スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オープン戦中止 

3月15日(火)のオープン戦は中止

3/15~3/21 西武ドーム開催オープン戦中止のお知らせ


ドラゴンズの唯一の(唯二?)関東でのオープン戦が中止となりました。



正直、この情報を知った時は頭が真っ白になりました。

ただ単にドラゴンズの試合が観れるだけでなく、この2球場はブルペンがグランド内にあり、
あきふみさんをはじめ、すーさん、ネルソン、岩瀬など好きな選手を間近で観れるという夢のような空間です。


オープン戦の日程が発表されたのは12月の半ば。
予備校のロビーに貼ってあった「センター試験まであと○ヶ月と○日」のカレンダーの○ヶ月の部分が撤収されようとしてる頃でした。
今年はもう失敗できないという不安と焦りがピークに達している頃でした。

そんな頃に発表されたオープン戦の日程、しかもそこには神宮と西武ドームの試合があるではありませんか!

『3月15、16日を心のそこから楽しめるように、今頑張る』

受験の動機付けとしてはおかしいことはわかっているのですが、このことがひとつの支えになっていたことは間違いないです。


受験が終わって、無事に合格してから、
今日一日のやることリストが、バイクを洗う、や、itunesを整理する、くらいの細かい事柄で暮らし繋いできた自分にとって、
この2試合は本当に大きな大きなイベントでした。



だから、とてもショックです。




でも、
今は心に言い聞かせようと思います。


本当にショックを受けたのは被災された方であるということを。



高速道路が真っ二つになってバスが落ちそうになってるセンセーショナルな映像。
父があの高速道路を通って通勤していました。
地震が起きた時間が明け方だったので、おいおい危なかったな、で済みましたが…。


漁船が道に横たわっている映像。これもセンセーショナルな映像でした。
仕事でつかう、いわば相棒のような存在だった漁船があんなことに。
目の当たりにした方のことを考えると言葉が出てきません。





被災された方を含めて、またみんなで野球を楽しめる日がくることを願って。

今の自分にできることは、節電と寄付。

西武ドームのフィールドビューシートの払い戻しの3000円、そのまま募金箱に入れてきます。


スポンサーサイト
[ 2011/03/14 23:00 ] 11' シーズンオフ | TB(0) | CM(0)

日程について 

オープン戦が本格的に始まりましたね。

『11' オープン戦』のカテゴリ追加したは良いけど、
キャンプの情報があまりにも無さ過ぎてオープン戦をどう見れば良いのかが掴めてないので、
なかなか書こうとまではいきません。

簡単に言えば、グスマンとカラスコはようやくどっちがどっちの区別がついたくらい^^;


-----------------------

名鑑をおととい買ってきて、選手のプロフィールなり、日程なりを熟読しましたが、

今年の日程でなんとビックリすることを発見しました。

これだけでシーズンが終わってしまうかもしれないビッグニュースです。




あ、そういえば今年は交流戦の富山金沢地方巡業ないんですね。
西武戦かオリ戦なら、あわよくば行こうと計画してただけにちょっと残念。

だけど、富山金(ry自体がなくなったわけではなく、5月10日と11日ありますね。
だがしかしヤクルト戦。
去年は雨で中止だったし、やっと観れると待ち望んだ今年は負け試合ですか…。
富山金沢近辺のドラゴンズファンは可哀想ですね…。

「中日の勝ち試合観てえんだったらさっさとナゴド来いや( ゚д゚)ゴラァ!!」
っていう球団側からの意思表示なのかな…。


話の脱線おしまい。



日程のビッグニュースの話題に戻りましょう。

(関東)ドラゴンズファンとして、日程を目の前にしてまず確認するのは神宮のヤクルト戦。

去年はあった『ヤクルト主催の地方ゲーム』が、今年はないので4カード全て神宮という遊びのない構成。
4月下旬、5月上旬、交流戦挟んで7月中旬、8月下旬とバランスよく散りばめられています。

が、


曜日をみるとすべて『火水木』ではありませんか!!!!!


ついでにナゴドでのヤクルト戦も統計をとってみると、
上記の地方ゲーム含めて4カード中3カードが『火水木』!!!
(しかも唯一の金土日のカードは9月23,24,25ですでに消化試合となってる可能性が高)


要するに、対ヤクルト24試合の内、21試合が『火水木』曜日に行われるわけです。
ということは、もし、ヤクルトの『火水木』のローテが館山-村中-石川とかだった場合、
彼らと何試合戦わなければならないのか…。

もちろん、開幕時のローテがそのままきっちりとシーズン最後まで周るはずは無いのですが、
交流戦明けや、オールスター明けなど、ローテの調整がなされるところで
中日にあわせて『火水木』に館山、村中、石川、由規ら中日が苦手としてる投手を持ってくるローテに組みなおすことができるのです。
(まぁヤクルトの投手ほとんど打てないんだけど^^;)



09年シーズン、横浜(対戦がほとんど金土日だった)相手に吉見-チェン-川井で勝ちまくったことは記憶に新しいですが、
今年はこのパターンで負けまくる可能性は十分に高いと思います。



[ 2011/02/28 15:00 ] 11' シーズンオフ | TB(0) | CM(0)

悪魔との契約 

あまりにもすることがない。

PSPを手放したのは痛かった。

はやく本格的にオープン戦はじまれーい( ゚д゚)




オープン戦といえば、ファンクラブに入れば無料で何試合も観れるチームがありますね。


そう、ヤクルトスワローズです。

つばくろう2


しかもここのファンクラブ(レギュラー会員)は年会費5000円で
・外野自由席5枚
・外野自由、内野指定500円引き
・入会記念品(応援傘とカバン)

とかなりのお得。破壊的にお得。

なのでほぼ毎年入会してます(というか関東ドラファンにとっては必須)

が、


いかんせん勝率が悪い。



「今日暇だなぁ…あ、ちょうど神宮で中日戦あるし、ファンクラブで無料だから行ってみるか」
なんていうお気楽なテンションで行こうものなら、

神宮地獄、パトリック地獄の絶好の餌食。


進まない走者、終わらない守り、鳴り響く…パトリックの…声。
春は花粉が飛びちり、梅雨の雨でも試合は行われ、秋風が身にこたえる。

なんの収穫も得ることなく、岐路に着く。
なにが悲しくてこんな低いテンションでこの満員電車(外苑前~渋谷)に乗らなければいけないのか…

これぞ”悪魔との契約”なんですが、これだけお得だとどうしてもポチッと申し込みをしてしまう。

はい、今年も。というか今日。
ポチッとやってしまいました…。


5試合のうち、1試合だけでも勝ちたいなんて贅沢言いません。
1試合に4点以上は取りたいとかそんな贅沢なことも言いません。
だから、せめて、1試合に2度はチャンスを作らせてください。お願いします。

[ 2011/02/23 16:00 ] 11' シーズンオフ | TB(0) | CM(0)

表彰選手発表! 

2010年度 表彰選手 投票結果(最優秀選手)

セントラル・リーグ
1位 2位 3位 点数
131 75 16  896 和田一浩
66 82 24  600 浅尾拓也
22 29 73  270 マートン
18 20 31  181 前田健太
06 15 22  97 ラミレス
05 11 30  88 森野将彦
04 05 13  48 岩瀬仁紀
03 07 09  45 チェン
00 04 07  19 青木宣親
00 02 00  06 阿部慎之助
00 00 04  04 高橋聡文
00 00 01  01 吉見一起
00 00 01  01 久保康友
00 00 01  01 城島健司
00 00 01  01 ブラゼル
00 00 01  01 久保裕也
00 05 21  36 (白票)

順当に和田さんが選ばれましたオメデトウ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!

そしてそして、あきふみさんにも3位票ではあるものの、4票も入ってランキングに載りましたワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!!!



パ・リーグ
1位 2位 3位 点数
76 62 19  585 和田毅
59 54 23  480 杉内俊哉
44 25 36  331 西岡剛
14 20 37  167 多村仁志
04 09 19  66 ダルビッシュ有
06 08 11  65 金子千尋
03 11 11  59 ファルケンボーグ
05 07 11  57 攝津正
03 02 03  24 小久保裕紀
01 03 09  23 川崎宗則
00 06 03  21 馬原孝浩
01 00 06  11 T-岡田
01 00 01  06 成瀬善久
00 01 02  05 本多雄一
00 01 02  05 中島裕之
00 01 00  03 稲葉篤紀
00 00 02  02 片岡易之
00 00 02  02 岩隈久志
00 00 01  01 小谷野栄一
00 07 19  40 (白票)


パ・リーグは和田。パ・リーグも和田。
昨日の記事で最後の方にちょろっと西岡以外で獲りそうな選手の名前だけ書いて保険かけてたんですが、
その保険も外れました(笑)

ソフトバンクからだと和田だけはないと思ってたんですけどね…
記者「優勝したSBにMVPぽい選手いないなぁ…タイトル獲ったし和田でいいか。」みたいな感じの見事な消去法選出でした。
和田"で"いいか、の"で"っていう言葉が出てくるのがポイント。

近年屈指の熾烈な選考が予想されただけに、かなり残念な結果となりました。




2010年度 表彰選手 投票結果(ベストナイン)

続いてベストナイン。

昨日の記事より、梵と坂本が逆なだけであとは順番も含めてパーフェクト予想(書いた選手限定)。

阿部148票、城島83票と意外と差が付いたのにはびっくりしました。
森野はなんだかんだで大きく差をつけて受賞。優勝補正。



パ・リーグも6人が初選出というフレッシュな顔ぶれ。
福浦は初だったんですね。意外です。
小谷野も初だったんですね。意外です。


井端、栗原、東出、松中、田上、北川に入れた大馬鹿者は来年から投票権剥奪すべき。
なぜ素直に平野や田中浩康やブラゼルや多村ら嶋や福浦に投票できないのか。

不本意な成績なのに投票されるのは選手からしても腹が立つと思う。
一年間必死に活躍した選手に敬意を表せないなんて人間としておかしい。

不本意な成績の選手を晒してなにが楽しいのか。
これがプロ野球にずっとへばり付いてる記者のすることか。

無記名投票だからこういう"お遊び投票"が起こってしまう。
いち早くこの方式はやめるべき。



2010年度 表彰選手 投票結果(最優秀新人)

意外といえばこっちのほうが意外。
大島に1票も入ってません(T▽T)
存在を忘れられてるのか…?投票用紙が真っ白で選手名だけを書く形式なら十分に有り得る…

彗星のごとくあらわれ、流れ星のように去っていった荻野は10票とまり。
中継ぎで10勝を挙げた榊原が受賞しました。

[ 2010/11/18 18:00 ] 11' シーズンオフ | TB(0) | CM(0)

セ・リーグ表彰選手(ベストナイン)予想 

■■セ・リーグベストナイン予想■■

投手 
★前田健太

捕手 
■阿部慎之助 
■城島健司


一塁
★ブラゼル

二塁 
■平野恵一
 ・田中浩康

三塁
■森野将彦
■小笠原道大
 ・新井貴浩

遊撃
■鳥谷敬
 ・梵英心
 ・坂本勇人

外野
■和田一浩
■マートン
■青木宣親
 ■ラミレス
 ・廣瀬純
 ・内川聖一

(一段落ちてるのはレースに遅れていることを示します。■と・の区別も同様。)

野手はどのポジションも熾烈!!

特に外野が激しいです。
MVPの和田さん、200本安打・最多安打のマートン、200本安打・首位打者の青木、HR打点の二冠のラミレスの誰かが落選するわけですからね。

まぁ実をいうとタイトル確定して無いのは和田さんだけで、投票する記者団に『MVP和田でベストナインを他の3人にすれば綺麗におさまるね♪』みたいな風潮が漂ってる感じもしますが…


三塁手はどうでしょう?
数字と数字のにらめっこなら新井も含めた三つ巴になりそうですが、内容を考えると森野と小笠原よりは落ちると思います。

森野と小笠原の争い。ん~ど~でしょうね~
打率なら森野、HR打点なら小笠原。出塁率、長打率、得点圏打率はほぼ互角と言っていいでしょう。
両選手とも、失策数を含め(笑)ハイレベルな成績を残しているのでとても注目です。


捕手もこれまた熾烈な争いです。
さすがに捕手部門を数字と数字(打席成績の数字)のにらめっこで決めるアホ記者はいないと信じますが、それでも難しい。

-----------------

数字とにらめっこコーナー (打率、HR打点、出塁率、長打率、得点圏打率の順)
森野_ .327 22 84 .399 .537 .324 失策19
小笠原 .308 34 90 .394 .559 .324 失策17

阿部 .281 44 92 .368 .608 .250 阻止率.371 捕逸7
城島 .303 28 91 .352 .507 .313 阻止率.349 捕逸4

------------------




パ・リーグは……時間がないので今年は省略の方向で(笑)でへへ。

個人的には西岡を推します。
たとえロッテがCSで敗れてたとしても。

多村、ファルケンボーグ、馬原。何が起こってもいいように、一応名前だけは残しておきます。


[ 2010/11/17 21:00 ] 11' シーズンオフ | TB(0) | CM(0)

セ・リーグ表彰選手(MVP・新人王)予想 

どうもお久しぶりでござます(=゚ω゚)ノ


いきなりですが、
今週の木曜日はプロ野球コンベンション。

その場で最優秀選手(MVP)、最優秀新人、ベストナインが発表されます。

ちなみに、ドラフトも木曜日、ゴールデングラブ発表も木曜日、コンベンションも木曜日。
NPBのこの木曜優遇はなに?


■■セ・リーグMVP予想■■

最有力
■和田一浩
144試合 .339(505-171) 37HR/93打点 出塁率.437/長打率.624/得点圏打率.270 
     得点94 三振77 四球92 死球0 犠打0 犠飛5

10.31 #5


怪我に苦しみながらも全144試合+PO11試合に出場し、いつも揺るがぬバッティングでチームを支え続けた和田さんのほかに誰がいようか。いや、誰もいまい。

これだけくさい文章を書いても何も恥ずかしくないくらい、和田さんは本当に頼りになりました。

チーム全体が貧打に陥った中でそのバッティングに何度助けられたことか。
足を痛めながらもチームのためにプレーする姿に何度胸を打たれたことか。


「やれることだけを全力でやる」
和田さんがインタビューを受けるたびに仰っているこの言葉は、野球だけなく全てのスポーツに当てはまる真理だと思います。
人生にもこの真理が当てはまるといっても過言ではないでしょう。

和田さん無くして優勝なし。和田さん無くしてドラゴンズの攻撃なし。


細かい成績に触れますと、
三振の少なさと、四球の多さが際立っています。
三振数を掘り下げると、20HR以上打ったバッターの中だと森野と並んで2番目に少ない数字。最少だった城島(58三振)は異常な早打ちタイプなので実質1番少ないといってもいいかもしれません。
これは打撃能力の高さ(ミート能力の高さ)の裏づけ。
低めのワンバンしそうなボールを拾い上げるように打ったのに、打球は左中間のフェンスダイレクト。これはもはや和田さんの代名詞となりました。

158三振のブランコ、153三振のブラゼルのように『一発はあるが粗も多いから打ち取りやすい』とは口が裂けても言えず、
『一発もあるし三振も少ない』対戦相手からすると最もいやなバッターであることは間違いないでしょう。

続いて四球数。
後ろを打つバッターが格段に劣る6番バッター、あるいは打ち取りやすいブランコだったことを、
差し引いても92四球は立派な数字。
2位の小笠原の73個、3位の田中浩康の67個を大きく引き離しています。


ボール球は振らない=出来ないことはしない
ストライクだけを振る=出来ることをきっちりとやる

常々インタビューで仰ってることがはっきりと、あらわれています。






次点
■浅尾拓也
72試合 防御率1.68 80.1回 12勝3敗 47H/59HP 1S
   奪三振75 与四球10 与死球1 被安打60 被本塁打4

#41 asao

今年のドラゴンズ投手陣を支えたのは誰が何と言おうと浅尾しかいません。
ドラゴンズ史上で記憶に残る大活躍。プロ野球史上でも記録にも残る大活躍でした。


ピンチでマウンドに上がり、颯爽と打ち取って歓喜の拍手とともにベンチへ引き上げる姿を何度見たことか。

アウトローにズバッと決まるストレート。
そこから同じような速度で落ちるフォークボール。
ほとんどこの2球でどんなバッターも手玉に取りました。

成績を打ち込んでて始めて気付いたのですが、とにかく与四球の少なさが異常!
針の穴を通すようなコントロールを持っているわけではありませんが、
調子が悪くても、ピンチになっても、ストライクを取れるようになったのが大きいです。

去年の活躍をもってしても、あえてフォーム改造に取り組んだ成果がはっきりと出ました。
オープン戦の頃の投げるたびに打たれてた姿が懐かしいというかなんというか…
『シーズンに間に合わなくてもいいからきっちりとフォームを作ってほしい。
急場凌ぎの突貫工事フォームで開幕1軍にいるならバッサリと2軍スタートでもいい。』なんて思ってたのは今では笑い話になります^^;


ただ、いろんな意味でチームの顔である浅尾が4イニングも投げたのに勝てませんでした。
浅尾に責任を押し付けてるという意味ではなく、
なぜ浅尾が4イングも投げる羽目になったのか、
なぜ浅尾のところ代打が出せなかったのか、
この2つの意味を、源さんやすーさんや、もちろんあきふみさんも、しっかりと受け止めて欲しいです。



ちなみに、ツイッターでゆるりとアンケートとったところ、
浅尾:11票、和田さん:9票という結果でした。



■■セ・リーグ新人王予想■■

当確
■長野久義
128試合 .288 19本52打点

ながの

よかったね。おめでとう。



だけで終わらすのもアレだし、せっかく”更新するテンション”があるのにこのまま終わるのはもったいないので、仕方なく書くとすると(笑)

おそらく、プロ野球界でトップクラスのアンチの数を誇る選手だけど、
個人的には、言うほど嫌いではないです。

だって外部からの雑音やら、プレッシャーやらそれはそれは異常なものがあっただろうに、
(ライバルが怪我とスランプで勝手に落ちていったものの)巨人のぶ厚い外野手層の中でレギュラーとって
(苦しんだ時期はあったものの)ほぼ期待通りの活躍で新人王を獲ってしまうんですから。



■大島洋平
104試合 .257(314-81) 0HR/17打点 出塁率.323/長打率.315/得点圏打率.260
    得点35 三振52 四球29 死球2 犠打27 犠飛2 盗塁8

ooshima doara

オープン戦から高い野球センスを魅せ、日本シリーズで優秀選手賞を獲得するなど、
ドラゴンズファンの新人王といえば大島で満場一致ですが、
オープン戦の成績は反映されないうえ、新人王などの投票は日本シリーズ前にすでにおわってます(泣)

[ 2010/11/15 21:00 ] 11' シーズンオフ | TB(0) | CM(0)

骨と骨のぶつかり合い 

111007 ナゴヤ
中日 7-8 ロッテ





骨と骨のぶつかり合い。
野球の神髄まで潜り込んだ大熱戦を、ロッテが制し史上最大の下剋上達成。


井口のヒットを忘れない、今江のヒットを忘れない、
内のスライダーを忘れない、伊藤のストレートを忘れない。

大島のタイムリーを忘れない、井端のヒットを忘れない、
森野の力走を忘れない、和田さんの3塁打を忘れない。

ネルソンの好投を忘れない、あきふみさんの好投も忘れない。
アサタクの64球も絶対に忘れない。

どのプレーもどのヒットも、どの投球も心の中に染み付いてもう消えることは無い。
何度も声を上げ、何度も胸を打たれた2010日本シリーズ。

野球って、スバラシイ。楽しい。面白い。
改めて感じた。ありがとうロッテ、ありがとうドラゴンズ!!

[ 2010/11/07 23:00 ] 10' CS、日本シリーズ | TB(0) | CM(0)

延長15回引き分け 

101106 ナゴヤ
中日 2-2 ロッテ
中)チェン-浅尾-H高橋-H河原-H岩瀬-Hネルソン-久本
ロ)成瀬-内-H伊藤-H薮田-古谷-H小野-小林宏


11回オモテ。
バント小フライを冷静にワンバウンドで処理してゲッツーに仕留めるあきふみさんに唸った。

13~14回オモテ。
プレッシャーで押しつぶされてもおかしくない場面で平然と6凡で抑えるネルソンに胸を打たれた。

そして、15回オモテ。
西岡を三振に打ち取ったときの久本祐ちゃんのガッツポーズに感動した。
ベンチ前で直倫とグラブでタッチする久本祐ちゃんを見て、泣いた。


やっぱりこのチームは、ピッチャーが支えてる。
あと18イニングの0を積み重ねた終えたとき、ドラゴンズは日本一の称号を手にすることとなる。

[ 2010/11/06 23:00 ] 10' CS、日本シリーズ | TB(0) | CM(2)

野球時間で過ごす平日が終わる 

101104 千葉
ロッテ 10-4 中日
ロ)○ペン-古谷-薮田-吉見-小林宏
中)●中田-清水昭信-久本

nothing.jpg



まさかこの期に及んでこの画像を使うとはね…

1シーズンに1回しか使わないって決めてたのに…グスン

けど、シーズンで使うときは「なんだおまえらあ!どうしようもねぇな('A`)」ってあきれ返った時に使うのに対し、
今回のは「まぁ仕方ないんじゃないの」って感じ。


試合は途中から『明日から本気出します』モード。

野本も酷かったよなぁ…
直倫ってこんなんだったけか?
ブランコにはツーベースとHRが出たけど、やっぱり上の4人で点取らないとね。
ものすごいこじ付けだけど(笑)、荒木が最初の打席凡退した試合は負けてる。



負け試合恒例(?)小ネタ集

・ロッテの内野手の背番号が、#6井口・#7西岡・#8今江。
 →#9福浦が一塁に入れば完成!(何が
  ちなみに、#5は堀(戦力外)。#4は荻野、#3はサブロー、#2は今岡、#10が大松。
  来年里崎が5番付ければスタメンの背番号2~10あるで!!


・日本シリーズでネックウォーマーしながらプレーするのってどうよ?
 →メジャーではもう恒例になってるけど、あっちはPOの試合数が多いからであって、
  最大16試合の日本のPOが、最大19試合行うメジャーのPOより遅いってのがよく分からない。
  日程を練り直して欲しい。選手のためにも。

・昨日のあきふみさん、首のチタンネックレスみたいなやつしてない
 →なんで? (知らんがーな

[ 2010/11/04 23:00 ] 10' CS、日本シリーズ | TB(0) | CM(0)

あきふみさん備忘録 


高橋の1球がなければ・・・(記事前文)(大本営)

11・3



清田に負けん!中日・大島、延長十一回V打(サンスポさん)

11・3 (4)

11・3 (3)


高橋 ピンチ救った!6投手無失点リレー (スポニチ)


「いつも浅尾に助けられてるので、きょうは僕が抑えてやろうと思った。次のピッチャーに0点でつなごうという気持ちでブルペンで準備していた。
自分の勝利よりチームが勝ったことがうれしい。あしたも勝って、ナゴヤドームで日本一になりたい。」


11・3 (2)

最後に朝日新聞の写真
コレは美しい(゚∀゚) 鳥肌たった。



今日も好リリーフ期待してますっ!!
[ 2010/11/04 17:00 ] 10' CS、日本シリーズ | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。