらないんでしょうねヾ(*´∀`*)ノキャッキャ






谷繁 腰は問題なし!!
谷繁
「疲れたね。まあ腰が問題ないことが分かったのが収穫かな。山本昌の状態? そんなの分からないよ。自分のことで精いっぱいだったから。」

-----------------

キャンプ前は開幕微妙と言われた谷繁ですが、無事にキャンプ完走。
今キャンプ、谷繁と田中がいないという状態から始まりましたが、小山が北谷組で完走。小田は主に清原さんのいじられ役、休日が待ち遠しい人役としてエキストラ出演。






高島抜てき! 注目ルーキーきょうデビュー
高島
「投げろと言われた試合で自分のピッチングをするだけだと思っています。
オープン戦で投げさせてもらっても、特に意識する打者はいないです。
緊張はしないのではないかと思います。前回練習試合で投げたとき、もっと緊張すると想像していたんですけど、緊張しなかったので。こういう性格なので仕方がないと思っています。」

-----------------

北谷途中合流の高島がオープン戦の登板権を得ました。
若手投手陣(実績のない投手)では、赤坂、川井、佐藤亮太、金剛、ネルソン、パヤノといったあたりが完走。山内と岩田は中盤で読谷に回りました。


スポンサーサイト
[ 2009/02/27 22:00 ] 09' 春キャンプ | TB(0) | CM(0)

vs.サムスン キャンプ23日目 

2,26 camp1

■北谷
サムスン
000 021 010 4
060 024 00x 12
中日

投手 中田-小笠原-山井-吉見
本塁打 小池(6回ソロ)



■打撃成績(スタメン)
6-3 右 藤井
5-2 二 岩崎達郎
4-1 中 野本
3-1 一 ブランコ
5-0 三 堂上直倫
4-3 遊 デラロサ
2-1 左 中村公治
2-1 捕 前田
2-1 指 堂上剛裕


■投手成績
中田  3回無失点 被安打1、与四球0、奪三振4
小笠原 2回2失点 被安打3、与四球2、奪三振3
山井  1回1失点 被安打2、与四球0、奪三振1
吉見  3回1失点 被安打4、与四球0、奪三振1


藤井加速 スイッチ絶好調で3安打
藤井「ここまでの練習試合でも何本か、ああいう内野安打が出ているんで、いいことだと思います。
右と左で(打席に入る)心境は特に変わらないんですけど、左を練習するようになってから右がずいぶんよくなったと思います。
(6回の右打席は)エンドランのサインでしっかり振り切れた。
右の打席に入る感覚がよくなったんです。左を新たに練習してきたことで、右打ちで気持ちが楽になるところがあるかもしれません。
オープン戦でも平常心でやり続けたい。中堅争い? 自分は出してもらえるところで頑張るだけです。」

--------------------

”加速”という言葉は藤井にはピッタリですね。これから積極的に使っていこうと思います。
キャンプの最初から最後まで走り続けた藤井。次のステップはオープン戦で加速して4月3日を最高速で迎えることです。
ライバルの一人、平田は肩痛で脱落しました。




デラロサ、打てるスーパーサブに 先制適時二塁打&3安打
デラロサ
「今年は去年よりもいい成績を残したいからね。とにかくチャンスをつかみたい。いまの打撃の状態はとてもいいよ。
日本の野球に対応するには変化球を打たないといけないからね。
開幕1軍には入りたい。でもそれは監督が決めることだから。とにかく頑張るよ。」

-------------------

井端に不安がある、荒木に不安がある。この現状でデラロサを外す理由など一つも見当たりません。
もっとも、藤井、野本らが熾烈な外野争いを繰り広げるであろうオープン戦を、レギュラー確定をいいことに一人涼しい顔でパオロンとじゃれ合うであろうあの外国人の方を落とすべきなのではないか。




中田、エースの球威だ148キロ 韓国・サムスンと練習試合
中田
「(2回2死から)あの三振を取ったタマは良かった。指にしっかりかかった真っすぐでした。
148キロも出ているとは思わなかった。140キロ台半ばぐらいかと。思った以上にスピードガンの数字が出ているし、悪くないですね。
ボクは真っすぐをストライクゾーンに投げて勝負する投手。
(昨年は)いいコースに投げても打たれた。真っすぐを磨き直す必要性を痛感しました。
打たれた1安打は低めに引っかけた感じの質の悪いボール。ああいうボールを減らしていかないと。」

------------------

先発した賢ちゃんは3イニングを無失点4奪三振。そして無四球でした。
特にストレートの威力が抜群で、球速はMAX148キロを計測しました。
コントロールに気をとられるあまり、ストレートが棒球になった昨季の姿はもう無く、そこには本来の賢ちゃんが仁王立ちしていたことだと思います。
ボクは真っすぐをストライクゾーンに投げて勝負する投手。頼もしい言葉もいただきました。



吉見、結果より課題 3イニングを1失点
吉見
「思ったところにはいっていた。
7番打者に真っすぐを完ぺきに打たれた。自分のタイミングで投げられてないのかなと思う。相手打者に見えやすくなっているのかもしれない。ずっと自分でも感じていたんです。
微調整していきます。」

-----------------

賢ちゃんとは対照的に、吉見んはやや不満顔。
反省して修正するという作業は昨季はありませんでした。




“8回完全男”中日山井が復活の146キロ
山井
「146キロ? アドレナリンが出たんじゃないですか。球威とかそういうのはわからなかったけど、感じはよかった。スピードは求めていなかった。
キャンプでやってきたことが出せたのでよかった。」

---------------

病さんが復活。おっと、渋谷の書いた気持ち悪い記事だ。というわけで日刊ソース。(8回完全男も古いですけど^^;)
内容は決してよくありませんでしたが、投げられたことが収穫だったよう。キャンプで取り組んだ怪我をしないフォームも初登板も出せたようです。
投手陣を司るモリシゲは「パンクの危険があるから(1軍に)上げない」とのこと。

[ 2009/02/26 22:00 ] 09' 春キャンプ | TB(0) | CM(0)

vs.楽天 キャンプ22日目 

2,25 camp1
楽天・聖澤のスライディングがヒットし、悶える中日・小田

■北谷
楽天
000 000 001 1
000 000 20x 2
中日

投手 久本-佐藤亮太-○長峰-赤坂


■打撃成績 (スタメン)
2-0 指 小池
4-0 二 西川
4-1 左 中村公治
4-1 三 堂上直倫
4-2 一 新井
3-1 右 堂上剛裕
2-0 中 中村一生
3-0 捕 小田
2-0 遊 谷

■投手成績
久本  3回無失点 被安打0、与四球0、奪三振1
佐藤亮 3回無失点 被安打3、与四球1、奪三振3
長峰  2回無失点 被安打2、与四球1、奪三振1
赤坂  1回1失点 被安打0、与四球0、奪三振2



久本お帰り! 練習試合VS楽天
久本
「結果うんぬんよりも、3イニング投げきったことが大きい。
因縁の楽天戦ですね。あれで1年間を棒に振った。今年は同じ間違いをするわけにはいきません。きょうはいいスタートが切れたと思います。
痛いとは思っても、自分では(体の)どこがどんなふうになっているのか分かっていなかった。
(自ら)学んだことでけがの防止のために自分でできることも分かった。知識があれば、自分の状態をトレーナーに正確に伝えられる。
名古屋に帰ると寒い。そこからが本当の戦いです。」

-----------------

Mr.敗戦処理・久本の祐ちゃんが復活登板。
敗戦処理寮長補佐の長峰も好投し、敗戦処理寮住人の動きも出てきました。
豪華なブルペンとは一線を隔す、この汚い”寮”住人の人たちもうまく働いてくれれば、去年のようにチェンや吉見んにいろいろさせなくて済むので、じつは今季を戦う上で大きなウエイトを占めるんではないかな?と。
まぁ、そもそもこの2人はずっと前からこの寮を卒業したくて仕方ないんでしょうが…。

…どうやら病さんと佐藤充が物件を探しているようです。




堂上弟、先制打 読谷組全得点に絡んだ
堂上直
「それまでにボール球に手を出してファウルしていました。本当は四球ですよ。
確かにスイングの量は多い。でもおかげでいい感じでバットが振れています」

中村公
「右方向だけを狙っていた。1本は打ちたかった」

柳田
「チャンスで回ってきた打席。何とか生かしたいと思っていました」

-------------------

4打数1安打でも「今日はダメだったか」と思わせるのがここ最近のナオリン。
将来的に4番は望まないなぁ。稲葉のような3番/5番になってほしいし、そっちの方がなんかカッコイイ。完全に自分だけの価値観ですけど。もっと言うならなかじのようなスーパーショート

チラッと登場の柳田くん。もしかして、このブログでも初登場かもしれません(笑)
ミドルインフィールダーながら、ファーストも出来るユーティリティー性が持ち味。彼がデラロサを抜いてくれれば、外国人枠を別のところに使えます。
と言っても、デラロサを否定することも無いですし、そもそもデラロサ以上に何とかせないかん外人がいますよね^^



新井、巻き返し ブランコに負けない2安打&美技
新井
「いまはしっかり振れていると思います。ヒットの内容もよかったと思う。立浪さんから教わっていることも徐々にできていると思います。
結果が出なくてもいいんです。とにかくいまやっていることを続けます。
(テークバックを)大げさにやっているつもりが、横から見ると普通なんです。
(4回の好守は)引っ張るのをイメージしていました。取れてよかった。
(9回の野選は)無理をする必要はなかった。
打撃も守備も1球で下手になる。おごらずに頑張ります」

川相コーチ
「最後の場面はアウトを1つしっかり取るべきだよ。でも新井の守備はこの3週間で数段上がった。上達しているよ。」

-------------------

ファインプレーも失点に絡む野選を犯してしまっては、何も意味ありません。
守備力は上がったそうなので、あとは実践での状況判断でしょうか。



【中日】赤坂が無失点で1軍残留アピール
赤坂
「冷静に投げられた。調子よくなくても抑えられたことは収穫。」

--------------

この日の赤坂は、2つの失策と野選で1点は失いましたが、それ以上の失点は許さず、自責点は0。
3人でピシャッとというのも良いアピール、ミスがあっても抑えるのも良いアピールです。

[ 2009/02/25 22:00 ] 09' 春キャンプ | TB(0) | CM(0)

vs.SK キャンプ21日目 

2,24 camp1

■北谷
SK
020 100 000 3
030 000 02x 5
中日

投手 朝倉-チェン-○浅尾
本塁打 堂上直倫(2回2ラン)

■打撃成績 (スタメン)
3-0 野本
3-1 藤井
1-0 堂上剛裕
3-1 ブランコ
2-0 デラロサ
4-2 平田
4-3 堂上直倫
3-0 小山
3-1 岩崎達郎

■投手成績
朝倉 3回2失点 被安打2、与四球2、奪三振1
チェン 3回1失点 被安打2、与四球2、奪三振5
浅尾 3回無失点 被安打0、与四球1、奪三振1

堂上弟2ラン!猛打賞!! 韓国・SKと練習試合
堂上直
「(本塁打は)打った瞬間に入ると思いました。
バットが外側から出る悪い癖があったんですが、今は内側から出すことができるようになった。
(タイミングの取り方も)やや早く取るように変えた。
進化の理由? 『これもやってみよう』と少しずつ試してきたからでしょうか。
チャンスだと思って1打席、1打席大事に打っています。今は楽しんで野球がやれています。」

--------------------

ナオリンが止まりません。
この日も4打数3安打、1HR3打点の活躍で、練習試合4試合の打撃成績は打率.538(13-7)、7打点となりました。
ただ、レギュラーはもちろん、開幕一軍にも少し疑問符が出るので、このレベルの活躍は無理でしょうが、オープン戦に入っても自分の打撃をアピールしていかなければいけません。
現状、ブランコの保険・森野のキャンセル待ち、といったところでしょうか。


平田、決勝三塁打 1軍昇格近い
平田
「(1打席目は)風に負けちゃいましたけど、今日は4打席ともいい打撃だったと思います。」

------------------

秋キャンプでリタイアし読谷組となった平田ですが、練習はサボらずやってきた模様。
きっちりやってて結果は出ないことはありますが、少なくとも、サボってて結果が出るということはありません。




ブランコ進化 右腕からも弾丸ヒット
ブランコ
「だいぶ慣れてきたんだ。疲れも取れてきたしね。状態は日に日によくなっているよ。
あれ(第2打席)は低かった。
(変化球も)しっかり見えていたよ。
みんなに教えてもらったおかげだよ。」

----------------

そしてブランコ。
チャンスで打てるor打てないは相手も絡んでくるので置いておくとして、守備と選球眼に関しては自分のやりようでどうにでもなるジャンルなので、ブランコについてはそこを重点的に見ていこうかと思います。
四球を貰えるではなく、”選べる”選手だったら外れでは無いですが…。



パームさえた浅尾 先発転向へ課題クリア
浅尾
「7、8回は変化球がしっかり決まっていました。7回に出した四球の後も、崩れずにしっかり抑えられました。今日の試合に関して、2つ目(の課題)まではまったく不満はありません。
(ストレートは)めちゃくちゃよいわけでもない。
今日は結果が出てよかった。(結果を)出しながらもっと(変化球を)投げ分けられれば。
(先発ローテ争いに関して)そこまで考えられません」

----------------------

先発に向けて、まずは3イニングをピシャリ。
変化球のfirst-pitchのパームは素晴らしいですが、second-pitch以降は球種が何なのかすら分からない状態。スライダー(?)フォーク(?)
先発で勝つにはそこが課題になってくるでしょう。


[ 2009/02/24 22:00 ] 09' 春キャンプ | TB(0) | CM(0)

休日 

今中慎二氏VS朝倉 新旧背番号「14」対談

聞きたい事を全部聞いてくれてるし、僕が朝倉に言いたいことも全部言ってくれてる。
開幕はやりたいのかどうなのか?が前者で、憲伸が表、朝倉が裏、それが今年は朝倉が表、賢ちゃんが裏になるってことと吉見んはまだ立てないというのが後者。
今中さんのネガティブな解説はあまり好きではないけど、考えてることはまともですよね。今年から今中さんが解説の時の、見方が少し変わってくると思います。

文字だけでも、脳内で完全に生解説のように再生されるのも面白いですね(n‘∀‘)η




「まだまだ伸びる。速くなる」 今年35歳の岩瀬
岩瀬
「コンディションはいい。昨年とは違うよ。
プロ野球選手である限り、誰でも衰えるときはくる。でも自分の場合はまだまだ伸びる。真っすぐだって速くなる。そういう気持ちは常に持っているよ。
球数を抑えようと思ったけど、そうもいかないね。やることがたくさんあって。
投げ方も年の取り方も人それぞれ違うからね。」

------------------

一昨年(07)~去年(08)にかけては、11月1日まで日本シリーズを戦い、アジアシリーズを11月11日まで戦い、その後12月の1日からは北京五輪予選がありました。そこで大変な酷使をされたことが思い出されます。
一方で、去年~今年にかけては、同じ轍は踏まずとWBCの代表を辞退しました。

山本昌という生きる教科書もいるので、年齢に見合ったコンディション調整がしやすいというのも良いですね。



6日で5戦!竜投サバイバル さあ最終クール
浅尾
「まず結果を出さないといけません。悪かったら(2軍組に)落とされますから。他の投手がみんな調子がいいので、自分も(相手を)抑えないといけません。」

吉見
「やっぱり結果を出していかないと先発はさせてもらえないと思います。先発で投げたいという気持ちがあるので結果を出していきたい。」

------------------

アサタクはここから完全先発としての調整でいくようです。
朝倉、賢ちゃん、吉見ん、チェン、昌さん、小笠原、アサタク、川井、ネルソン、久本、長峰、病さん…
春の恒例、先発余っちゃうww状態。


最終クールは24日SK、25日楽天、26日三星との練習試合が組まれており、早いもので土曜日からはオープン戦が始まります。
やはり今年も2月はあっという間に過ぎてしまったという印象があります。

[ 2009/02/23 22:00 ] 09' 春キャンプ | TB(0) | CM(0)

vs.LG キャンプ20日目 

2,22 camp1

■北谷
LG
000 000 010 1
000 101 00x 2
中日

投手 ネルソン-○川井-清水昭-S高橋



ブランコ「4番は俺だ!」 対外試合初安打
ブランコ
「ボールはそんなに速いわけではなかったけれど、打てたのはいいことだね。
打ったのはチェンジアップかな。力で運べてよかったよ。
(守備は)日が変わるごとによくなっている。自分で進歩しているのが分かるんだ。」

-------------

初の対外試合で3打数2安打1打点の活躍のブランコ。第1打席は空振り三振でしたが、2打席目3打席目でヒットを放ちました。
守備が良くないと使ってもらえないことも分かっており、守備練習にも精を出しているようです。

他の野手では、野本が2安打。
藤井も2安打できっちりとアピールしました(・∀・)ィィョィィョ~♪、が見え見えの盗塁を刺されました。



中日ネルソン3回無失点で先発急浮上
川井、先発追い風 3イニング無失点
ネルソン
「きょうはしっかりと腕が振れて、いいピッチングができたよ。」

森コーチ
「成長している。状態は悪くないし、何番手になるかは分からないが、良ければ先発でいける。
そりゃ良くなるよ。これからの伸びしろは一番あるかもしれない。
今の状態は悪くないし、6、7、8番手かもしれないけど、(シーズンに入っても)良ければ先発でいけるよ。」

T古里スコアラー
「きょうみたいにスライダーでカウントが取れれば、いいピッチングができる。」

G田畑スコアラー
「スライダーが使えるから、直球も生きてくる。クイックでも145キロ出ていたし、コーチの指導を吸収しているんじゃないか。」

川井
「今日は風に助けられました。2本、スタンドに入っていたかもしれません。野手にも助けられました。
初めての試合の登板だったので、思い切り腕を振ること、低めに投げることを意識した。
ブルペンと球場のマウンドは傾斜が違うんです。球場の方が平たいので、ブルペンと同じように投げると高めにいってしまう。
狙うところを実際より低くすればいいと思った。ワンバウンドするくらいでいいと、そういうイメージで投げたんです。
修正する力はついてきたと思います。」

----------

一方で投手。
先発したネルソンと2番手の川井がそれぞれ3回を無失点。
特にネルソンは、去年からの伸び率には著しいものがあります。しかし、外国人枠はチェン、李炳圭、ブランコときて後の1枠をデラロサかネルソンかどちらか?と聞かれれば10人中8人はデラロサと答えるでしょう。



145キロルーキー高島1軍抜てき!
高島
「うれしいのはうれしいんですけど、やることは同じですから。ただ落合監督に直接、見てもらうことができますし、そういう意味ではチャンスかもしれないですけど。
呼び出されて最初はびっくりしたんですけど、途中から、これはもしかしたらと思ってました。
(最初は)練習を見られることに慣れてなかった。
(今は)集中して投げられるようになったと思います。
最初の登板でしたし、そんなに良くはなかった。いつも3、4回目で調子が上がってくるんです。
目標は開幕1軍です。」

---------------

高島が、昌さんと平井とともに北谷合流。(読谷降格は岩田と山内?)
至って冷静な受け答えで、意気込みを語りました。

報知の記事では、モリシゲが「マサが子供を連れてきた」と表現していました。
[ 2009/02/22 22:00 ] 09' 春キャンプ | TB(0) | CM(0)

素晴らしいアッキーの写真うp キャンプ19日目 

2,21 camp1

岩崎達、つかむぞ!二塁 落合ノックたっぷり1時間
岩崎達
「1年目のときにも監督のノックは受けたことありますけど、本格的なノックは今日が初めてです。かなり(左右に)振られたし、しんどかったです。精神的にもきつかったです。
(井端は)戻ってきますよね…。でも、何かあったときのために準備しておきます。」

----------------

岩崎が落合ノックデビュー。井端離脱後、最もアピールできたのがこの岩崎ということでしょう。
しかし、自分がチャンスにもかかわらず、弟分に「戻ってきますよね」と言わせる井端の丈夫さ。普通なら、帰ってくるなと思ってもいいはずなのに…。

岩崎は横浜生まれ、横浜育ちですが、『しんどい』という言葉を使いました。



直球高橋 「変化」磨く 中日の沖縄キャンプ
高橋「実戦が始まったので、変化球を多めにした。
(去年の成績は)百点でないけど、満足はしている。
ブルペンでは、あまり集中しないタイプ。あそこでの調子は気にしない。
(1イニングを抑えて岩瀬につなぐ役割を果たすこと)そうなればベスト。」

---------------

これはいい写真。
まずは振り切った左手の握ってる感じがcute。右手に目を移すとグラブのつぶれ方と肘の角度、それから目線に浮き上がるチタン(?)のやつもgood。そしてぎゅっと噛まれた下くちびるがexcelleeeeeeeeeeeeeeeent!!
ん~すばらしい。



岩瀬が中田が吉見が…グラブ返して~
吉見
「名古屋にあるのを送ってもらわなきゃなりません。」

-----------------

話変わってこれは悲しい事件。
返してほしいと言っていますが、知らない人に何をされたかわからないグラブを試合で使うというのもそれはそれで嫌な気もします。
前にも同じような事件がありましたが、同一犯?
そして、盗った人の目的は何なんでしょうか。いやがらせ?転売で金儲け?

盗った人もアレだけど、盗られる方にもやや難ありなのかも、というのも一つの意見。前にもやられてるわけですから。
盗られたのには(警備を厳重に出来なかったのは)いろいろ球団側の事情もあるんでしょうが、振り回されるのは、いつもファン。どうにかしてください。

[ 2009/02/21 22:00 ] 09' 春キャンプ | TB(0) | CM(0)

vs.サムスン キャンプ18日目 

2,20 camp1
平田顔黒すぎw


■北谷
サムスン
000 003 020 5
010 102 24x 10
中日

投手 佐藤充-中里-○小林正-菊地-高島-齊藤
本塁打 平田(2回ソロ)、中村公(4回ソロ)、中村公(6回2ラン)、堂上剛裕(7回ソロ)、堂上直倫(8回3ラン)



平田、強烈弾 中日が韓国・サムスンと練習試合
堂上兄弟255メートル弾 韓国サムスンと練習試合
“若竜”外野陣アーチ競演!定位置争い激しさ増す
若手もいるぞ!中日の外野手争い激化
中村公
「しがみついてでもチャンスをものにしたい」

平田
「あの場面で初球から思い切り振っていくのが僕のスタイル。
目的意識をしっかり持ってやれば、北谷も読谷も同じ。1、2年目の選手ではないのだから、考えて練習できる。
練習通りに体がうまく反応した。読谷でやってきたことは間違いではなかった。
(昨年の一軍経験は)2年目まで分からなかった本当のプロ野球を教えてくれた。1軍が本当に明るい場所なのだと知った。それに比べれば2軍はやっぱり暗い。
北谷にいつ呼ばれてもいいようにしたい。」
「打ったのは高めの真っすぐ。いいアピールができたと思うし、いつ北谷に呼ばれてもいいように準備しています」
「ボールを近くでとらえることをテーマにしてきた。その方がしんでとらえることができるし、飛びますから。やってきたことは間違っていませんでした。」

堂上剛
「左中間を意識していて、その通りの打撃ができました。
全打席、内容が良かったです。練習からいいポイントで打とうと意識していた。(凡退した)セカンドゴロ2つも内容的には良かった。
途中から、読谷にいても関係ない、自分ががんばればチャンスはある、という考え方になった。」
「自分のバッティングをしっかりすることを考えました。
開幕スタメンはあきらめていません。」

堂上直
「内角高めの直球をうまく回転して打てた。打った瞬間、入ったと思った。」
「回ってこい…、と思っていたんです。
内容はあまり良くなかった。もっと内容を良くしないといけません。
今は自分のやるべき練習がしっかりできているので、誰に見られても一緒だと思っています。」

落合監督
「自分たちで決着をつけるだろ。こっちは見てるだけ」

------------

平田が2安打1HR2打点
中村公が2安打2HR3打点
堂上剛裕が2安打1HR1打点
堂上直倫が2安打1HR3打点、
と読谷のパワーバットが炸裂して10得点の快勝。監督も見守る中での、大きなアピールとなりました。

この中で一番1軍に近いのは平田で、レギュラー候補の1人。2番手に剛裕で、左の代打要員といった感じでしょうか。
直倫は、サード…。森野がいるんですよね。今季に限らず、来季以降ずっと森野をもうこれ以上動かしたくは無いでしょうから、どうしましょ。5年間も待たせたら、直倫が可哀相です。
ショートをやるのはどうなのかな?攻撃型のショートが欲しいけどなぁ…。

他の選手では、新井が2安打1打点、谷と福田が1本ずつヒットを放ちました。



“高校生”高島145キロ ネット裏どよめいた
高島
「(スピードガンで145キロ計時に)そんなに出たんですか。アドレナリンが出てましたからね。
きょうは集中して投げられました。
(本塁打は)スライダーが甘く入りました。四球が多いのは、中学2年くらいからの課題ですからね。
意識を高めて、練習していかないといけません。」

小林コーチ
「初めてだし、ストライクが入っただけでもいいんじゃない。」

T古里スコアラー
「この時期で145キロは速い。高校生のわりには、下半身ががっちりしているし、いい投手が出てきましたね。」

------------------

キャンプで高評価を得ていた高島が高卒ルーキー一番乗りで初登板。
そのキャンプ同様、評価を得ましたが、内容は1発ホームランを浴びて、2失点。四球も出してしまいました。
特に、球速に関して評価が高かったようで、確かにこの時期で145キロはかなり速いですが、単にペース配分が分からなくてガムシャラに投げてるだけなのでは?という心配。





佐藤充 まずまず3イニング0封
佐藤充
「(初回の併殺は)投げるボールがなくなって苦し紛れに投げたカーブ。
ボールが指によくかかっていた。(15日までの)第2クールは状態が悪かったけど、このクールになって戻ってきました。」

------------

先発した佐藤充。3回を被安打3、1死球で無失点でした。
まさか彼がローテの一角として定着するとは。なんてぬ。



菊地 ただ1人無安打に
菊地
「ゼロに抑えられてよかった。(好調を)続けて行ければ。
左打者の内角へのシュートが高めに浮いた。ファウルだったからよかったが、修正しないと。」

------------

監督が読谷の方へ視察へ行かないので、読谷組にとってはアピールする場がこういうところしかありません。
その中で、菊地が登板投手中、唯一の無安打ピッチング。中里、斉藤も2イニングと1イニングを無失点で抑える一方、コバマサが2本の本塁打を浴びました。

[ 2009/02/20 22:00 ] 09' 春キャンプ | TB(0) | CM(0)

便りのないのはよい便り キャンプ17日目 

2,19 camp1

タイトルはサンスポ写真班(キャンプフォト)やら、メガスポやらうるぐすやらすぽるとなどメディアに対する嘆きです。(これを書いたのは20日の昼頃。すると、20日の練習試合の写真は上がるわ、ZEROで兄弟アベックの映像出るわ、すぽるとで藤井特集されるわで、わたくし、大フィーバー(笑))



野本、美技を反省 守備位置を変えて楽~に処理
野本
「あの時は左対左で森野さんにとっては逆風。だから定位置に守っていたんですが、もうちょっと前だったかもしれません。
あの時は風を考えて定位置より前にいました。いいスタートが切れたと思います。
最初はプロの打球がすごく伸びるんで戸惑ったけど、だいぶ慣れてきました。
差し込まれていました。ダメです。」

苫篠外野守備走塁コーチ
「あれはいいスタートだったね。位置取りもよかったしね。野本は(外野手として)ちょっとずつ進歩しているよ。」

--------------------

なにもスライディングキャッチだけがファインプレーではありません。
打者の打球傾向、風、投球コース、調子…いろいろなものを予測して、定位置でアウトを獲るのもれっきとしたファインプレーです。小坂や仁志がそういった良い例ですね。



朝倉、シュート依存脱却 完全復活へ試行錯誤
朝倉
「ゴロで打ち取るのが多かったのは、自分の持ち味を出せたと思います。
シュートは投げてないです。
スライダーでカウントを取れるようになれば、自分のピッチングが楽になると思うんです。これまではシュートを多く投げてきたけど、ここぞのときのシュートにしたいので。
(バッテリーを組む)捕手と相談して決めます。」

---------------

シート打撃に主力級が次々と登板。
一昨年、ブレイクした年の朝倉は被本塁打が規定投球回達成者中最少(171.2回、9被弾)で奪った併殺打の数がリーグトップでした。
さて、この日の朝倉。
打者10人に対し、2安打1四球無失点と打たせて取る普段通りのピッチングは出来たようですが、シュートをあえて封印。スライダー中心の配球でピッチングしました。




ドラ吉見WBC先発に入れる!?
吉見
「なんとなくしっくりこなかった。たまたまいいところに行った感じ。悪くはないが、もうひとつ投げなくちゃいけない。
疲れは言い訳にしてはいけない。そういう中でもしっかりとできる限りのことをしていかないといけない。」

森コーチ
「シーズンに入って同じようなピッチングをされたら困るやつもいたけど、吉見はまずまず。ずっと順調にきている。
オレの中には軸として考えているのが2人いる。」

和田
「低めにコントロールのいい球が来ていた。」

G樽見スコアラー
「吉見はWBCの先発に入れるよ。」

-----------------

吉見んは、3イニング、打者10人に対しわずか1安打。この日登板した投手の中で唯一の無四球で、和田さんや李炳圭といったところからも三振を奪いました。

内容は良く、森コーチも評価し、巨人スコアラーが皮肉じみた褒め言葉を送る中、本人は「たまたまいいところに行った感じ」と、納得していない様子。

実質2年目のジンクスにあたる今季、去年の成績に満足せず、ローテの一角としての自覚があることはいいことです。そして、モリシゲの言う「軸となる2人」というのは一体…?



チェン、チェンジアップを改良…中日
チェン
「ツーシームの握りや5本指をかけたり、いろいろやっています。
きょうは直球で勝負しなかったので…。チェンジアップはこれからも使っていきたい」

G樽見スコアラー
「直球だけでも打てないのに、あの球を投げられると困る。打者はみんなタイミングが合っていない」

----------------

今季、内海に次ぐセ・リーグNo.2左腕スターターになるチェンに対して、早くも巨人スコアラーが警戒(お世辞(?))してくれました。
回転数のいいストレートと抜いたチェンジアップを投げ分けることが出来れば、杉内に次ぐ球界No.2左腕スターターなれますね。いや、なりますね。今年のチェンは球界No.2左腕スターターに、なりますね。


落合監督、荒木にスロー指令 初の屋外打撃も
荒木
「怖くないということはないし(フリー打撃の内容も)全然だめだった。
(24日からの)次のクールになりますね。
室内で(打撃)投手のボールを打つことになりました。
焦らずやります。」

落合監督
「怖がっているうちは打つな。」

--------------------

順調に進んでいた調整も、振り出しに戻った感じ?
そういえばスイッチ転向は完全にお流れになりましたね。安心、安心。

[ 2009/02/19 22:00 ] 09' 春キャンプ | TB(0) | CM(0)

vs.LG キャンプ16日目  

2,18 camp1

■北谷
LG
200 110 000 4
100 020 30x 6
中日

投手 長峰-山内-岩田-赤坂-佐藤亮-金剛
本塁打 藤井

藤井、左で一発 黒バット躍動2安打3打点!
韓国LGと練習試合 竜沖縄キャンプ
藤井
「初球ですし、内角を意識して待っていました。左打席のホームランは久しぶりですね。
0・5インチ(約1・3センチ)変えたら短すぎると思って、0・25インチにしているんです。重さは900グラムとか910グラムくらい。ほんの少しの違いですが、振り抜きやすいんです。
1年目だったら、今よりバットが外から回っていたので、バットが折れていたと思うんです。上達したと思います。
運が悪かったですけど、この運はシーズンに取っておけばいいんですよ。
今年は本当に何とかしたいんです。」
「(ポジションは)じゃんけんで負けたのだから、仕方ない。何とも思っていません。
一打席一打席、内容がよかったので、納得している。
ベンチからは、あの場面は盗塁のサインが出ていたのだから、あの打撃でよかったんだと言われた。
(スイッチ挑戦は)レギュラーをとるため、ですかね。
もうそろそろ戻そうかなと思っていた。前にもやっていたので戻すだけ。左で打つことで、見えてくるものがある。」

石嶺打撃コーチ
「左打席もよくなっている。打ち込み量も増やしているし、練習していますからね。」


------------------

この日から始まった対外試合で、2番左翼でスタメン、フル出場した藤井が4打数2安打、1HR3打点の大活躍。
右打席と左打席で違うバットを使うこだわりが好結果を生んでいるのでしょう。黒藤井と白藤井、2つの藤井は今季は見られそうです。




長峰2ランなんの立ち直った 佐藤亮2イニング1安打無失点
長峰
「簡単にいきすぎました。もっと考えて慎重に投げないといけなかった…
2、3回は持ち味を出せたと思います。」

佐藤亮太
「ゴロを打たせて結果を出すことを目指していたので良かったです。
去年はコースとか、低めとかを意識しすぎていた。今年は、打たせてアウトにできればいい、と考えるようになりました。」

------------

今年の開幕投手は長峰。
プレイボールからいきなりヒット-HR-ヒットで2点を失いますが、その後は打者9人をパーフェクト。
3イニングを投げ、被安打3失点2、無四球2奪三振の内容でした。

7回から登板した佐藤亮太。
2イニングを投げ、被安打1無失点、無四球1奪三振の好投。

この2人が、去年のチェンと吉見んのようになってくれれば、来年の長峰・亮太枠は○○と●●、その次の年の○○と●●枠は…という風にキャンプで出世・2人の系譜が続いていけばいいですねぇ…


他に登板した投手は、
山内 4回 1イニング 被安打1失点1 与四球2奪三振1
岩田 5回 1イニング 被安打1失点1 与四球0奪三振1
赤坂 6回 1イニング 被安打0失点0 与四球0奪三振1 勝ち投手
金剛 9回 1イニング 被安打1失点0 与四球0奪三振1 セーブ投手

[ 2009/02/18 22:00 ] 09' 春キャンプ | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。